閉じる

Illustratorで簡単にリボンを作成する方法

Illustratorではツールをいくつか活用することでリボンの形のオブジェクトを作成することができます。今回は、Illustratorでリボンを作る方法を解説します。

カテゴリ: Illustrator

本記事では、Illustratorを使って簡単にリボンを作成する方法について基礎編、応用編、発展編にわけて詳しく解説します。

基礎編:基本のリボンパーツの作り方

基礎編では、基本のリボンパーツの作り方を紹介します。

1.メイン部分の長方形オブジェクトを作成する

画面左側のツールバーから長方形ツールを選択し、リボンのメインの部分となる長方形のオブジェクトを作成します。

2.リボン先端部分の長方形オブジェクトを作成し山形に変形

同様に長方形ツールで、リボンの左側先端部分となる長方形のオブジェクトを作成します。長方形を作成したら左辺中央に、アンカーポイントを追加します。

このとき、辺の上でポインタを動かすと中央の位置で「交差」というガイドが示されますので、その部分を目安にアンカーポイントを追加すると、辺の真ん中にポイントを追加することができます。

次に追加したアンカーポイントを、ダイレクト選択ツールで選択し、右側に移動させることで山形に切り込まれたリボンの先端部分を作成します。

ここでは、便宜上左側の先端部分から作成していますが、もちろん右側から作成しても構いません。

3.リボンの折返し部分に影を付ける

ペンツールを使って、メインのパーツから先端への折返し部分の三角形を作成します。塗りだけで描かれたピンクとブルーのリボンは、折り返し部分を作成したら一段暗いカラーに変更して影をつけます。

4.リフレクトツールを使って反対側にもリボン先端部分を作成

リボンの左側の先端部分のパーツとなるオブジェクトを選択し、コピー&ペーストします。

コピー&ペーストしたオブジェクトを、リフレクトツールを使って垂直軸に左右反転させます。

左右対称になるように右側のリボン先端部分のパーツを位置調整します。コピー&ペーストしたパーツは前面に作成されますので、メインのパーツの背面へ重ね順を変更します。

重ね順は、画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニューの中から「重ね順」にある「最背面へ」を選択することで変更できます。

上の画像のように、リボンが作成できました。このままでも良いのですが、塗りだけで作成されたピンクとブルーのリボンは、もうひと工夫してディティールを作り上げてみましょう。

5.リボンが折り重なっている部分を表現する

塗りだけで作成されたリボンは、折り重なっている部分が上手く表現できていません。そこで、メインのパーツと先端部分を分ける表現を加えていきます。

まず、ペンツールを使って、重なり部分と同じ形状で一回りサイズの大きいオブジェクトを作成します。

次に、リボンの先端部分となるオブジェクトと、重なり部分のオブジェクトを選択し、パスファインダーの「前面のオブジェクトで型抜き」をクリックをして、パーツを切り抜きます。

上の画像のように、ピンクのリボンに立体感が加わりました。ブルーのリボンは、メインのパーツとなる長方形のオブジェクトのからーを少し明るく変更し立体感を出しています。

応用編:リボンの変形・編集

応用編では、リボンの変形・編集方法について紹介します。

ワープを使って変形

変形したいオブジェクトを選択した状態で、画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックします。表示されたメニュー項目の中から、「エンベロープ」にある「ワープで作成…」を選択します。

「ワープで作成…」を選択すると、上の画像のようにワークオプションの設定パネルが表示されます。このパネルでオブジェクトの変形を調整していきます。

パネルにあるスタイルという項目で、様々なワープ効果を選択可能です。

上の画像のようにリボンを変形できました。ここでは、白いリボンでは円弧を、ピンクのリボンでは旗を、ブルーのリボンでは絞り込みを選択してみました。

エンベロープのワープ機能の詳細については下記の記事も参照してください。

▷Illustratorのエンベロープを使ってテキストやオブジェクトを変形させよう!

シアーツールを使って変形

変形したいオブジェクトを選択した状態で、画面左側にあるツールバーからシアーツール(オブジェクトに傾斜をかけるツール)を選択します。シアーツールを選択すると、シアーを設定するパネルが表示されます。ここで、シアーの角度や方向を設定します。

上の画像のように、リボンが変形できました。

自由変形を使って変形

変形したいオブジェクトを選択した状態で、画面左側にあるツールバーから自由変形ツールを選択します。自由変形ツールを選択すると、自由変形ツールのツールボックスが表示されます。このツールボックスから、自由変形、遠近変形、パスの自由変形などを選択し、オブジェクトを変形することができます。

上の画像のように、リボンが変形できました。

自由変形機能の詳細については下記の記事も参照してください。

▷Illustratorの自由変形機能の使い方をマスターしよう!

リボンパーツにテキストを加える方法

1.テキストを作成しオブジェクトに重ねる

リボンにテキストを追加する方法はいくつかありますが、ここでは一番簡単な方法を説明します。まず、テキストを作成し、リボンのメインとなる長方形のオブジェクトに重ねます。

2.リボンのオブジェクトとテキストをグループ化

次に、リボンのオブジェクトとテキストを選択した状態で、画面上部にあるメニューバーからオブジェクトをクリックします。表示されたメニュー項目の中から「グループ」を選択すると、リボンのオブジェクトとテキストがグループ化されます。

3.グループを変形させる

グループ化したオブジェクトを、前述のワープや自由変形ツールなどを使って変形します。テキスト部分を選択ツールでダブルクリックすれば、後から文字を変更することも可能です。

発展編:蝶結びリボンの作り方

発展編では、蝶結びリボンの作成方法について紹介します。

1.長方形のオブジェクトを作成し山形に変形させて先端幅を広げる

長方形ツールで長方形のオブジェクトを作成します。次にオブジェクトの左辺中央にアンカーポイントを追加します。追加したアンカーポイントをダイレクト変形ツールで移動してパーツを山形に変形します。ここまでは、基本編で解説したリボンの先端部分の作成方法と同様です。

蝶結びのリボンを作成する場合は、作成した山形のパーツの先端部分を自由変形ツールで広げます。

ここでは、便宜上左側の先端部分から作成していますが、もちろん右側から作成しても構いません。

2.山形のオブジェクトを上下二枚重ねる

山形に切り込まれた一回り小さいサイズの同様のオブジェクトを作成します。最初に作ったオブジェクトと重ね合わせて左側のリボンパーツを作成します。

3.リフレクトツールで反対側を作成

作成した左側のリボンパーツのオブジェクトを選択し、コピー&ペーストします。コピーしたオブジェクトをリフレクトツールで垂直軸に左右反転させて右側のリボンパーツを作成します。

4.変形ツールで形を調整する

必要があればワープや自由変形ツールなどで、作成したリボンのオブジェクトを変形させます。

5.結び目を作成する

左右のリボンパーツをつなぐ結び目のパーツとなるオブジェクトを作成します。ここではオブジェクトを変形させてから結び目を作成しますが、結び目を作成してから変形を加えても構いません。

6.細部を表現する

塗りだけで作成したパープルとグリーンのオブジェクトは、重なり部分が分かりづらいので、基本編で紹介したようにペンツールでオブジェクトを作成して、カラーの変更で影をつけるといった方法を使って、影やシワ、結び目などがわかるようなディティール表現を加えてきます。

まとめ

リボンは、誕生日や結婚式などお祝いに関するイベント関連の制作物でよく用いられます。また、セール情報やキャンペーンなどビジネスシーンでも役立つ表現です。加えて、タイトルや見出しの装飾としても数多く利用されています。

ここで紹介したリボンの作成方法は代表的な例の一つです。Illustratorの様々な機能を応用することで、様々なバリエーションを作成できますので、本記事を参考にしてまずは基本の作成方法をマスターしておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。