IT/Web/マーケティング用語辞典
1,000語収録(DIGITOR辞書)

更新:2020年3月23日

へっだー

ヘッダー / header

一般的にデータや文書の先頭に付け加えられた情報のことを指します。

英字

POINTヘッダー / headerとは

ヘッダーとは、一般的にデータや文書の先頭に付け加えられた情報のことを指します。WordやExcelでは、文書の上部のテキストなどを表示する領域のことです。Webページでは、通常の本文のコンテンツより上にある領域のことで、サイトのロゴや画像、タイトルなどが表示される傾向が多いです。また、Twitterのプロフィール画面の背景画像のことを「ヘッダー画像」と言います。

Webサイトにおける「ヘッダー」

主にWebページの上部スペースのことで、どのページにも共通して表示される部分のことです。
一般的に運営者のロゴや名称、目次となるコンテンツメニュー(※グローバルメニュー)が置かれることが多い傾向にあります。HTMLでは、タグが用いられます。

ヘッダーの主な目的は、Webページに統一感を持たせ、デザイン性を高めることです。また、ヘッダーにはアイキャッチ効果があり、企業のロゴを用いることでブランディングにも役立てることができます。

※グローバルメニュー(別名:グローバルナビゲーション)
→一般的にWebサイトの主要コンテンツをまとめた「リンク」や「メニュー」のこと。

Wordにおける「ヘッダー」

一般的に文書の上の余白部分をヘッダー領域とい言います。
このヘッダー領域に設定した文字や画像は、どのページにも表示されます。

Wordにおけるヘッダーには主に2つの目的があります。
①文書のタイトルやロゴを設定して統一感を持たせる
②ページ番号を指定して読みやすい文書にする

Wordにおけるヘッダーの設定方法を紹介します。
①ページの上の余白部分をダブルクリック(複数のWebページで構成されているサイトの場合、ダブルクリックする領域は、何ページ目でも問題ない。)
②ヘッダー領域が表示されている際は、リボンに「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブが表示されます。ヘッダーに関する様々な操作をここからおこなうことができます。

Excelにおける「ヘッダー」

Excelにおける「フッター」は、表や文書の上部分のことですが、作成したシートには表示されません。ページレイアウト表示にすることで、Wordと同じように余白部分を表示して、ヘッダー領域を編集することができます。ページ番号の設定は、「ページレイアウト」タブの「ページ設定」をクリック、「ヘッダー/フッター」からおこなうことができます。

「ヘッダー / header」を調べた人はこの用語も調べています

ヘッダー / headerの使用例

「このサイトのヘッダーは見やすい」

「見やすいレイアウトにするためにヘッダーを入れよう」

「ヘッダーには日付を記入してください」

「このページのヘッダー画像はいいね」

ヘッダー / headerに関係した気になる話題

ヘッダーの対になる言葉「フッター」とは

フッターとは、Webサイトや文書などの下部分に上表を表示する領域で、補助的な情報や定型的な情報を表示するために利用される傾向にあります。また、見やすいレイアウトにするための手法としてもよく用いられます。

WordやExcelでは、主に文書の下部にテキストや画像などを表示させる領域のことを指します。Webページでは、ページの下部に運営者のロゴや情報、別のページへのリンク、著作権表示などを表示させる領域のことを指し、footerタグで表記されます。


ヘッダー / headerに関連する記事

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minweb辞書のIT用語をお届けします