閉じる

InDesignでグラデーションを作成する方法

InDesignにはグラデーション機能があり、オブジェクトやテキスト、画像にグラデーションを施すことができます。今回は、グラデーション機能の使い方について解説します。

カテゴリ: InDesign

本記事では、InDesignでグラデーションを作成する方法について詳しく解説いたします。

グラデーションの作成方法

まずは、基本のグラデーション作成方法について解説します。

1.オブジェクトを作成

長方形ツールを使ってオブジェクトを作成します。

2.メニューから「グラデーション」を選択

画面上部にあるメニューバーからウィンドウをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「カラー」にある「グラデーション」を選択します。

もしくは画面左側にあるツールパネルからグラデーションツールをクリックします。

3.グラデーションバーのエリアをクリック

「グラデーション」を選択すると上の画像のようなグラデーションのパネルが開きます。このパネル下部にあるグラデーションバーのエリアをクリックします。

4.終点の塗りのアイコンのカラーを変える

グラデーションバーのエリアをクリックするとオブジェクトに、グラデーションが反映されます。グラデーションが白と黒のモノトーンなので、ここからカラーを加えていきましょう。

グラデーションバーの終点にある塗りのアイコンをクリックして選択します。終点の塗りのアイコンが選択された状態で、ツールパネル上の塗りのアイコンをダブルクリックします。

ツールパネル上の塗りのアイコンをダブルクリックすると、上の画像のようなカラーピッカーの設定パネルが開きます。ここで、任意のカラーに変更し「OK」をクリックします。

5.もう一つの終点の塗りのアイコンのカラーを変える

左側にある終点のカラーが変更されました。もう一つの右側にある終点のカラーも変更していきましょう。同様にグラデーションバーの終点にある塗りのアイコンをクリックして選択します。

塗りのアイコンをクリックした状態でツールパネル上の塗りのアイコンをダブルクリックします。

カラーピッカーの設定パネルが開いたら、任意のカラーに変更し「OK」をクリックします。

上の画像のように、カラーのグラデーションが作成されました。

グラデーションの変更・調整方法

次に、作成したグラデーションに変更を加えてみましょう。

1.カラーの中間点を移動させて色の配分を変える

上の画像のように、グラデーションバーの上部にある◆のアイコンをドラッグしてバーの上をスライドさせることで、色の配分を変えることができます。

2.カラーの配色を逆方向にする

グラデーションパネルにある「逆方向」というアイコンをクリックすると、右端の終点と左端の終点が入れ替わりカラーの配色が逆方向になります。

3.グラデーションの種類を変更する

グラデーションパネルにある「種類」という項目をクリックするとプルダウンメニューが開きます。ここで、グラデーションの種類を「線形」から「円形」に変更します。

上の画像のように、円形のグラデーションが作成できました。

グラデーションカラーの分岐点を追加する

ここでは、より複雑なグラデーションを作成するために、分岐点の追加方法について説明します。

1.グラデーションにカラーの分岐点を追加する

グラデーションバーの終点と終点の間をクリックします。

上の画像のようにグラデーションバー上にカラーの分岐点が追加されます。

2.分岐点のカラーを変更する

分岐点は複数追加することができます。次は追加した分岐点のカラーを変更してみましょう。分岐点のカラーを変更することで、より複雑なグラデーションを作成することができます。

上の画像のように、レインボーカラーのグラデーションも作成できます。

テキストにグラデーションをかける方法

テキストにグラデーションをかけることも可能です。InDesignでは、アウトラインをかけてパスオブジェクト化せずに、編集可能なテキストのままグラデーション効果を施すことが可能です。

1.スウォッチに新規グラデーションを追加する

画面上部にあるメニューバーからウィンドウをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「カラー」にある「スウォッチ」を選択します。

「スウォッチ」を選択すると、スウォッチパネルが開きます。このパネルの右上にあるオプション項目を表示させるハンバーガーメニューのアイコンをクリックします。

オプション項目のアイコンをクリックして表示されるメニューの中から「新規グラデーションスウォッチ…」を選択します。

「新規グラデーションスウォッチ…」を選択すると、上の画像のように新規グラデーションスウォッチのパネルが開きます。このパネルでグラデーションを作成し、パネル右上にある「OK」をクリックするとグラデーションのスウォッチが作成されます。

2.テキストを作成

グラデーションをかけたいテキストを作成します。

3.選択したテキストにスウォッチを適用させる

テキストを選択した状態で、テキストの塗りのアイコン(Tマークのアイコン)をクリックします。先ほど作成した新規のグラデーションスウォッチが一覧に表示されていますので、これを選択します。

上の画像のように、テキストにグラデーションが適用されました。

また、上の画像のようにテキストの一部にグラデーションを適用することも可能です。

グラデーションぼかし効果を使って徐々に透明になる写真素材を作成する方法

応用編として、グラデーションぼかし効果を使って徐々に透明になる写真素材を作成する方法についても解説します。

1.写真を配置する

グラデーションぼかしを施したい写真を配置します。

2.写真を選択してグラデーションぼかしツールを起動する

配置した写真を選択ツールで選択します。選択した状態で、画面左側のツールパネルにあるグラデーションぼかしツールをダブルクリックします。

3.グラデーションぼかしを設定

グラデーションぼかしツールをダブルクリックすると、上の画像のような効果の設定パネルが開きます。このパネルでグラデーションぼかしの設定をして、パネル下部の「OK」をクリックします。

上の画像のように、写真にクラデーションぼかしが施されました。

4.グラデーションぼかしの応用

グラデーションぼかし効果を用いて、Photoshopと似たような写真加工をInDesign上で行うことも可能です。

上の画像は、写真にグラデーションぼかし効果を適用したオブジェクトを重ねてカラーフィルターを作成したものです。

カラーフィルターとなるオブジェクトを、アウトライン化したテキストのパスオブジェクトで切り抜けば、上の画像のようなグラデーションぼかし効果を施した写真を作成することもできます。

まとめ

この他にもInDesignには、グラデーションに関連した機能を用いてを使った様々な表現が可能です。IllustratorやPhotoshopでグラデーションを使った素材を作成しInDesignに配置するといった方法だけでなく、InDesign上でグラデーションを使いこなせるようになると作業効率やデザインの幅がぐっと広がります。

本記事を参考にして、実際にInDesign上でグラデーションを作成してみましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。