閉じる

Googleフォームで複数回答が可能な質問作成する方法とその手順

Googleフォームでは、1つの質問に対して複数の回答を選択することができる複数回答可能な質問を作成することができます。Googleフォームのチェックボックスを使用して複数回答可能な質問を作成する方法をご紹介します。

カテゴリ: Googleフォーム

GoogleフォームはGoogleが提供しているフォーム作成ツールで、1つの質問につき1つの回答だけでなく、複数回答が可能な質問を作成することができるのでとても便利です。

複数選択が使用できると、回答数の制限がなくなり質問や回答の幅を広げることができ、ビジネス面でもプライベートでも活用することができるでしょう。

今回はGoogleフォームで複数回答可能な質問を作成する方法とその手順についてご紹介します。

Googleフォームでは複数回答が可能

Googleが提供する無料フォーム作成ツールのGoogleフォームでは、複数回答が可能な質問を作成することができます。

複数回答可能な質問とは、質問に対して当てはまる答えを全て選ぶことができる質問形式のことを指します。

小テストやアンケート、日程調整、応募フォーム、注文フォームなど、プライベートからビジネスまで幅広く活用することができます。

Googleフォームで複数回答が可能な質問を作成する方法

Googleフォームのメジャーな質問形式は以下の画像のようなラジオボタン形式ですが、ラジオボタン形式の質問では複数の回答を選択することができません。

これは、ラジオボタンが複数の選択肢から一つの選択肢を選択する形式の質問だからです。

Googleフォームで複数回答が可能な質問を作成する場合は、チェックボックスとチェックボックス(グリッド)を選択する必要があります。

それぞれの形式で複数回答が可能な質問を作成する方法についてご紹介します。

チェックボックスを選択する

チェックボックスは、当てはまる回答を複数選択することが可能になる質問形式です。
Googleフォームを使用してチェックボックス形式の質問を作成する手順は以下の通りです。

1.Googleトップページ左上のアプリからFoamsを開く

2.「空白」をクリックしてフォームを作成する
「空白」以外にも、「イベント参加者アンケート」や「注文書」などのフォームがあるので、用途に合わせて選択してください。

3.「ラジオボタン」をクリックして質問の形式を「チェックボックス」を選択する

4.質問文と選択肢を入力する

5.必須項目にチェックを入れる 全員に回答してもらいたい回答必須質問にしたい場合は、右下にある「必須」をクリックしてください。

回答必須の質問にしなくてもよい場合は、チェックをしなくて大丈夫です。

また、アンケートなどの場合は、「その他」を追加し、選択肢にないものを書き込めるようにするとよいでしょう。

チェックボックス(グリッド)を選択する

チェックボックス(グリッド)とは、画像のように一行につき複数の回答を選択できる質問形式です。

Googleフォームを使用してチェックボックス(グリッド)形式の質問を作成する手順は以下の通りです。

1.Googleトップページ左上のアプリからFoamsを開く

2.「空白」をクリックしてフォームを作成する
「空白」以外にも、「イベント参加者アンケート」や「注文書」などのフォームがあるので、用途に合わせて選択してください。

3.「ラジオボタン」をクリックして質問の形式を「チェックボックス(グリッド)」を選択する

4.質問文と選択肢を入力する

5.必須項目にチェックを入れる
各行で1つ以上の回答を全員にしてもらいたい場合は、右下にある「各行で1つの回答を必須にする」をクリックしてください。

各行全てに答えてもらいたいという場合以外は、必須にしなくても大丈夫です。

また、1つの列につき1つのみの回答にしてほしいという場合は、右下の「︙」をクリックし、「1列につき1つの回答に制限」を選択してください。

Googleフォームの回答数に上限を設定する方法

Googleフォームで複数選択可能な質問を作る際、複数選択は可能にしたいけれど、回答数に上限を設定しておきたいという場合もあるかもしれません。

チェックボックスやチェックボックス(グリッド)は1つ以上であればいくつでも選択肢を選ぶことができる質問形式のため、回答数を制限したい場合は追加で設定をおこなう必要があります。

Googleフォームの回答数に上限を設定する手順は以下の通りです。

1.Googleトップページ左上のアプリからFoamsを開く

2.上限設定したい質問があるフォームを開く

3.回答の上限設定をしたい質問の右下にある「︙」をクリックする

4.「回答の検証」をクリックする

すると下記画像のように、「選択する最低個数」、「選択する最多個数」、「選択する個数」が表示されます。

5.「選択する最多個数」をクリックする
最低何個以上は選択して欲しいという場合は「選択する最低個数」を、その数字ぴったりの選択数にして欲しいという場合には「選択する個数」を選択してください。

6.回答の上限にしたい数を入力する
今回は3にしましたが、質問に合わせて設定してください。

7.「カスタムエラーテキスト」を入力する
カスタムエラーテキストとは、上限などのルールに満たないような回答数を選んだ場合に、回答者側の画面に表示させる注意メッセージです。

画像のように、「3つまでしか選べません」のようなルールを明記した注意メッセージを入力するとよいでしょう。

Googleフォームの複数回答を集計する方法

Googleフォームで複数回答可能な質問に回答してもらった後は、複数回答を集計する作業が必要になります。

Googleフォームの複数回答を集計する方法について、Googleフォーム上で集計する方法とGoogleスプレッドシートで集計する方法の2種類をご紹介します。

Googleフォーム上で集計する

まず1つ目の集計方法はGoogleフォーム上で集計する方法です。
新しいツールを立ち上げることなく集計することができるので、操作が簡単という特徴があります。

Googleフォーム上で複数回答を集計する手順は以下の通りです。

1.Googleトップページ左上のアプリからFoamsを開く

2.回答を集計したいフォームをクリックする

3.真ん中の「回答」をクリックする

すると下記画像のように回答の内訳が表示されます。

どの選択肢がどの割合で選ばれているかも一目で確認することが可能です。

スプレッドシートで集計する

2つ目の集計方法はGoogleフォームと同様にGoogleが無料で提供している表計算ツールGoogleスプレッドシートで集計する方法です。

Googleフォーム上で集計する方法と比べ、回答された日にちや時間など詳細な情報が分かるのが特徴です。
Googleフォーム上で複数回答を集計する手順は以下の通りです。

1.Googleトップページ左上のアプリからFoamsを開く

2.回答を集計したいフォームをクリックする

3.真ん中の「回答」をクリックする

4.右上にある緑色のGoogleスプレッドシートアイコンをクリックする

5.回答先の選択をして「作成」をクリックする
「新しいスプレッドシートを作成」を選択すると、新規作成されたスプレッドシートに回答の内容が記載されます。

すると下記画像のように回答された時間や回答の内容がスプレッドシートで開かれます。

まとめ

Googleフォームで複数の回答を選択可能な質問を作成する方法についてご紹介しました。

テストやアンケート、日程調査など複数の回答を選択可能な質問を作成したいシーンは多々あると思います。

複数選択可能な質問の作り方をマスターしておくことで、ビジネス面でもプライベートでも役立たせることができるでしょう。

こちらの記事ではGoogleフォームでテストを作成する方法についてご紹介しているので、合わせてご覧ください。
▶Googleフォームでテストを作成・採点する方法と注意点について

                                         

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。