閉じる

InDesignでアウトラインを作成する方法と注意点を覚えておこう!

Illustratorではフォントは必ずアウトライン化されますが、InDesignは特殊な文字を使用している場合以外はアウトライン化は行われません。今回はInDesignでアウトライン化する方法を解説します。

カテゴリ: InDesign

本稿ではInDesignでアウトラインを作成する方法について解説します。

InDesignにおけるアウトライン化について

Illustratorで印刷用のデータを作成する場合は、フォントをアウトラン化が推奨されるケースが多いです。

一方でInDesignは、ほとんどの場合テキストのアウトライン化は行いません。これは、雑誌や書籍の編集現場では印刷所へ入稿した後にも校正が入ることがあり、印刷所側でテキストを修正するといった対応があるからです。

生データであるINDDファイルで入稿する場合は、印刷所が標準で用意しているモリサワやフォントワークスといった大手フォントメーカーのフォントを使ってデータを作成することがDTP業界では一般的です。したがってアウトライン化を行う必要はありません。

PDFで入稿する場合もフォントはファイルデータに埋め込まれるので、アウトライン化を行う必要はありません。

テキストフレームを複数ページに亘り連結させることができるInDesignで、すべてのフォントをアウトライン化すると適用後のテキスト編集が不可能になるだけでなく、データサイズも大きくなります。また、冊子全体を一括してアウトライン化することはできませんので、細かな部分でエラーも発生しやすくなります。

したがって、InDesignでのアウトライン化は基本的に推奨されていません。

InDesignでアウトライン化が必要なケースは、特殊なフォントを用いている場合などが考えられます。フリーライセンスのフォントは、フォントデータも同梱して印刷所に渡したり印刷所でも同じフォントをダウンロードして利用することが可能です。

しかし、有料の特殊フォントは印刷所で同じフォントデータを用意することが難しいので、この場合にアウトラインを作成して入稿可能なデータにすることがあります。

補足情報1.DTPでデザインを行う場合にモリサワのフォントライセンスは必須

DTPでデザインを行う場合に、大手フォントメーカーのフォントを所有していないとプロとして仕事を請け負うのは難しいです。特にモリサワのフォントライセンスは必須となります。

このモリサワのフォントライセンスは1ライセンスに1端末のみの利用となり、それなりの費用がかかります。こうした作業環境によりWebデザイナーはDTP業界に参入しづらかったのです。

近年はAdobeフォントやGoogleフォントなどのサービスから有用なフォントが数多く提供されておりPDF入稿が主流となりつつあるので、簡易的な印刷データであればWebデザイナーでも対応できるケースも増えています。

補足情報2.「フォントを埋め込む」とは

印刷技術の発達によりRIP(Raster Image Processer)という印刷処理を用いることでベクターデータであるフォントをドットの集合で構成されたラスターデータに変換する(ラスタライズ)することが可能になったので、この「フォントに埋め込み」という方法が用いられるようになってきたのです。

アウトライン化の手順

ここからは、InDesignでアウトライン化を行う手順について解説します。

1.テキストフレーム全体を選択する

InDesignのアウトライン作成には2種類の方法があります。一つはテキストの一部をインライングラフィックス(文中の画像データ)としてアウトライン化する方法で、もう一つはテキストフレーム全体をアウトライン化する方法です。

テキストフレーム全体をアウトライン化する場合は、選択ツールでテキストフレーム全体を選択します。

テキストの一部をインライングラフィックスとしてアウトライン化する場合は、文字ツールでアウトライン化したいテキストオブジェクトを選択します。

ここでは、テキストフレーム全体をアウトライン化してみましょう。

2.メニューバーから「アウトラインを作成」を選択

画面上部にあるメニューバーから書式をクリックし、表示されたメニュー項目の中から「アウトラインを作成」を選択します。

3.アウトライン化したデータを別名で保存する

上の画像のようにテキストフレーム全体に、アウトラインが適用されました。

フォントをアウトライン化すると、テキストの編集ができなくなります。上書き保存でデータを保存してしまうと、編集可能なデータは復元できません。アウトライン化を行う場合は、アウトライン化を適用する前の編集可能なデータも残しておけるように「別名で保存」でデータを保存しましょう。

「複製を保存」でもアウトライン適用前と適用後のデータを別々に保存できますが、「複製を保存」の場合は保存前のデータと複製したデータを混乱しやすいので、「別名で保存」で保存するように心がけましょう。

「別名で保存」する方法は、画面上部にあるメニューバーからファイルをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「別名で保存…」を選択します。

「別名で保存」する際に、ファイル名はアウトライン化したデータと、元のテキスト編集可能なデータが区別できるような名前をつけておきましょう。

InDesignでアウトライン化を行う際の注意

1.インライングラフィックとしてアウトライン化するとカーニングが崩れる

テキストの一部をインライングラフィックとしてアウトライン化する場合は、カーニング(文字間隔を調整する処理のこと)が崩れる場合があるので注意しましょう。上の画像のようにインライングラフィックとしてアウトラインをかけたテキストはカーニングが崩れてているのがわかると思います。

2.表機能で作成した表のテキストをアウトライン化するとエラーが起きやすい

表機能で作成した表内のテキストをアウトライン化する場合は、エラーが起きやすいので注意しましょう。上の動画のようにアウトラインをかける前のテキストデータが残ってしまうエラーがその代表例です。

3.テキスト装飾が消える場合がある

テキストオブジェクトに効果として適用したテキスト装飾は、アウトラインをかけると消えてしまうので注意しましょう。上の動画のようにテキストオブジェクトに適用した段落境界線の装飾が消えてしまうのは、その代表例です。

まとめ

InDesignの使い方をマスターしていく上で重要なのは、操作方法を覚えるだけでなくDTP作業・印刷まわりの知識を確実にしていくことです。本稿で紹介したアウトライン化に関する知識も、非常に重要な項目の一つなので、しっかり理解して適切な場面でアウトライン化の機能を使えるようになっておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。