閉じる

InDesignをさらに便利にするスクリプトの機能を習得して作業効率アップしよう!

InDesignには機能をカスタマイズできるスクリプトというツールが搭載されていて、JavaScriptやAppleScriptなどの言語を使ってコードを編集し追加することで機能を追加できます。今回はInDesignでスクリプトを使う方法を解説します。

カテゴリ: InDesign

本記事では、InDesignのスクリプトについて詳しく解説します。

InDesignのスクリプト機能とは

InDesignには、プログラミングのコードを編集し追加することで、機能をカスタマイズできるスクリプトというツールが搭載されています。

このスクリプトの機能を使えば、自動で組版を作成するといった一般的な作業の自動化や、作成したデータファイルの中で使われている画像やイラストの一覧データを作成するといった新しい機能を追加することも可能です。

InDesignのスクリプトで用いられている言語は、JavaScript、AppleScript、VBScriptといった言語です。

DTPをメインに活動しているデザイナーやデザイン初学者には、これらの言語が全くわからない人も多いでしょう。スクリプトを全く使わないでInDesignを使いこなすプロのデザイナーも沢山いますので、InDesignを学ぶ上で必須の知識というわけではありません。

一方で、Webデザイナーやエンジニアなど、コーディングやプログラミングの知識を有している人にとっては、非常に便利な機能です。DTPが専門ではないデザイナーこそ、アドバンテージを得ることのできる機能ですので、使い方を習得しておくことをおすすめします。

また、プログラミングの専門知識がない人でも、インターネットで提供されているスクリプトをダウンロードし、InDesignにインストールして利用することも可能です。

そこで、本記事ではスクリプトの使い方に加えて、ダウンロードしたスクリプトのインストール方法についても解説します。

スクリプトの使い方

InDesignにはデフォルトでサンプルスクリプトが搭載されていますので、そのサンプルスクリプトで使用方法の手順を以下に説明します。

1.メニュー項目から「スクリプト」を選択

画面上部にあるメニューバーからウィンドウクリックし、表示されたメニュー項目の中から「ユーティリティ」にある「スクリプト」を選択します。

2.スクリプトパネルから任意のスクリプトを選択

「スクリプト」を選択すると、上の画像のようなスクリプトパネルが開きます。スクリプトはAppleScript、JavaScriptといったように言語別のフォルダに格納されていますので、利用したいスクリプトを選択します。

【補足情報】スクリプトラベルパネルとは

InDesignのシェイプやテキストフレームといったオブジェクトには「スクリプトラベル」というタグを指定することが可能です。スクリプトパネルを開くと、隣にスクリプトラベルパネルも表示されます。スクリプトラベルパネルとは、テキストエディタを用いず、InDesign上のパネルで指定できる機能です。

3.「スクリプトを編集」を選択

実際にスクリプトを実行してみる前に、スクリプトを編集する手順を説明します。

利用したいスクリプトを選択し、Controlキーを押しながらクリックもしくは右クリックをします。クリックするとメニュー項目が表示されるので、その中から「スクリプトを編集」を選択します。

4.テキストエディタでスクリプトを編集

「スクリプトを編集」をクリックすると、テキストエディタでスクリプトが開きます。プログラミングの知識を有している人は、スクリプトを編集して機能をカスタマイズすることができます。

5.「スクリプトを実行」を選択

編集方法を確認できたところで、今度はスクリプトを実行する方法について説明します。利用したいスクリプトを選択する手順にまで戻ります。

スクリプトを選択し、Controlキーを押しながらクリックもしくは右クリックをします。クリックするとメニュー項目が表示されるので、その中から「スクリプトを実行」を選択します。

6.スクリプトのパネルで設定を入力

「スクリプトを実行」を選択すると、上の画像のようにスクリプトの設定を行うパネルが表示されます。このパネルで設定を入力します。ここでは、「MakeGrid.AppleScript」というスクリプトを使って、段を2分割のグリッドに変換してみます。

上の画像のように段を2分割のグリッドに変換されました。

デフォルトで搭載されている各スクリプトの詳細は以下の公式サイトを参照してください。

Adobeユーザーズガイド:スクリプティング

ダウンロードしたスクリプトのインストール方法

InDesignのスクリプトは、デフォルトの状態で搭載されているサンプルのスクリプト以外にも、自分で作成したスクリプトやネット上で公開・提供されているスクリプトをインストールして利用することも可能です。

無料で使えるスクリプトも多数提供されていますので、「InDesign スクリプト フリー」といったキーワードで検索してみましょう。プログラミングの知識がなくても、これらのスクリプトをダウンロードすることで、InDesignに便利な機能を簡単に追加することができます。以下にその手順を説明します。

1.スクリプトをダウンロードする

さまざまなスクリプトが提供されていますが、ここではDTP系のコンテンツ制作事業を行っているタクトシステム株式会社が提供しているInDesignのスクリプトをダンロードして利用してみましょう。

以下がタクトシステム株式会社が提供しているInDesignのスクリプトです。

タクトシステム株式会社が提供しているInDesignの無料ダウンロードScript一覧

※スクリプトは素材ではなく機能ですので、基本的に個人利用や商用といった区別はありませんが提供元の利用規約等はしっかり確認した上でダウンロードしましょう。

さまざまなスクリプトがありますが、数字を修飾文字へ変換するスクリプトをダウンロードしてみます。ZIPファイルがダウンロードできますので、解凍してフォルダの中を確認してみましょう。

2.「ユーザー」のフォルダを選択して「Finderで表示」する

次に、InDesignでスクリプトパネルを開きます。スクリプトパネルの一番したに「ユーザー」というフォルダがあるのでこれを選択しましょう。選択した状態で右上のオプションメニューを表示されるハンバーガーメニューのアイコンをクリックします。

表示されたメニュー項目の中から「Finderで表示」を選択します。

3.ダウンロードしたスクリプトを「Scripts Panel」フォルダへ移動

「Finderで表示」を選択すると「ユーザー」フォルダである「Script Panel」のフォルダがFinder上に表示されます。

「ユーザ」>「ユーザ名のフォルダ」>「Adobe InDesign」>「利用しているVersionのフォルダ」>「ja_JP」>「Scripts」>「Script Panel」というパスを辿ってもScript Panelを見つけることはできますが、この方法で表示されたほうが簡単です。

ダウンロードしたスクリプトを、この「Scripts Panel」フォルダへ移動します。

上の画像のように「ユーザー」のフォルダにダウンロードしたスクリプトが表示されました。

4.「スクリプトを実行」を選択

ダウンロードしたスクリプトを実行してみましょう。ここでは、スクリプトを使って数字を丸数字へ変換させてみます。まず、スクリプトを利用したいオブジェクトを選択します。

次にダウンロードしたスクリプトを選択し、Controlキーを押しながらクリックもしくは右クリックをします。クリックするとメニュー項目が表示されるので、その中から「スクリプトを実行」を選択します。

「スクリプトを実行」を選択すると、上の画像のようにスクリプトの設定を行うパネルが表示されます。このパネルで設定を入力します。今回は数字を白い丸で囲ってみましょう。

上の画像のように、一括で数字が丸数字へ変換されました。

まとめ

編集デザインでは、複雑な組版作業やテキスト入力作業が数多くあります。また、単純作業を繰り返す状況も少なくありません。本記事で紹介したスクリプトの機能を使えば、こうした負担の大きい作業の効率をアップすることが可能です。

DTP作業に慣れていないWebデザイナーであれば尚のこと、身につけておきたいスキルなので使い方をマスターしておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。