閉じる

Googleスプレッドシートで値を検索する方法|活用術も解説

Googleスプレッドシートはたくさんの用途で使用されています。今回はGoogleスプレッドシート活用に便利な値を検索する機能について解説します。

Googleスプレッドシートは表計算アプリとしてだけでなく、「勤怠管理」「顧客情報管理」などさまざまな場面で用いられています。
そんなGoogleスプレッドシートですが、状況によっては「この値を一目で確認できたら良いのに」と感じることはないでしょうか。

そこで、この記事ではそんな悩みを解決することのできるGoogleスプレッドシートの検索機能を解説します。

Googleスプレッドシートでエクセルのように検索を行うことはできる?

Googleスプレッドシートではエクセルのように検索を行うことが可能です。
セルの中にある数値や単語の検索を行うことができます。
検索内容に該当したセルは背景が着色され目立つようになります。

この検索機能を活用すれば、数万セルあるような膨大なデータの中でも目的のデータを簡単に探し当てることができるようになります。

Googleスプレッドシートで検索を行う方法

ここではGoogleスプレッドシートで検索を行う方法を2つ解説します。

検索ボックスを使う

検索ボックスを表示させると簡単に探している値の入力ができます。
WindowsOSでは「Ctrl+Fキー」、MacOSでは「Command+Fキー」で検索ボックスを表示させることができます。

QUERY関数を使う

QUERY関数を使うことでも値の検索を行うことができます。
QUERY関数は、
QUERY(データ, クエリ, [見出し])
で目的の値を検索し入力することができます。

「データ」では検索する範囲を指定し、「クエリ」に検索したい条件を入力します。
「[見出し]」では検索したセルの書き出す個数を指定します。

Googleスプレッドシートで便利に検索を行う方法

Googleスプレッドシートにはさまざまな便利な機能が搭載されています。
そこでここではそんな便利な機能を用いた検索方法を解説します。

置換機能も使う

置換機能を使うと置き換えたい対象の値を一気に別の値へ変換することができるようになります。

この機能を使うと誤って入力してしまったデータなど後で変更を行う必要の生じたデータを簡単に変えることができます。

Googleスプレッドシートで検索を行う際の注意点

Googleスプレッドシートでは目的の値を簡単に検索することができますが注意すべきことも存在します。
ここではそんなGoogleスプレッドシートで検索を行う上での注意点を2つ解説します。

半角・全角、ひらがなと漢字などの違いに気をつける

半角・全角やひらがなの違いによって目的のセルを検索できないこともあります。
正確に検索を行いたい場合は目的の値をコピペすると確実でしょう。

また、「検索と置換」モードを使うとより「大文字と小文字を区別する」など、より細かい検索もできるようになります。

意図せず編集してしまうことがある

意図せず、セルのデータを編集してしまうことがある点には注意しましょう。
特に、検索窓に入力していると思っていたつもりがセルに入力してしまうことがあります。

確実に確認してから入力を行うか、編集のやり直しを行うと良いでしょう。

Googleスプレッドシートの検索は知りたい情報を即時に把握できる

Googleスプレッドシートの検索は非常に簡単に目的の値を検索することができます。

また、値の置換や細かい検索も容易に行うことができるため、膨大なデータを扱う際でも簡単に扱うことができます。

ただし、意図せずセルの値を変更してしまわないように注意して使うようにしましょう。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。