閉じる

InDesignの目次機能を使って簡単に冊子の目次を作成する方法

InDesignには目次機能があり、目次機能を使えば指定したテキストやページ番号を自動で抽出することができるため、簡単に小冊子をデザインできます。今回はInDesignの目次機能について解説します。

カテゴリ: InDesign

本記事ではInDesignに搭載された簡単に目次ページを作成する機能について詳しく解説します。

目次機能とは

InDesignには、指定したテキストやページ番号を自動で抽出してくれる目次機能が搭載されています。テキストやページ番号に変更が加えられた場合も、目次データを更新することで変更内容を一括で読み込むことも可能です。

目次機能を使って目次を作成する

まず目次機能を使って目次を作成する方法について説明します。

1.メニューから「段落スタイル」を選択

タイトルの変更があった場合も自動更新できるなどInDesignに搭載された目次機能を十分に活用していくためには、目次ページを作成する前に目次に読み込みたい各項目に段落スタイルを設定する必要があります。

目次のタイトルに読み込みたい見出し項目を選択し、画面上部にあるメニューバーからウィンドウをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「スタイル」にある「段落スタイル」を選択しましょう。

2.段落スタイルを設定

「段落スタイル」を選択すると、段落スタイルのパネルが開きます。このパネルで段落スタイルを新規追加、もしくはデフォルトで設定されているスタイルに変更を加えていきます。

ここではデフォルトの「目次タイトル」という段落スタイルの設定を変更してみましょう。パネルに表示されている任意の段落スタイル名をダブルクリックします。

段落スタイル名をダブルクリックすると、段落スタイルの編集パネルが開きます。

このパネルで各項目を設定変更していきます。すでにページデザインでフォントや文字サイズが設定済みの項目については、そのままの設定でも構いません。

文字のカラーやインデントなど、さまざまな項目が設定できますが、ここでは基本文字形式の項目でフォントやテキストサイズのみを設定変更してみましょう。設定が完了したらパネル右下にある「OK」ボタンをクリックします。

3.見出しタイトルすべてに段落スタイルを適用

目次タイトルに読み込みたい見出しタイトルの全てに、同様の手順で段落スタイルを適用します。

4.目次用のページを作成する

読み込む見出し項目の設定が終わったら、目次用のページを作成します。ページパネルを開いて目次用のページのアイコンを選択しましょう。

5.メニューから「目次…」を選択する

次に画面上部にあるメニューバーからレイアウトをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「目次…」を選択します。

6.目次ページのタイトルを入力

「目次…」を選択すると、目次パネルが開きます。このパネルの上部にタイトルという項目欄があります。この欄に目次のタイトルを入力します。

特に指定したい目次タイトルがなければ「目次」と入力しておきましょう。

7.目次ページのタイトルのスタイルを設定

タイトル欄の横に、スタイルという項目の設定欄があります。ここで目次ページの目次タイトルに適用する段落スタイルを設定できます。

8.目次のスタイルに任意の段落スタイルを追加

タイトルとスタイルの欄の下に、目次のスタイルという項目があります。この項目の右側の枠に「その他のスタイル」という選択項目があります。ここで、目次に読み込みたい段落スタイルを選択します。

先ほど設定した「見出しタイトル」という項目を読み込みたいので「見出しタイトル」の段落スタイルを選択します。スタイルを選択したら左側の枠と、右側の枠に「<<追加」というボタンがありますので、これをクリックします。

「<<追加」をクリックすると、左側の「段落スタイルを含む」という枠に、「見出しタイトル」の段落スタイルが追加されました。

段落スタイルを削除したい場合は、「段落スタイルを含む」の枠からスタイルを選択し、中央にある「削除>>」のボタンをクリックすると「その他のスタイル」の枠に、スタイルが戻されます。

9.目次ページで適用したいスタイルを選択

目次のスタイルという項目の下に「スタイル」という設定項目があります。この項目欄では「段落スタイルを含む」の枠に追加された段落スタイルを、新たに段落スタイルを指定することで目次ページでどのように表示させるかを指定できます。

実際のページで使われている段落スタイルと同じ書式を適用させる場合は「同一スタイル」を選択します。目次ページでは、違う書式を使用したい場合は、他のスタイルか新規段落スタイルを追加・設定します。

10.全ての設定が完了したら「OK」をクリック

項目が全て設定を完了したら、パネル右上にある「OK」ボタンをクリックします。

「OK」ボタンをクリックすると、テキストフレームを作成するカーソルが表示されます。このカーソルで目次のフレームを作成すると、目次が作成されます。

上の画像のように「目次タイトル」という段落スタイルを設定した見出しと、その見出しのあるページ番号が読み込まれています。

目次機能を使って目次を編集する

次にを使って目次を編集する方法について説明します。

目次の書式変更方法

作成した目次の各要素に設定されている書式を変更する方法について説明します。

1.目次ページの見出しタイトルに段落スタイルを追加

「目次」というタイトルの書式を変更してみましょう。目次ページにある「目次」という見出しタイトルを選択した状態で段落スタイルパネルを開きます。

ここでは、段落スタイルパネルに新規の段落スタイルを追加してみましょう。

2.段落スタイルの各項目を設定

新規の段落スタイル名をクリックすると、段落スタイルの編集パネルが開きます。このパネルで新規追加した段落スタイルの各項目を設定していきます。

一般という項目に、スタイル名を設定する欄がありますので、任意のスタイル名を入力しましょう。

基本文字形式という項目で、フォントやテキストサイズなどを変更します。もともとのサイズよりも少し大きくしてみましょう。

文字カラーというという項目で、文字カラーをページのテーマカラーへ変更します。

この他にも設定項目が数多くありますが、ここではフォント、テキストサイズ、文字カラーを設定したら、パネル右下にある「OK」をクリックして設定を完了します。

3.章の見出しとページ番号に段落スタイルを追加

同様に章の見出しタイトルの書式も変更してみましょう。目次ページにある章の見出しタイトルとページ番号を選択した状態で段落スタイルパネルを開き、段落スタイルを新規追加します。

4.段落スタイルの各項目を設定

新規追加した段落スタイルの各項目を設定します。ここでは基本文字形式の項目のみ変更して「OK」をクリックします。

5.段落スタイルで変更された目次を確認

上の画像のように章の見出しとページ番号の段落スタイルが変更されました。

目次テキストとページ番号の間に線を入れる方法

項目とページ番号の間に入れる点線などを設定する方法について説明します。

1.段落スタイルのオプション項目メニューから「スタイルを編集…」を選択

章の見出しとページ番号を選択した状態で、段落スタイルパネルを開きます。ここではパネル左上にオプション項目メニューを表示されるハンバーガーメニューがありますので、これをクリックしてパネルを開いてみましょう。

表示されたメニュー項目の中から「スタイルを編集…」を選択します。

2.タブの項目を設定

段落スタイルの編集パネルが開いたら、左側のメニュー項目一覧から「タブ」という項目を選択します。このタブの設定欄上部に、タブ設定に用いるタブ揃えボタンの矢印があります。この矢印のいずれかを選択し、定規の上をクリックします。

定規の上をクリックすると、定規のバーに矢印が追加されるので、これをスライドさせてタブ設定の移動を行います。

適当な位置までタブ設定の移動を行ったら、リーダーという入力欄に項目とページの間に入る記号を入力します。ここでは中黒の点「・」を入力してみましょう。

位置という設定欄の右横に「繰り返し」というボタンをクリックし、「OK」をクリックします。

3.変更された点線を確認

上の画像のように項目とページ番号の間にある点線が変更されました。

項目とページ番号をつなぐ記号(点線)のサイズを変更する方法

項目とページ番号をつなぐ記号(点線の点)などの設定を変更する方法について説明します。

1.メニューから「文字スタイル」を選択

画面上部にあるメニューバーからウィンドウをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「スタイル」にある「文字スタイル」を選択します。

2.文字スタイルを新規追加

「文字スタイル」を選択すると、文字スタイルのパネルが開きます。このパネルで文字スタイルを新規追加します。

3.文字スタイルを編集

新規追加した文字スタイル名をダブルクリックすると、文字スタイルの編集パネルが開きます。このパネルで基本文字形式など各項目を設定します。

ここではフォントとテキストサイズを変更して、点のサイズを少し小さくしてみます。

4.文字スタイルを点線に適用

上の画像のように点線のサイズが小さくなりました。

変更したい点線を選択した状態で、文字スタイルパネルにあるスタイル名をダブルクリックすると文字スタイルが適用されますので、すべての点線に文字スタイルを適用させます。

目次パネルで再設定を行う方法

各項目に追加・修正しした設定を目次パネルで再設定する方法について説明します。

1.その他の段落スタイルを設定

章のタイトル名に章の番号も追加して「1.解剖学の基礎」といった見出しを作成すれば章の番号も読み込まれます。今回使用しているページデザインでは章の番号は別の書式が使われているので、こちらにも段落スタイルを設定して目次に読み込んでみましょう。

章の番号を選択して段落スタイルを設定します。

文中の中見出しや小見出しも目次に読み込むことができます。ここでは章の中にあるセクションの見出しも目次に読み込んでみましょう。

セクションの中見出しを選択して段落スタイルを設定します。

3.目次パネルの詳細設定で設定を変更した内容を反映させる

ここまで目次ページに読み込んだ段落スタイルや、目次ページで各項目に適用している段落スタイル・文字スタイルに変更を加えてきましたが、目次パネルはまだ設定が反映されていません。

もう一度目次パネルを開いて、各項目の再設定を行いましょう。目次パネルの左側に4つのボタンが表示されています。一番下の「詳細設定」というボタンをクリックすると、ページ番号の位置変更や項目と番号間の記号などにもスタイルを設定できる欄が表示されます。

章の見出しに適用した「目次タイトル」という段落スタイルのスタイル設定を変更します。項目と文字間という項目欄の右隣に、スタイルという項目欄があります。ここで、点線に適用させた文字スタイルを選択します。

「段落スタイルに含む」の欄に章番号に適用した「章番号」という段落スタイルを追加しました。こちらのスタイルも設定を変更します。

「段落スタイルに含む」の欄にセクションに適用した「セクションスタイル」という段落スタイルを追加しました。こちらのスタイルも設定を変更します。

4.再設定した目次を確認

上の画像のように再設定した内容が目次の各項目に適用されました。慣れないうちは、思い通りに読み込まれないこともあるかもしれませんが目次データが読み込まれるようになればあとは微調整を行う程度です。インデントなどその他の設定もいろいろ試してみましょう。

目次データを更新する方法

目次に読み込ませる各項目が変更された場合に、目次データを更新する方法について説明します。

1.目次に読み込ませる見出しを修正

ここでは、セクションの中見出しを修正してみましょう。「動作の基本面」「動作の基本軸」という見出しの「動作」という言葉を「動き」に置き換えて「動きの基本面」「動きの基本軸」に修正します。

2.メニューから「目次の更新」を選択

上の画像は目次データを更新する前のセクションの中見出しです。「動作の基本面」「動作の基本軸」となっています。

画面上部にあるメニューバーからレイアウトをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「目次の更新」を選択します。

上の画像のように修正を加えた部分のテキストデータが「動きの基本面」「動きの基本軸」へ自動更新されています。

まとめ

Illustratorで冊子を作る場合、目次は事前に作成したテキストデータを流し込むなどして作成することはできますが、変更や修正が入った場合は、その都度目次ページのテキストも修正しなければいけません。

一方で、InDesignは冊子ものの作成に特化したグラフィックソフトなので、本記事で解説している通り目次機能が大変充実しています。書籍や雑誌、カタログなどページ数の多い冊子を作る場合は、この目次機能が大変役に立ちます。

DTP分野でデザイン活動を行っていく上で必要不可欠の知識なので、しっかりとマスターしておきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。