閉じる

HubSpotのキャンペーンとは|情報をまとめる理由とキャンペーン作成方法

様々な施策を行なっていく中で情報が機能ごとに分かれてしまう事があります。本来であれば1つの施策のために様々な機能を使用しているはずなのに1つの施策の状況を把握するために様々な機能を横断しなくてはいけません。この状況を改善するためのHubSpotのキャンペーンを紹介していきます。

キャンペーンの一般的な意味は企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセージ・クリエイティブを設定して行う一連の広告宣伝活動や販促活動のことです。
キャンペーンを行う際にはブログや広告、Eメールなどで行なった施策の情報を確認して、施策について検討しなければいけません。
それらの情報は1つのキャンペーンを行うために作成された施策なのにもかかわらず、情報を見る場合は別々の場所に保管されており、ツールや機能を横断しなければいけませんでした。
HubSpotのキャンペーン作成とは同じキャンペーンのために施策された本来別々の場所に存在している情報達を一つの画面内にまとめる事ができ、効率が良くなります。
今回はHubSpotのキャンペーン作成のメリットとやり方を紹介していきます。

HubSpotでキャンペーンをまとめる理由

キャンペーンを行うためにHubSpotはキャンペーンツールを用意しておりブログ記事やFacebookへの投稿などの、キャンペーンのために作成したあらゆるものをモニタリングしたり、タグ付けしたりできる、強力なダッシュボードです。
統合されていないツールは、個々のコンポーネントや測定指標を集中的に管理するには便利ですが、キャンペーンをまとめ、より大きなビジネス目標を管理することには長けていません。
多くのマーケティングツールは互いに連携できないことが多く、マーケティング担当者はマーケティイングキャンペーンの様々な要素をバラバラに管理しています。

HubSpotのキャンペーンツールを使用する事でマーケティングごとに目標の達成状況をはっきりと把握できます。
例えば、集客のキャンペーンを行なったとします。
キャンペーンの施策の中にはブログや、ランディングページ、ソーシャル投稿、広告キャンペーンなどを行なっていたとします。
それらの情報はそれぞれのツールには蓄積されていきます。
いざ、キャンペーンを始めていき、それぞれの施策の情報を確認しながら、どれに注力したほうが良くなるのかを考えるとします。
もし、キャンペーンを作成していない場合は、ブログの情報はこのツールで確認して、ランディングページはあのツールを確認のようにそれぞれのツールを横断し、それぞれの情報を確認して、判断しなければなりません。
この作業は非常に時間の無駄ですし、それらの情報をまとめてレポート作成しといてと言われた際には面倒な作業を行わないといけません。
HubSpotでキャンペーンを作成し、アセットやコンテンツをキャンペーンに関連づけていれば1画面で全ての情報を確認する事ができ、レポートを作成する際にも面倒な作業が入りません。

画像引用:

HubSpot Marketingでキャンペーンを運営

アセットやコンテンツをキャンペーンに関連づける

キャンペーンで情報をまとめるためにはアセットやコンテンツをキャンペーンに関連づける必要があります。
HubSpotのキャンペーンに関連づける事ができる要素はブログ記事、CTA,Eメール、ランディングページ、ソーシャル投稿、ウェブサイトページ、ワークフロー、静的リスト、広告キャンペーンを追加する事ができます。
これらのほとんどのアセットは、それぞれのツールからキャンペーンに関連づける事もできます。

HubSpotのキャンペーン作成方法

HubSpotでキャンペーンを作成してから、関連のあるマーケティング資産やコンテンツを関連づける方法を説明します。
このような関連付けによって、収集したマーケティング活動の有効性を簡単に測定できるようになります。

キャンペーン作成

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [キャンペーン]の順に進みます。

  • 右上にある[キャンペーンを作成]をクリックします。

  • ダイアログボックスで、次のようにキャンペーンを設定します。

  • キャンペーン名を入力します。HubSpotアカウント内の他のユーザーが簡単に理解できる、一意のキャンペーン名にしてください。

  • キャンペーンの色を選択します。これにより、さまざまなキャンペーンを整理して優先順位を付けることができます。
    キャンペーンに関連付けられたすべてのタスクは、マーケティングカレンダーで選択された色で表示されます。
    キャンペーンには他にも予算や説明を追加する事ができます。

  • [作成]をクリックします。

  • 目標を追加

    次に、キャンペーンの目標を追加します。
    右上にある[アクション]ドロップダウンメニューをクリックして、[目標を編集]を選択します。
    キャンペーンの目標を編集が開かれるので、それぞれの項目を入力します。
    入力できる要素を紹介していきます。

  • セッション:
    ウェブサイトページ、ランディングページ、ブログなど、キャンペーンにHubSpotトラッキングコードが含まれるページへのトラフィック。
    注:ユーザーが30分間ページで操作しないと、新しいセッションが開始されます。

  • 新規コンタクト:
    ファーストタッチがこのキャンペーンであった新規コンタクト数。
    注:ファーストタッチがキャンペーン以外であった新規コンタクトは含まれません。

  • 影響を受けたコンタクト:
    ブログの訪問やEメールの開封など、このキャンペーンの1件以上のアセットとエンゲージメントした新規または既存のコンタクトの数。

  • クローズした取引:
    新規コンタクトまたは影響を受けたコンタクトが行った取引の件数。
    これらの取引は、このキャンペーンに固有でない場合があります。

  • 影響を受けた収益:
    成約したすべて取引による売上高合計。
    この売上高は、このキャンペーンに固有でない場合があります。

  • 目標を設定しておく事で、キャンペーンで測定指標の横に表示されます。

    アセットとコンテンツ

    次に、既存のマーケティングアセットやコンテンツ(Eメール、ブログ記事、ランディングページなど)をキャンペーンに追加できます。


  • 右上の[アセットを追加]をクリックします。

  • ダイアログボックスの左側のサイドバーメニューで、キャンペーンに追加するアセットタイプを選択します。

  • ダイアログボックスでは、検索バーを使用して資産やコンテンツを検索できます。

  • キャンペーンに追加する資産またはコンテンツの横にあるチェックボックスを選択します。

  • 完了したら[保存]を選択します。

  • トラッキングURLを作成する

    訪問者がトラッキングURL経由でサイトにアクセスするとHubSpotに情報が提供されるため、マーケティングキャンペーンの効果測定に役立ちます。
    HubSpotトラッキングコードを含むページにキャンペーンから流入するトラフィックを追跡する場合に、トラッキングURLを作成します。
    トラッキングURLとは、標準なURLにパラメーターを付けたもので、訪問者がトラッキングURLからサイトを訪問すると、HubSpot上でそれらのパラメーターの情報が保存されます。


  • 右上の[アクション]>[トラッキングURLを作成]を選択し、右側に表示されたパネルで、トラッキングURLを設定します。

  • ページの有効なURLを入力し、適切なプロコトル(http://またはhttps://)を選択します。
    これは、HubSpotトラッキングコードが埋め込まれているページのURLにすることができます。

  • [UTMキャンペーン]ドロップダウンメニューをクリックし、このトラッキングURLへのアクセスをアナリティクスツール上で分類するためのHubSpotキャンペーンを選択します。

  • [ソース]ドロップダウンメニューをクリックし、トラッキングURLのソースを選択します。
    これは、トラフィックアナリティクスツールなどのアナリティクスの中で、その訪問がどのように分類されるかに影響を与えます。
    選択できるソースの種類は5つあります。

  • Eメールマーケティング:マーケティングEメールでリンクを使用している場合に選択します。

    検索連動型広告:検索連動型広告のキャンペーンでリンクを使用している場合に選択します。

    オーガニックソーシャル:ソーシャルメディアの投稿でリンクを使用している場合に選択します。

    ソーシャル広告:ソーシャル広告のキャンペーンでリンクを使用している場合に選択します。

    他のキャンペーン: カスタムUTMソースを選択して入力します。カスタムソースを使用する場合に最適です。


  • [UTMメディア]フィールドは任意です。
    バナー広告、ソーシャル投稿、Eメールなどの名前を入力します。
    「他のキャンペーン」に分類されるソースについては、特定のキャンペーンにドリルダウンした際にこのメディアが表示されています。

  • [UTM用語]フィールドは任意です。
    PPC広告のキーワードをトラッキングするためにAdWordsやGoogle Analyticsなどのシステムで使用します。

  • [UTMコンテンツ]フィールドは任意です。
    ページに複数の広告があり、それらを区別したい場合に広告の名前を入力します。

  • 「作成」を選択するか、さらに別のトラッキングURLを今すぐ作成する場合は、「保存して新規作成」をクリックします。

    まとめ

    HubSpotでキャンペーンを作成する意味と作成方法を紹介してきました。
    キャンペーンを作成することで同じキャンペーンに関する情報なはずなのに、バラバラの場所で確認しなければいけないという非効率な状況が生まれてしまったり、簡単にレポートを作成する事ができません。
    キャンペーンを作成し、様々なアセットを紐づける事で、1画面でそのキャンペーンに関する情報を確認する事ができます。
    初めに設定しておく事で、その後の業務効率化を見込めます。

    最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
    以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

    この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
    minwebの最新情報をお届けします

    minweb編集部(株)セルリア

    ”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
    企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

    こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

    Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

    ダウンロード資料画像

    Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

    サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。