閉じる

InDesignで簡単に表を作成する方法

InDesignでは表計算ソフトや文書作成ソフトで表を作成するのとほぼ同じ操作方法で表を作成することができるうえ、レイアウトを変更して見やすい表を作成できます。今回はInDesignで表を作成する方法を紹介します。

カテゴリ: InDesign

InDesignは、Illustratorよりも簡単に表を作成することができます。そこで本記事ではInDesignで表を作成する方法について詳しく解説します。

表の作成方法

まず表の作成方法から説明します。

1.横組み文字ツールを選択してテキストフレームを作成

画面左側にあるツールパネルから横組み文字ツールを選択します。横組み文字ツールでテキストフレームを作成します。

ここでは横組みツールを選択していますが、縦組みツールを使って縦組みの表を作成することも可能です。

2.メニューから「表を挿入…」を選択

画面上部にあるメニューバーから表をクリックし、表示されたメニュー項目の中から「表を挿入…」を選択します。

3.表の行数・列数・スタイルなどを設定・選択する

「表を挿入…」を選択すると、「表を挿入」を設定するパネルが開きます。このパネルで行や列の数、表スタイルなどを設定します。

行数や列数は後でも変更できますが、すでに表に入れる内容が決まっている場合は最初に設定しておきましょう。

上の画像のように表の枠組が作成できました。

4.【補足情報】もう一つの表作成方法

もう一つ、表を作成する方法があるので紹介しておきます。

文字ツールを選択していない状態で、画面上部にあるメニューバーから表をクリックし、表示されたメニュー項目の中から「表を作成…」を選択することでも表を作成できます。

この方法の場合は、最初に「表を作成」の設定パネルで行や列の数、表スタイルなどを設定する必要があります。

上の画像のように表の枠組が作成できました。テキストフレームに「表を挿入」する方法は後でサイズを調整する必要がありますが、この方法はある程度サイズを設定した上で表の枠組みを設定できるので、目的や用途に合わせて使い分けましょう。

5.表計算ソフトで作成した表をコピー

作成した表にテキストや数字を入力することでも表を作成できますが、ここではあらかじめ用意しておいた表データを用いて表を作成する方法を説明します。

Googleスプレッドシートや、Excelなどの表計算ソフトを開いて、使用したい表データを表示します。使用したい表データを選択したらコピーしましょう。

6.コピーした表データをInDesignの表にペースト

InDesignに戻って、作成した表全体を選択し、コピーしたデータを、InDesignの表にペーストします。

行数と列数が合ってなくても元のデータと同じ表データはペーストできますが、テキストフレームからはみ出すなど後からの調整が面倒です。

ここでは、行数と列数を合わせて表を作成してありますので問題ありません。もし、合ってない場合は、表を選択する前に行や列を追加・削除してコピー元のデータと合わせておきましょう。

上の画像のようにあらかじめ用意しておいた表データがInDesignにペーストされ表が作成できました。

表の編集・デザイン変更方法

表は作成できましたが、テキストフレームに「表を挿入」する方法で作成した表は行幅がせまく少し見にくく感じます。ここからは、表のサイズ変更やカラー変更などのデザイン編集について説明します。

1.表のサイズ変更する方法

作成した表は外郭罫線やセルの罫線を選択し、ドラッグすることでサイズを変更できます。表全体のサイズを変えたい場合は、まず任意の罫線を選択し表外郭のサイズを変更します。

次に表全体を選択して、Controlキーを押しながらクリック(もしくは右クリック)します。表をクリックすると、上の画像のようなオプションのメニュー項目が表示れされます。

表示れされたメニュー項目の中から「行高の均質化」を選択します。表のサイズを横に広げたい場合も、同様の流れで表全体のサイズを変更し「列幅の均質化」を選択します。

上の画像のように、表の行高の揃った状態でサイズ変更ができました。

2.フレームを表のサイズに合わせる方法

テキストフレームに「表を挿入」する方法で表を作成した場合、フレームのサイズと表のサイズが合ってないことが多いです。

テキストフレームを表よりも少し大きくすることで、テキストの回り込みの際の余白を作っておくという手法もあります。ただ、余白はテキスト回り込みの設定からも作れるので、フレームと表はぴったりに合わせておいた方が編集上のミスは起こりにくいです。

フレームと表のサイズを合わせるには、画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されるメニュー項目の中から「オブジェクトサイズも調整」にある「フレームを内容に合わせる」を選択します。

3.テキストの段落・表組みの揃えを調整する方法

フレームを表のサイズに合わせたら、テキストの段落・表組みなどを整えていきましょう。文字ツールで表全体、もしくはセルを選択すると、画面上部のコントロールパネルに段落設定や表組みの設定ができるアイコンの一覧が表示されます。

メニューバーのウィンドウをクリックして、「書式と表」にある「段落」や「表」のパネルウィンドウを開くことでも揃えを調整するアイコンを表示できますが、上記のやり方のほうが簡単です。

4.セルのカラーを変更する方法

上の画像のように全てのテキストを中央揃えに設定し、フォントやフォントサイズを変更してみました。次に表のカラーを変更して、より見やすい表にしていきましょう。

カラーの設定方法は、複数あるのですが今回は新規カラースウォッチを追加する方法を紹介します。

選択ツールもしくはダイレクト選択ツールを選択すると、コントロールパネル上にも「塗り」と「線」のアイコンが表示されますので、「塗り」のアイコンの横にある「>」マークをクリックします。

コントロールパネルの「塗り」のアイコンの横にある「>」マークをクリックすると、カラースウォッチを選択するパネルが表示されます。

このパネルの右上にあるハンバーガーメニューのアイコンをクリックすると上の画像のようにオプションのメニュー項目が表示されます。

表示されたメニュー項目から「新規カラースウォッチ…」を選択します。

「新規カラースウォッチ…」を選択すると、上の画像のように「新規カラースウォッチ」の設定パネルが開きます。

任意のカラーモードでカラーを設定し、パネル右上にある「OK」をクリックすると新規のカラースウォッチが作成されます。

追加された新規のカラースウォッチは、パネルの一番下に追加されます。

色を変更したいセルの範囲を選択した状態で、作成した新規のカラースウォッチを選択するとカラーが変更されます。

上の画像のように、セルにカラーがついて、より見やすい表になりました。

まとめ

Illustratorでは図形として表を作成しなければいけなかったのに対し、InDesignでは表計算ソフトや文書作成ソフトで表を作成するのとほぼ同じ操作方法で表を作成することができます。また、表を作成した後に修正や変更を加えることも簡単です。

InDesignの便利な機能の中でも感覚的な操作で表を作成できるこれらの機能は非常によく使うものなので、本記事を参考にして使い方をマスターしておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。