閉じる

Illustratorのラスタライズが持つ役割を理解して機能を使いこなそう!

ラスタライズとはベクター画像をラスター画像へ変換することを指します。ラスタライズを行うことで、印刷トラブルを防止したりファイルサイズを小さくして処理しやすくしたりすることが可能です。ここではIllustratorでラスタライズをする手順を解説します。

カテゴリ: Illustrator

本記事では、Illustratorのラスタライズという機能の持つ役割とその手順について解説します。

ラスタライズの基礎知識

ラスタライズとは

ベクター画像をラスター画像へ変換することをラスタライズと呼びます。

ラスタライズは複雑なパスが組み合わさったパスオブジェクトなどをビットマップ化する機能です。ラスタライズされたオブジェクトは、ベクター画像ではなくなるので形や色などの編集はできなくなります。しかし、構造がシンプルになり印刷上のエラーが起きにくいデータになるのです。

Illustratorは基本的にベクター形式で図形を描くソフトウェアですが、主に印刷向けの機能としてベクター形式で作成した画像をラスタライズする機能が搭載されているのです。

ラスター画像とベクター画像

ラスター画像と、ベクター画像の違いについて最確認しておきましょう。ラスター画像とは、ビットマップという格子状のドッドの集合体で表現される画像形式です。一方で、ベクター画像は、線、色、曲線など解析幾何的な数値データによってデータが再現される画像形式です。

上の画像は、ベクター画像とラスター画像をそれぞれ拡大したものです。ベクター画像は拡大・縮小しても画像の質が劣化していませんが、ラスター画像はオブジェクトの縁にギザギザのシャギーがかかっていることがわかると思います。

それぞれの画像形式を以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

比較内容 ラスター画像 ベクター画像
形式の説明 格子状のドッドの集合体で表現される画像形式。ビットマップ画像とも呼ばれる 線、色、曲線など解析幾何的な数値データによってデータが再現される画像形式。ベクトル画像とも呼ばれる
主な用途 写真編集、レタッチ、イラスト ロゴデザイン、グッズなどのキャラクターデザイン、イラスト
主に用いられるソフトウェア 写真編集ソフト(Photoshopなど) ドローイングソフト(Illustratorなど)
主なファイル形式 JPG / GIF / PNG / TIFF / BMP など AI / SVG など
ファイルサイズ データサイズは比較的重いが、複雑なベクター画像に比べて軽いこともある データサイズは比較的軽いが、複雑な図形になると重くなる
メリット ドッドによって画像が構成されているので、写真などの複雑な画像の表示に最適 数値を使ってオブジェクトを描いているので、拡大縮小による画像の劣化がない
デメリット 拡大するとシャギーが発生し画質が落ちる 数式で表現されているので、複雑な画像データには適していない

なぜラスタライズをする必要があるのか

メリット1:印刷トラブルの防止

「グラデーション」や「透明」などの効果を適用しているベクター画像は、まれに印刷トラブルの原因になることがあります。

基本的にはベクター画像のまま印刷にかけてもエラーが起こることは少ないのですが、印刷所の設備環境によって効果を適用した部分がベタ塗りになってしまうといった印刷ミスが起こることがあるのです。

設備環境的に問題がなくても、万が一のリスクを避けるためにデータのラスタライズを推奨する印刷所が多いので、各印刷所の入稿のルールはしっかりと確認しておきましょう。

メリット2:ファイルサイズが小さくなり処理が軽くなる

比較的ファイルサイズが軽いベクター画像ですが、細かなパスオブジェクトが組み合わさった複雑な画像やイラストになるとファイルサイズが非常に重くなってきます。

ロゴデザインやキャラクターイラストなどは、色数も少なくシンプルなオブジェクトを組み合わせた制作物が多いので、基本的にはベクター形式の画像データはサイズが軽いことが多いです。

しかし、色数も多く詳細に書き込まれたイラストや画像などのベクター画像は、解像度の高いラスター画像よりもデータが重くなることがあります。このようなケースでは、ラスタライズすることでデータサイズが軽くなり処理が早くなることがあるので覚えておきましょう。

ラスタライズの手順

1.メニューバーから「ラスタライズ…」を選択

画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されるメニュー項目の中から「ラスタライズ…」を選択します。

2.ラスタライズの設定パネルで各項目を設定

「ラスタライズ…」を選択すると、上の画像のようなラスタライズの設定パネルが表示されます。このパネルで、カラーモードや解像度、背景の色やオプション項目を設定します。

3.印刷用のデータの場合は「特色を保持」のチェックを外す

ここでは、印刷用のデータとして利用するためのラスタライズの設定を説明します。

カラーモードはCMYK、解像度は高解像度(300ppi)を選択します。背景は、使用意図によってホワイト、透明いずれの設定も使いますがIllustratorで作成したデータをInDesignなどに利用することも想定して、ここでは透明を選んでおきます。

一番重要なのは「特色を保持」という項目のチェックを外すことです。特色とは、金色や銀色といったCMYKのプロセスカラーでは表現できない色のことです。特色は印刷所の設備環境や印刷方法によっては対応可能なケースもありますが、通常の印刷機では認識できない色になります。

こうした特色を利用する場合は、必ず事前に印刷所に問い合わせや相談をしておきましょう。特に指定がない場合は、特色を使っていなくてもチェックを外しておきます。

ラスタライズが完了しました。見た目は特に変化はありませんがラスター画像になっています。

ラスタライズの注意点

ラスタライズは不可逆処理なので、ベクター形式のオブジェクトには戻せなくなります。テキストを修正したり、パスのアンカーポイントを移動してオブジェクトの形状を変更するといったことが一切できなくなります。

また、解像度や大きさの変更もできません。後からの修正や変更にも対応できるように、ラスタライズをする前に別名保存で編集可能な同データを残しておくようにしましょう。

まとめ

グラフィックデザイナーやDTP系のデザイナーが手掛けたWebデザインのデータは、扱いにくいと言われることがあります。これは、主にHTMLやCSSといったコードの知識が不足しているのが原因です。

これとは逆に、Webデザインをメインに活動しているデザイナーがDTPデータを作成する場合も、印刷の知識が不足していることが多くミスが起こりやすいので注意が必要です。

印刷データは、Webのように後から修正をかけることができないので、ミスが起きた場合の損失コストも高くなる場合が多いです。

近年はWebデザイナーからキャリアをスタートするデザイナーが多くなってきていますが、クライアントから紙媒体のデザインを任されるといったことも十分想定できるので印刷対応もしっかりできるようになっておくことが重要です。

ラスタライズの知識は、テキストなどのデータオブジェクトを点と線で構成させるベクターの図形オブジェクトに変換するアウトライン化と同様に、Illustratorで印刷用のデータを作成する上で必須項目の一つです。本記事を参考にしてしっかりマスターしておきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。