閉じる

Googleスライドにフォントを追加する方法を解説!おすすめフォントや一括変更方法

会議やプレゼンテーションでスライドを作成する際に、フォントは見やすさや出来栄えを大きく左右します。今回はGoogleスライドに新たにフォントを追加する方法や一括でスライドのフォントを変更する方法とあわせておすすめのフォントをご紹介します。

カテゴリ: Googleスライド

スライドの出来栄えを大きく左右するフォントですが、Googleスライドに元々入っている種類だけでは物足りない、という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、Googleスライドに新しくフォントを追加する方法について画像付きで詳しく解説します。
既存のものよりも個性があるので、魅力的なスライド作りに役立つのではないでしょうか。

また、新しく追加可能なフォントの中から特におすすめのものをピックアップしてご紹介します。

一括でスライド内のフォントを変更する方法もあわせて解説するので、Googleスライドをもっと活用するためにぜひ本記事をご活用ください。

日本語フォントを追加する方法

Googleスライドに、日本語のフォントを追加する手順を画像付きで解説していきます。

Googleスライドに日本語フォントを追加する手順

パソコンでGoogleスライドに日本語フォントを追加する方法を解説します。

Googleスライドを立ち上げ、適当なテキストボックスや図形をクリックしてテキストを編集できる状態にします。
下の画像で赤く囲ってあるリボン部分を見ると、フォントが表示されるので(デフォルトだとArial)この赤枠で囲ったフォント部分をクリックします。

クリックするとタブが表示されさまざまなフォントが選択肢として表示されます。
この時1番上に表示される[その他のフォントという部分をクリックします。

追加できるフォントが多数表示されるので、お好みのフォントをクリックして追加してください。

この時にフォントの種類が多すぎて選びにくいという方には、日本語フォントのみに絞り込んで表示する方法がおすすめです。
下の画像で赤枠で示している文字選択の部分をクリックし、日本語を選択することで日本語フォントのみに絞り込むことが可能です。

\

下の画像のように、日本語に対応したフォントのみが表示されます。
右側に日本語の場合どのように表示されるのかを確認することができるため、追加前にイメージを掴むことができます。

3. 元の画面に戻るので、再びフォント選択部分をクリックします

4. 先ほど追加したフォントも表示されるので、これを選択します。

新たに追加したフォントに変更されました。

Googleスライドで使えるおすすめフォント

Googleスライドに追加可能なおすすめの日本語フォントをご紹介します。

実際に使用例を画像でご紹介するので、受ける印象の違いを比べる際にお役立てください。

シンプルな日本語フォント

既存のフォントよりも少し柔らかい印象を与えつつも、派手すぎないシンプルなおすすめフォントは以下の7つです。

ポップな日本語フォント

ポップな印象を与える個性豊かなおすすめのフォントは以下の7つです。

Googleスライドでフォントを削除する方法

Googleスライド内のフォントを削除したい場合の手順をご紹介します。

1. 適当なテキストボックスを選択した状態で、フォント選択部分をクリックします

2. [その他のフォント]をクリックします

3. 右側にマイフォントとして追加済みのフォントが表示されるので、削除したいフォントの横にある×マークをクリックします。

フォントを一括変更する方法

見やすいスライドを作る上で大切なポイントのひとつに、フォントの統一感があります。
ここでは、一括で全てのスライドのフォントを変更する手順をご説明します。

1つのスライド上のフォントを一括変更する

一枚のスライド状のバラバラのフォントを一括で変更する手順は以下の通りです。

1. 「ctrl(⌘)+a」でスライド内の図形やテキストボックスを全て選択する

2. フォント選択部分から変更したいフォントを選びクリックする

下の画像のように、無事全てのフォントが統一されました。

複数のスライドのフォントを一括変更する

複数のスライドのフォントをまとめて変更する手順は以下のとおりです。

1. 画面上部のリボンの中から[スライド]という部分にカーソルを合わせてタブを表示させます

2. [テーマを編集]をクリックします

3.下の図で示した、「テーマ」と書かれたスライドをクリックします

すると自動で作成していたスライドが全選択された状態になります。

4. この「テーマ」と書かれたスライド内のテキストボックスを全て選択します
なお、[クリックしてテーマタイトルの書式設定を編集]の部分を選択してフォントを変更すると、スライドのタイトル部分だけ一括して変更することができます。

5. 通常のフォント変更と同様に、変更したいフォントを選びクリックします

フォントを利用する際の注意点

今回ご紹介した方法で追加できるフォントは全て商業利用が可能なので、お仕事の関係で利用したい方も問題なくお好きなフォントを選ぶことができます。

ただしGoogleスライドのフォントについて注意しておいていただきたいことがあるので、最後にご紹介します。

特定のフォントが置き換わってしまうことがある

いくつかのフォントでは、PDF化や印刷などの処理をおこなうと自動的に他のフォントに置き換わってしまうことがあります。

具体的には、Macの場合「ヒラギノ角ゴ」「ヒラギノ丸ゴ」「ヒラギノ明朝」がそれぞれ「 MS Pゴシック」「MS Pゴシック」「 MS P明朝」にWindowsの場合は「メイリオ」「 MS Pゴシック」に置き換わることが確認されています。

このような置き換えが発生すると、場合によってはデザインやレイアウトが崩れてしまうため注意が必要です。

「M PLUS」という語句が含まれたフォントはこのような置き換えが発生しにくいので、積極的に使ってみても良いかもしれません。

一部のフォントはGoogleスライドでは使えない

Googleスライドに新しくフォントを追加する方法をご紹介しましたが、これは全てのフォントで適用できる訳ではありません。

今回ご紹介したのはGoogleが提供しているその他のフォントの追加方法です。

インターネット上には個性豊かなフォントが配布されているケースもあり、ぜひこれらを利用したいという方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、Google公式のフォント以外は互換性がないケースが多いので、今回ご紹介した中からお好きなものを選ぶのがおすすめです。

また、Googleが公式に出しているフォントでも、日本語に対応していない場合は日本語入力でそのフォントを使用できないので注意してください。

Googleフォントを利用して魅力的な資料を作ろう

スライド作りにおいて非常に重要なフォントは、後から好みのものを追加することでその選択肢を増やすことができます。

スライドを利用するシチュエーションや全体とのバランスを考慮しながら、ぜひフォントにこだわったとっておきのスライドを作成してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。