閉じる

資料の出来栄えを左右する!Googleスライドのページ番号挿入法

ページ番号を表示することで、質疑応答や議論中に「いまどのスライドに対応する話題で話しているのか」を全体で共有しやすくなります。本記事ではページ番号の挿入手順を画像付きで解説するとともに、知っておくと便利なページ番号に関する裏技もご紹介します。

カテゴリ: Googleスライド

スライドにページ番号を表示することで、発表後の質疑応答やディスカッションの際にページ番号を伝えることでスムーズに全体に対して議題を提示することができます。

また番号を表示することでスライド全体のボリューム感を把握しやすく、発表の際の時間配分を考える助けにもなるでしょう。

そこで今回は、Googleスライドの挿入機能を使ってページ番号を表示させる方法を画像付きで詳しく解説します。

また、「ページ挿入機能のないGoogleスライドアプリでページ番号を表示させる方法」や、既存の挿入機能では実行できない「表紙の次のスライドを1ページ目としてページ番号を挿入する方法」など、知っておくと便利なGoogleスライドの裏技ともいえる応用方法も詳しくご紹介します。

PCからGoogleスライドにページ番号を入れる方法

パソコンでGoogleスライドにページ番号を挿入する方法を画像付きでご紹介します。

1.上部にあるリボン内の[挿入]をクリックする

2.タブの中の[スライド番号]をクリックする

3.「オン」の横の◯をクリックする

4.[適用]をクリックする

タイトルのスライド以外にページ番号を挿入する方法

表紙(タイトルのスライド)以外にページ番号を挿入する方法をご紹介します。

基本的な手順は上述した方法と同じですが、以下の画像のように、「オン」の横の◯をクリックした後、[タイトルのスライドを除外する]にチェックをいれてから[適用]をクリックします。

このように、表紙(タイトルのスライド)の次のページからページ番号が挿入されています。
タイトルのスライドのページ番号のみが「非表示」の状態になっているので、タイトルのスライドの次のスライドのページ番号は「2」となります。

選択するスライドのみにページ番号を挿入する方法

一部のスライドにのみページ番号を挿入する方法をご紹介します。

1.ページ番号を挿入したいスライドをCtrlキーもしくは⌘キーを押したままクリックし、選択した状態にします。
下の図では試しに2枚目と4枚目のスライドのみ選択しました。

2. 上部にあるリボン内の[挿入]をクリックする

3.タブの中の[スライド番号]をクリックする

4.「オン」の横の◯をクリックし、[選択したスライドに適用]をクリックする

下の画像のように、選択していたスライドのみにページ番号が挿入されています。

表紙や3枚目、5枚目のスライドにはページ番号が表示されていません。

スマホやタブレットからGoogleスライドにページ番号を入れる方法

スマートフォンやタブレットでGoogleスライドを編集する場合は、Googleスライドアプリを利用されている方も多いかもしれません。

しかし残念ながら、アプリ版のGoogleスライドにはページ挿入機能がないため、先ほどご紹介したようなパソコンと同様な操作をおこなうことはできません。

そのため、普段アプリでGoogleスライドを作成されている方の場合でも、ページ挿入作業だけはパソコンを使用することがおすすめです。

しかしながらどうしてもアプリだけでスライドを完成させなければいけないというケースもあるかもしれません。
そんな時に使える、Googleスライドアプリでページ番号を挿入する方法をご紹介します。

【代替案】もともと挿入されていたページ番号を貼り付ける

既にページ番号が挿入されているスライドからコピーして、挿入したい箇所に貼り付けることでアプリ上でもページ挿入作業をおこなうことができます。

下の画像のように、挿入されたページ番号はテキストボックス形式で数字が入力されています。
クリックして選択しコピーすることができるので、番号が対応するページに貼り付けてください。

一つ一つのページ番号を地道にコピー&ペーストするため少し手間がかかりますが、パソコンで挿入した場合と同じ書体で入力できるため体裁を整えやすいというメリットがあります。

【代替案】テキストボックスで数字を入力する

テキストボックスに数字を入力し1ページごとに手動でページ番号を割り振ることで、挿入機能でページ番号を挿入した場合のデザインに近づけることができます。

地道な作業にはなりますが、挿入する数字のフォントとサイズを統一することがポイントになります。

パソコンが使えない場合の最終手段としてご活用ください。

表紙の次のスライドからページ番号を入れる方法

Googleスライドでは、表紙を0ページ目として次から1、2・・・と番号を振っていくことができません。

先ほど「表紙(タイトルのスライド)を除外してページ番号を挿入する方法」をご紹介しましたが、この場合も表示はされていませんが表紙にも1ページ目として番号が割り振られています。

【代替案1】印刷方法を工夫する

表紙を0ページ目としてページ番号を挿入する機能はありませんが、印刷をする場合にのみ代替案が存在します。

具体的には以下のとおりです。

1.発表に使いたいスライドを「表紙のみ」と「表紙以外のスライド」の2つのファイルに分割する。

1-1. 表紙のスライドをコピーする

1-2.Chrome上の別タブでGoogleスライドを立ち上げ、 新規プレゼンテーションを作成する

1-3. コピーしていた表紙をペーストして挿入する

1-4. 不要なスライドを削除する

2.表紙を印刷する

3.元のプレゼンテーションファイルに戻り、表紙を右クリックし[削除]をクリックして表紙スライドのみを削除します

4.上記で説明した手順と同様にリボン内の[挿入]タブを開き、[スライド番号]からページ番号を挿入します

5.表紙の印刷と同様にリボン内の[ファイル]タブを開き、[印刷]をクリックして印刷します

6.別々に印刷した表紙と表紙以外のスライドを組み合わせる

以上の手順で印刷をすると、表紙の次のページを1ページ目としてページ番号を挿入することが可能です。

印刷して共有する場合にのみ使える代替案ではありますが、どうしてもタイトル以外にページを挿入した資料を作成する必要がある場合にご活用ください。

【代替案2】スクリーンショットを活用する

印刷を工夫して資料を作成する場合と同じ考え方で、パソコンのスクリーンショット機能を活用してページ番号を表紙の次のスライドから挿入する方法を解説します。

1.使いたいスライドを「表紙のみ」と「表紙以外のスライド」の2つのファイルに分割する。(代替案1と手順は同じです)

1-1. 表紙のスライドをコピーする

1-2. 新規プレゼンテーションを作成する

1-3. コピーしていた表紙をペーストして挿入する

1-4. 不要なスライドを削除する

2.表紙のスライドにページ番号を挿入します 手順はこれまでと同様に、[挿入]→[スライド番号]→オンの左横の●を確認し[適用]の順番で操作してください。

3.表紙のスライドをスライドショーで全画面表示し、スクリーンショットで撮影します。
その後不要な部分を写真編集アプリでトリミングします。

スライドショーの状態でスクリーンショットを撮影すると以下のような画像が撮影できます。

余白にあたる黒い部分をトリミングし、以下のような画像を作ります。

4.元のプレゼンテーションファイルに戻り、表紙を右クリックし[削除]をクリックして表紙スライドのみを削除します

5.上記で説明した手順と同様にリボン内の[挿入]タブを開き、[スライド番号]からページ番号を挿入します

6.数ライドショー表示し、一枚ずつスライドをスクリーンショットで撮影します

7.新規プレゼンテーションを作成し、表紙から順番にスクリーンショットを挿入し、スライドサイズにあわせて調整します
このとき「ページ番号を挿入しない」ことがポイントです。

以上のようにスクリーンショットを活用することで、スクリーンやディスプレイに投影しながらの発表においても、表紙の次のページから順にページ番号を表示することができます。
またこのファイルを印刷することで、同様な紙資料を作成することが可能です。

ただしこの方法で注意が必要なのは、「完成したスライドのデザインを後から編集できない」という点です。

一見通常のスライドと同じですが、ここで作成したのは白紙のページに写真が貼り付けられたスライドです。

そのため、通常のスライドのように、文字の大きさやレイアウトを変更したい場合は作成していたスライドの内容を変更し、スクリーンショットを再撮影して発表用のスライドに添付し直す必要があります。

スクリーンショットを活用する場合は、スライドに不備や変更がないか最終確認をした上で作業にとりかかることが大切です。

「マスター編集」を応用してページ番号を入れる方法

Googleスライドには、すべてのスライドに一括で設定や変更を適用する「マスター編集」と呼ばれる機能が備わっています。

この機能を活用することで、より詳細なページ番号の設定をおこなうことができます。

「マスター編集」とは

マスター編集とは「マスタースライド」と呼ばれるスライドを編集することで、すべてのスライドに一括して変更を適用できる機能です。

使用するフォントや色、背景の設定などを一括で設定することができるため、手間なくスライドに統一感を持たせることが可能です。
このマスタースライドは以下の手順で編集することが可能です。

1.上部のリボン内にある[スライド]をクリックする

2.タブの中にある[テーマを編集]をクリックする

3.下の画像で赤枠で示しているスライドがマスタースライドです。
このスライドを編集することで、スライド全体に変更を適用することができます。

ページ番号の位置を変更

マスター編集を活用してページ番号の位置を変更する方法をご紹介します。

1.マスタースライド内のページ番号を示す「#」を選択する

2.お好みの場所に移動する

3.右上の×マークをクリックしてマスター編集を閉じると、変更が反映されています。

同様に、マスタースライド内の「#」のフォントや色を変更すると、すべてのスライドのページ番号に変更が反映されます。

Googleスライドの機能を活用して見やすい資料作りを

ページ番号を挿入することで、発表の後の質疑応答やディスカッションの際に「スライド◯ページ目について質問があります」などと発言しやすく、どこのスライドについて話しているかを全体で共有しやすくなります。

より充実した話し合いにする上で、ページ番号は非常に重要なポイントといえるのではないでしょうか。

ブラウザ版Googleスライドに搭載されている挿入機能を活用することで、ページ番号の挿入や一括編集がスムーズにおこなえるようになります。

既存のGoogleスライドの機能では対応できない場合でも、今回ご紹介した代替案などの空によって理想の状態に近づけられるので、お困りの際はぜひ試してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。