閉じる

Wordで目次を挿入する方法

Wordで文書を作成した際に目次が必要になることもありますよね。Wordでは簡単に目次を作成できる機能があるので、今回は、その使い方を詳しく解説します。

カテゴリ: Word

Wordを使ってレポートや資料を作成する際に、作成しておくと良いのが目次。
目次があれば、どのような構成になっているのか、目当ての情報はどこにあるのかなどがひと目で分かるため、分かりやすいレポートや資料を作りたい時には欠かせません。

特に、ページ数が多いレポートや資料の場合は、目次がないと全体の構成が把握しにくいため、目次はなくてはならないものとなっている場合が多いです。

ただ、「Wordで目次ってどうやって作成するの?」「いちいち見出しを入力しなくちゃいけないの?」と感じている方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回はWordで目次を作成する方法を解説します。

Wordで目次を挿入する方法は2つ

Wordでレポートや資料を作成した際に、目次を挿入する方法には次の2つがあります。

1つ目が自動で作成する方法です。

本文の各見出し(段落の内容を簡単にまとめたもの)にアウトラインレベルというものを設定した後に目次を挿入すると、そのアウトラインレベルに基づいて目次が作られます。
この方法では、ほぼワンクリックで目次が作成できるので、ほとんど手間がかかりません。

2つめが手動で作成する方法です。

目次のテンプレートを挿入して、自分で目次の見出しやページ番号を変更します。
目次の見出しと本文の見出しの内容を少し変えたいという時には便利な方法です。

どちらの方法でも目次を作成することはできますが、一般的には自動作成で挿入するのが推奨されています。

Wordで作成した文書に自動で目次を入れる方法

「いちいち編集するのが面倒」「パパッと目次を作りたい」という場合は、自動で目次を入れる方法がおすすめです。

自動で目次を挿入する手順は次のようになっています。
1:見出し部分のアウトラインレベルを設定する
2:目次を挿入する

以下ではそれぞれ詳しく解説します。

①見出し部分のアウトラインレベルを設定する

アウトラインレベルとは、Wordにある段落書式の1つです。
各文章が本文なのか見出しなのかを表すためのものとなっています。
アウトラインレベルには、「本文」の他に「レベル1~レベル9」まであり、かなり細かくレベルの設定ができるようになっています。

このアウトラインレベルを設定する方法にはいくつか種類があります。

実際に以下の文章を使って見出しにレベルを設定してみましょう。
以下の文章では■が大きい見出し(大見出し)で、□が大見出しの子階層である小見出しとなっています。

各見出しのスタイルを変更する

アウトラインレベルを設定する方法の1つ目が見出しのスタイルを変更する方法です。

Wordには「スタイル」というものがあり、文章を作成した際に見出しと本文の見た目を明確に分けることができるようになっていますが、この時見た目だけでなくアウトラインレベルも変更できるようになっています。

スタイルを変更するには「ホーム」タブのスタイルウィンドウをクリックして設定します。

スタイルウインドウをクリックすると、以下のようなウィンドウが表示されます。

スタイルウインドウでは、入力した文章に見出しをつけることができるほか、引用した部分を明確にしたり参照元を明らかにしたりすることが可能です。

見出しを設定したい場合は、見出しを設定したい部分を範囲選択して「見出し1」あるいは「見出し2」をクリックします。
この時、大見出しが見出し1・小見出しが見出し2というように、数値が小さい方がより大きな階層となります。

見出しにスタイルを設定すると以下のようになります。

この時、各段落の左側に「・」が付いているかと思います。
これがアウトラインレベルです。
「見出し1」を設定した場合はアウトラインレベル1、「見出し2」を設定した場合はアウトラインレベル2がその見出しに設定されます。

アウトラインレベルのみを設定する

2つ目の方法がアウトラインレベルのみを設定する方法です。
スタイルから設定した時とは異なり、見出しの部分の見た目は変わりません。

アウトラインレベルのみを設定するには、見出しの部分を範囲選択して右クリックすると、メニューが表示されるので「段落」を選択。

ポップアップが表示されます。
アウトラインレベルが「本文」となっているので、レベルに変更します。
見出しと同様、アウトラインレベルも数値が小さい方がより大きな階層となります。
設定したら「OK」をクリック。

アウトラインレベルの設定は完了です。

②目次を挿入する

レポートや資料全体にアウトラインレベルを設定したら、目次を挿入します。
目次を挿入する際は、目次を入れたい分にカーソルを合わせておきましょう。

上部の「参照設定」→「目次」をクリックすると、目次が数種類表示されるので、文章の雰囲気や自身の好みに合うものを選んで、クリック。

このように目次が挿入されます。

Wordで作成した文書に手動で目次を入れる方法

手動で目次を入れたい場合は、目次を入れたい部分にカーソルを合わせて、上部の「参照設定」→「目次」をクリック。

スクロールすると、「手動作成の目次」というものが表示されるので、好きな目次をクリック。

すると以下のように目次が作成されます。
この場合、手動での作成となるので見出しは自分で作成する必要があります。
見出しを編集する際は、目次内の各見出しをクリックして本文中の見出しを入れて、ページ数を変更しましょう。

目次内の見出しを増やしたい場合は増やしたい見出しを範囲選択&コピー。

下部に貼り付けます。

目次内の不要な見出し削除したい場合は、減らしたい見出しを範囲選択して削除します。

目次を更新する/削除する

自動で目次を作成した際、目次に反映される項目は見出しに応じて自動で作成されますが、目次を作成した後に見出しを変更したり、本文を追加したりした場合は最新の見出しになるよう変更をかける必要があります。
見出しを最新の状態にするには、「目次の更新」をクリック。

ページ番号だけを更新するか、目次全体を更新するかのポップアップが表示されます。
「目次を全て更新する」を選択して「OK」をクリックしましょう。

また、一度作成した目次は後から削除することも可能です。
目次を消したい場合は、「参照設定」→「目次」をクリック。
「目次の削除」をクリックすると、目次を削除できます。

目次のフォント・色・インデント等を変更する

作成した目次はフォント・色・インデント等を変更して、より見やすく分かりやすくすることも可能です。
まず、フォントや色、大きさを変えたい場合は、ホームタブの上部から変更します。

ここでは、フォントや色、文字の大きさだけでなく、太字にする、アンダーラインを引く、斜体にする、背景色をつけるといったことが可能です。

また、その隣の部分では目次を番号付きの箇条書きリストのようにしたり、左端にレベルごとのマークをつけたりすることができます。

また、一部の目次ではアウトラインレベルが低くなるにつれ、インデントが下がっていますが、インデントの調整をすることも可能です。

他にも行間を調整することも可能です。

まとめ

Wordでは目次を手動で入れる方法と自動で入れる方法がありますが、基本的には自動で入れる方法がおすすめです。
自動で入れる方法は、本文の各見出しにアウトラインレベルを設定するだけで、挿入できるのでとてもお手軽です。

また、目次のフォントや色などは変更することができるので、カスタマイズすることも可能です。
ぜひ分かりやすい資料やレポートを作成する際は目次機能を活用して見てください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。