閉じる

InDesignのテキストフレーム作成方法をマスターしよう!

InDesignでは、テキストは「テキストフレーム」というコンテナに配置されます。今回はInDesignのテキストフレームとは何かについて解説します。

カテゴリ: InDesign

本記事ではInDesignで文字を編集・入力・レイアウトする際に用いるテキストフレームの使い方について解説します。

テキストフレームとは

InDesignのテキストは、テキストフレームというコンテナに配置されます。Illustratorのようにアートボードを直接クリックしてテキストを入力することはできません。テキストを入力するには必ずフレームが必要です。

テキストフレームはわかりやすく説明すると、WordやPowerPoint、Googleドキュメントなどで用いられているテキストボックスに近いイメージです。InDesignのテキストフレームは、段と段を連携させることでテキスト編集が簡単で、ページ間もまたげる大きなテキストボックスなのです。

テキストフレームの種類

テキストフレームには、フレームグリッドとプレーンテキストフレームの2種類があります。また、長方形や楕円形といったオブジェクトを作成し、それらのシェイプをテキストフレームとして利用することも可能です。

フレームグリッドとプレーンテキストフレームについては、フレーム作成後でもフレームの種類を変更可能です。

画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニュー項目の中からプレーンテキストフレームに変更する場合は「テキストフレーム」を、フレームグリッドに変更する場合は「フレームグリッド」を選択します。

フレームグリッドとプレーンテキストフレームの違い

InDesignを使いこなしていく上でフレームグリッドとプレーンテキストフレームの違いを理解することは非常に重要です。主な相違点について以下に紹介します。

書式の設定の有無

フレームグリッドにはあらかじめ書式が設定されています。書式とは、フォントの種類、フォントサイズ、字間、行間といった設定です。

フレームグリッドを用いると、テキストに強制的にあらかじめ設定した書式が適用されます。テキスト編集の自由度は低いですが、簡単に冊子全体の書式を統一できて管理しやすいフレームグリッドは、文字がメインの書籍・雑誌などに向いています。

一方でプレーンテキストフレームには書式が設定されていません。そのため自由度の高いテキスト編集が可能です。ページごとにデザインやレイアウトを変えたり、さまざまなフォントや書式を用いるのに適しているプレーンテキストフレームはビジュアルがメインの書籍・雑誌などに向いています。

コピー&ペーストにおける書式の適用

テキストのコピー&ペーストをする場合、フレームグリッドとプレーンテキストフレームでは結果が異なります。プレーンテキストフレームは、基本的にコピーした元のフォントやサイズのままペーストされます(設定によって変更可能)。一方でフレームグリッドは、フレームグリッド設定の書式が強制的に適用されます。

上の画像のように、プレーンテキストフレームでは元のフォントやサイズのままペーストされていますが、フレームグリッドではフレームグリッド設定が適用されます。

フレームグリッドで元のフォントやサイズのままペーストしたい場合は、画面上部にあるメニューバーから編集をクリックし、表示されたメニュー項目の中から「グリッドフォーマットを適用せずにペースト」を選択してペーストします。

上の画像のように、フレームグリッドでも元のフォントやサイズのままペーストができました。

グリッド揃えの初期設定

フレームグリッドとプレーンテキストフレームではグリッド揃えの初期設定が異なります。

上の画像のように、フレームグリッドとプレーンテキストフレームではグリッド揃えが異なっています。

このグリッド揃えの初期設定は、段落パネルのオプションメニュー項目にあるグリッド揃えの項目で変更可能です。プレーンテキストフレーム初期設定は、グリッド揃えは「なし」にチェックが入っています。一方でフレームグリッドの初期設定は、「仮想ボティの中央」にチェックが入っています。

文字揃えの初期設定

フレームグリッドとプレーンテキストフレームでは文字揃えの初期設定も異なります。

文字揃えは文字パネルのオプションメニュー項目から確認できます。

プレーンテキストフレームは、「文字の比率を基準に行の高さを調整」と「グリッドの字間を基準に字送りを調整」にチェックは入っていません。一方でフレームグリッドは、「文字の比率を基準に行の高さを調整」と「グリッドの字間を基準に字送りを調整」にチェックが入っています。

自動行送りの初期設定

フレームグリッドとプレーンテキストフレームでは段落パネルのジャスティフィケーションという設定で自動行送りのデフォルト値が異なります。

自動送りは段落パネルのオプションメニュー項目からジャスティフィケーションという項目を選択して表示されるパネルで確認できます。

この他にも細かな相違点がありますが、上記の内容をまず把握しておきましょう。

テキストフレームの作成方法

フレームグリッドとプレーンテキストフレーム、それぞれのテキストフレーム作成方法について解説します。また、長方形や楕円形といったシェイプをテキストフレームとして利用する方法についても解説します。

グリッドツールを使ったテキストフレーム作成方法

フレームグリッド形式のテキストフレームを作成するツールは、グリッドツールです。グリッドツールには、横組みのグリッドツールと縦組のグリッドツールがあります。

この2つは「右綴じ縦書き」「左綴じ横書き」といった本の体裁に合わせて使い分けます。あらかじめ設定された書式設定でテキスト入力していくのがグリッドツールで作成されたグリッドのテキストフレームです。グリッドツールは書式が固定されているためテキスト中心のドキュメント向きのフレームです。

1.グリッドツールでフレームグリッドを作成

画面左側にあるツールパネルからグリッドツールを選択します。ここでは縦組のグリッドツールを使ってテキストフレームを作成してみましょう。

2.フレームグリッド内をクリックしてテキストを入力

フレームグリッド内をクリックすると、テキスト入力のカーソルが表示されます。

カーソルが表示されたらテキストを入力します。実際の編集現場では、あらかじめ用意しておいた原稿データをコピー&ペーストして流し込むことが多いです。

3.フレームグリッドを連結させる

テキストフレームは連結が可能ですので、フレームを追加して連結してみましょう。

テキストを流し込んで文字がオーバーフロー(枠からはみ出している状態)になっていると、フレームの端に四角い枠にプラスマークのアイコンが表示されます。

このマークを選択ツールでクリックしてから、連結したいフレーム内をクリックすると2つのフレームが連結されます。

上の動画のように、同様の作業を繰り返すことでページをまたぐテキストフレームも作成可能です。

文字ツールを使ったテキストフレーム作成方法

プレーンテキストフレーム形式のテキストフレームを作成するツールは文字ツールです。文字ツールには「横組み文字ツール」「縦組み文字ツール」「横組みパスツール」「縦組みパスツール」の4種類があります。

これらの文字ツールの中でテキストフレームを作成できるのは「横組み文字ツール」「縦組み文字ツール」になります。文字ツールは、柔軟に書式を変更できるためビジュアル中心のドキュメントや、見出しなどに向いたフレームです。

1.文字ツールでプレーンテキストフレームを作成

画面左側にあるツールパネルから文字ツールを選択します。ここでは横組み文字ツールを使ってテキストフレームを作成してみましょう。

2.プレーンテキストフレーム内をクリックしてテキストを入力

プレーンテキストフレーム内をクリックすると、テキスト入力のカーソルが表示されます。

カーソルが表示されたらテキストを入力します。

3.プレーンテキストフレームを連結させる

テキストを流し込んで文字がオーバーフロー(枠からはみ出している状態)になっていると、フレームの端に四角い枠にプラスマークのアイコンが表示されます。

このマークを選択ツールでクリックしてから、連結したいフレーム内をクリックすると2つのフレームが連結されます。

上の動画のように、同様の作業を繰り返すことでページをまたぐテキストフレームも作成可能です。

シェイプツールを使ったテキストフレーム化方法

長方形や楕円形といったオブジェクトを作成するツールはシェイプツールです。

オブジェクトを描画するツールなので、厳密にはテキストフレーム作成ツールではないのですがシェイプツールで作成したオブジェクトをテキストフレームとして代用することも少なくありません。

シェイプツールには長方形ツールの他に楕円形ツール・多角形ツールがあり、これらを用いれば円形や多角形を使った段組を簡単に作成できます。シェイプツールも柔軟に書式を変更できるためビジュアル中心のドキュメントや、見出しなどに向いたフレームです。

1.シェイプツールで作成したフレームをテキストフレームとして利用

画面左側にあるツールパネルからシェイプツールを選択します。ここでは楕円形ツールを使ってシェイプを作成してみましょう。

2.シェイプ内をクリックしてテキストを入力

シェイプ内をクリックすると、テキスト入力のカーソルが表示されます。

カーソルが表示されたらテキストを入力します。

3.フレームを連結させる

テキストを流し込んで文字がオーバーフロー(枠からはみ出している状態)になっていると、フレームの端に四角い枠にプラスマークのアイコンが表示されます。

このマークを選択ツールでクリックしてから、連結したいフレーム内をクリックすると2つのフレームが連結されます。

上の動画のように、同様の作業を繰り返すことでページをまたぐテキストフレームも作成可能です。

ここではシェイプツールでテキストフレームを作成する方法を紹介しましたが、画像用のフレームを作成するグラフィックフレームツール(長方形フレームツール・楕円形フレームツール・多角形フレームツール)も同様に、フレーム内を文字ツールでクリックすることでテキストフレーム化することができます。

まとめ

書籍と雑誌でもテキストの編集・入力・レイアウトの体裁は変わってきます。また同じような体裁の書籍であっても、対象とする読者層や目的・用途に合わせて、最適なテキストフレームも異なります。

エディトリアルデザインの現場でプロの仕事をするためには、フレームグリッド、プレーンテキストフレーム、シェイプツールで作成したオブジェクトのテキストフレーム化など、それぞれの特性を理解しておくことが大変重要です。

しっかりと使い分けられるように、本記事を参考にしてテキストフレームの作成方法をマスターしておきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。