閉じる

Illustratorを使って画像にモザイク処理を施す方法

Illustratorの機能の1つである「モザイクオブジェクト」を活用することで、イラストや写真にモザイクをかけることができます。また、モザイクオブジェクトを活用すればモザイク柄のオブジェクトを作成することも可能です。今回はモザイクオブジェクトの使い方を解説します。

カテゴリ: Illustrator

本記事ではIllustratorを使って画像にモザイク処理を施す方法について詳しく解説します。

モザイク処理の予備知識

モザイクオブジェクト機能について

肖像権やプライバシー権に配慮して、写真にモザイクやぼかし効果をかける機会が増えています。これらの画像処理は、Adobe Photoshopをはじめとした写真画像加工アプリを利用して行うことが多いのですが、Illustratorにもモザイクを作成できる機能が搭載されています。

Illustratorでは「モザイクオブジェクト」という機能を使ってモザイクを作成することができます。

写真の一部にモザイクをかける場合などはPhotoshopを利用したほうが簡単で早いのですが、イラストやフォントをモザイク状に変換するといった場合には、Illustrator上でモザイク処理をかけたほうが、後から修正や加工がしやすいデータになることもあります。

また、上の画像のように自作のイラストをレトロゲーム風のドッド画にしたいといった場合も役立つ機能です。

Illustratorでモザイクをかける方法

全体をモザイクをかける方法

モザイクオブジェクトの機能は、選択した画像全体に行う処理になります。まずは全体をモザイクをかける方法について説明します。

1.メニューバーから「ラスタライズ…」を選択

Illustratorで作成したデータは、基本的にベクター画像です。モザイクオブジェクトに変換するためには、事前にベクター画像をラスター画像に変換する「ラスタライズ」という処理が必要になります。

上の画像のように、オブジェクトを選択した際にバツマークのガイドが入っている場合はベクター画像です。まずはラスタライズを行いましょう。

画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「ラスタライズ…」を選択します。

「ラスタライズ…」を選択すると、ラスタライズの設定パネルが開きます。カラーモードや解像度など各項目の設定を行ったらパネル下部のOKをクリックします。

2.メニュー項目から「モザイクオブジェクトを作成…」を選択する

オブジェクトにあったバツマークのガイドが消えていることが確認できると思います。この状態になっていればラスター画像に変換されています。

ラスター画像に変換された画像を選択した状態で、画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「モザイクオブジェクトを作成…」を選択します。

3.モザイクのサイズや感覚を調整する

「モザイクオブジェクトを作成…」を選択選択すると、モザイクオブジェクトを作成の設定パネルが開きます。このパネルのモザイクのタイル数やタイルの間隔などの項目を設定し、OKボタンをクリックします。ここでは、幅50・高さ50のタイル数を設定してみましょう。

幅50・高さ50のタイル数で画像データが変換されました。

上の画像のようにモザイク処理が行われ、ドット画のようなモザイク状のイラストが出来上がりました。

一部分にモザイク処理を施す方法

少し手間が必要ですが、モザイクオブジェクトの機能を使って、画像の一部分にモザイクをかけることも可能です。以下にその方法を説明します。

1.画像のレイヤーを複製する

写真を使って、一部分にモザイク処理を施してみましょう。JPG、PNG、TIFFといった写真によく使われるファイル形式はもともとラスター画像なので、ラスタライズする必要はありません。

一部にモザイクをかけたい場合は、画像のレイヤーを複製して、全く同じ画像を前面のレイヤーに重ねます。レイヤーパネルの右上にあるメニューアイコンをクリックすると、オプションのメニュー項目が表示されます。この中から「(レイヤー名)」を複製という項目を選択します。

上記の画像のように前面に複製されたレイヤーが作成されました。

2.複製したレイヤーの画像に「モザイクオブジェクトを作成」の処理を行う

画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「モザイクオブジェクトを作成…」を選択します。

「モザイクオブジェクトを作成…」を選択すると、モザイクオブジェクトを作成の設定パネルが開きます。このパネルのモザイクのタイル数やタイルの間隔などの項目を設定し、OKボタンをクリックします。ここでは、幅50・高さ50のタイル数を設定してみましょう。

上の画像のように複製されたレイヤーの画像がモザイク状の画像データに変換されました。

3.モザイクにしたい部分を囲ったオブジェクトでクリッピングマスクを作成する

長方形ツールや楕円形ツールなどオブジェクトを作成するツールを使って、モザイクをかけたい部分を覆うオブジェクトを作成します。ここでは、駅名の部分をモザイクにしてみましょう。

モザイクオブジェクトにした画像とオブジェクトを選択した状態で、画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「クリッピングマスク」の「作成」を選択します。

このとき、モザイクオブジェクトに変換されていない元のデータまで選択しないように気をつけましょう。元データのある背面のレイヤーを一時的にロックをかけておくと、間違って選択するミスが防げます。

クリッピングマスクを作成すると、一部分だけモザイク処理された画像が作成されました。このモザイクはクリッピングマスクで切り抜かれたモザイクオブジェクトのデータを重ねているだけなので、クリッピングマスクのレイヤーを削除すれば、元の画像になります。

この方法を用いれば、モザイク処理をかけていない元データも残した状態で保存できます。

モザイク柄のオブジェクトを作成する方法

最後にデザイン表現に応用した事例の一つとしてモザイクオブジェクトの機能を使って、モザイク柄のオブジェクトを作成する方法について解説します。

1.オブジェクトをラスタライズする

画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「ラスタライズ…」を選択します。ラスタライズの設定パネルで、カラーモードや解像度など各項目の設定を行ったらパネル下部のOKをクリックします。

2.メニュー項目から「モザイクオブジェクトを作成」を選択する

画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「モザイクオブジェクトを作成…」を選択します。ここでは幅10・高さ10のタイル数でモザイクオブジェクトを作成してみます。

3.複数のカラーを使ってモザイク柄にする

モザイクオブジェクトのタイルは、グループになっていますので、これを解除します。タイルのオブジェクトをすべて選択した状態で、画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「グループ解除」を選択するとグループが解除されます。

「グループ解除」を行うと、タイルが一つ一つ選択できるようになるので、複数のカラーをランダムに配置して、モザイク柄を作成します。

上の画像のようなモザイク柄が作成できました。配色が決まらないときは、同系色のカラーでモザイク柄を作成してみましょう。

3.切り抜きたい形のオブジェクトでクリッピングマスクを作成

モザイク柄を星型のオブジェクトで切り抜いてみます。星型のオブジェクトを作成して、モザイクオブジェクトの前面に配置します。この2つを選択した状態で画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「クリッピングマスク」の「作成」を選択します。

上の画像のようにモザイク柄の星型オブジェクトが作成できました。この方法を使えば、モザイク柄をアウトライン化したテキストでクリッピングマスクすることも可能です。

まとめ

モザイクオブジェクトが使えるようになると、画像にモザイク処理を施すことはもちろん、イラスト作成においても表現の幅を増やすテクニックの一つとして役立ちます。本記事を参考にしてIllustratorでモザイクをかける方法を覚えておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。