閉じる

Illustratorのスポイトツールを使って画面上の好きな色へ変更する方法

Illustratorには、オブジェクトやテキストの塗りや線のカラー情報や、画像のカラー情報を抽出して、他のオブジェクトに適用できる機能であるスポイト機能があります。スポイト機能を活用することでデザイン制作を効率よく行うことができるので、ここではスポイト機能の使い方を解説します。

カテゴリ: Illustrator

本記事ではIllustratorのスポイトツールの使い方について詳しく解説します。

スポイトツールとは

スポイトツールとはオブジェクトやテキストの塗りや線のカラー情報や、画像のカラー情報を抽出して、他のオブジェクトに適用できる機能です。スポイトツールはアピアランスのカラー設定を抽出するので、パターン柄などを抽出することも可能です。

スポイトツールの使い方

塗りのカラーを抽出する

1.ツールバーからスポイトツールを選択して塗りのカラーを抽出

最初は、わかりやすいように塗りのカラーのみで表現されたオブジェクトを使って説明します。右側のオブジェクトを選択した状態で、画面左側にあるツールバーからスポイトツールを選択して、左側のオブジェクトのカラーを抽出します。

上の画像のように右側のオブジェクトに、左側のオブジェクトの塗りのカラー属性が反映されています。

塗りと線のカラーを抽出する

1.ツールバーからスポイトツールを選択して塗りと線のカラーを抽出

次に、塗りと線のカラー属性のあるオブジェクトを使って説明します。右側のオブジェクトを選択した状態で、画面左側にあるツールバーからスポイトツールを選択して、左側のオブジェクトのカラーを抽出します。

デフォルトの設定では、塗りと線の両方のカラー属性が抽出されるようになっていますので、上の画像のように右側のオブジェクトに、左側のオブジェクトの塗りと線のカラー属性が反映されています。

写真から色を抽出する

1.ツールバーからスポイトツールを選択して写真のカラーを抽出

右側のオブジェクトを選択した状態で、画面左側にあるツールバーからスポイトツールを選択して、左側の写真のカラーを抽出します。

このとき、そのままスポイトを写真の上に持っていっても、カラーを抽出することはできません。Shiftキーを押しながら、写真の該当箇所へスポイトを移動させると、カラーが抽出できます。

ここでは、左側写真に写っている地下鉄の看板サインにある千代田線のテーマカラーをスポイトで拾ってみましょう。

上の画像のように、千代田線のグリーンが右側のオブジェクトのカラーに反映されました。

知っておきたいスポイトツールの設定方法

塗りか線のいずれか一つの属性カラーを抽出する設定

デフォルトの設定では、オブジェクトの塗りと線の両方のカラー属性が抽出されることが前述した通りです。ここからは、オブジェクトの塗りか線のいずれか一つの属性カラーを抽出する設定について解説します。

1.スポイトツールをダブルクリックしスポイトツールオプションのパネルを開く

画面左側にあるスポイトツールのアイコンをダブルクリックすると、スポイトツールオプションのパネルが開きます。このパネルで、スポイトの抽出と適用の設定をします。

2.スポイトツールオプションパネルにある線のチェックを外す

まずは、スポイトで塗りのカラーだけを抽出する設定をしてみましょう。スポイトの抽出の欄にある線のチェックボックスのチェックを外し、パネル右下の「OK」ボタンをクリックします。

3.スポイトツールを選択して塗りのカラーを抽出

右側のオブジェクトを選択した状態で、画面左側にあるツールバーからスポイトツールを選択して、左側のオブジェクトのカラーを抽出します。

左側のオブジェクトの塗りのカラーだけが抽出され、右側のオブジェクトに適用されました。

4.スポイトツールオプションパネルにある塗りのチェックを外す

次に、スポイトで線のカラーだけを抽出する設定をしてみましょう。スポイトの抽出の欄にある塗りのチェックボックスのチェックを外し、パネル右下の「OK」ボタンをクリックします。

5.スポイトツールを選択して線のカラーを抽出

右側のオブジェクトを選択した状態で、画面左側にあるツールバーからスポイトツールを選択して、左側のオブジェクトのカラーを抽出します。

左側のオブジェクトの線のカラーだけが抽出され、右側のオブジェクトに適用されました。

モニターのカラーを抽出する方法

スポイトツールの使い方に慣れてくると、Webブラウザに表示される画像や他のツールで開いている画像などからもカラーを抽出したい状況も出てくると思います。

スポイトツールは、通常はIllustratorの編集画面にある色のみを抽出する機能ですが、下記で紹介する方法を使えば、Illustratorの画面の外にあるカラーも抽出できます。

1.スポイトツールをクリックしたまま画面外へ移動しカラーを抽出

画面左側にあるツールバーからスポイトツールを選択します。マウスやトラックパッドなどをクリックしたまま、スポイトのポインタをIllustratorの画面外へ移動して、抽出したいカラーの部分までドラッグ&ドロップします。

この方法で上の動画のように、Illustratorの画面外のブラウザに表示されている画像のカラーや、Finderの壁紙のカラーなどを抽出できるようになります。

まとめ

デザイン業務では、デザイナー自身が色を選ぶのではなく、クライアントから指定された色を使う状況も多々あります。スポイトツールを使えば、ロゴのカラー、企業カラー、サイトのイメージカラー、スポーツ団体のチームカラーなどを簡単に抽出することが可能です。

CMYKやRGB、HTMLのカラーコードなどから色を指定することも可能ですが、カラー情報の値がわからない時もあります。また、より感覚的に、カラー設定したいケースもあるでしょう。

そんなときに、役立つのが本記事で解説したスポイトツールです。スポイトで自在にカラーを抽出できるようになると、表現の幅や作業効率がアップしますので、使い方をマスターしておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。