閉じる

Google Meetをスマホで使いたい!初心者向けに徹底的に解説

Google Meetはスマートフォンでも使うことができます。 スマートフォン版Google Meetアプリの使い方を解説します。 Google MeetアプリはiPhoneでもAndroidでも同様に使うことができるので、スマートフォンがあれば誰でも簡単に会議参加できます。

カテゴリ: GoogleMeet

出先から会議に参加する際、PCを持ち歩くのは嫌だという方はいるのではないでしょうか。

しかし、Google Meetはスマートフォンからでも利用することができます。
機能面でもあまり大きな違いはなく、iPhoneでもAndroidでもほぼ同様に使うことができます。

今回は、スマートフォンでのGoogle Meetの使い方を初心者向けに分かりやすく画像を用いて解説します。
スマートフォンでも会議に参加できるようにし、場面に応じて使い分けるようになりましょう。

Google Meetとは

Google Meetは、Googleの提供するオンライン会議ツールのことです。
電波状況が整っていればどこからでも参加することができます。

Google Meetはスマートフォンでも利用可能

Google Meetには、スマートフォンからでも簡単に使うことができます。
スマートフォン版Google Meetアプリは、PCでGoogle Meetを使う際とあまり大きな違いは ありません。

Google Meetをスマートフォンで利用する方法

スマートフォンからGoogle Meetで会議を開催する方法について解説します。

スマートフォン版G-mailやgoogleカレンダーアプリから開催することもできるので、同時に説明していきます。

Google Meetアプリで開催するには

Google Meetアプリで会議を開催する前に、まずGoogle MeetアプリをApp Storeなどからインストールしましょう。

インストールできたら、
・Google Meetにアクセスし、「新しい会議」をタップする

・「会議を今すぐ開始」をタップする

以上で完了です。

会議を開催すると招待に必要な情報も表示されるので、参加者に共有しましょう。

G-mailアプリから開催するには

G-mailアプリから会議を開催するには、
・G-mailにアクセスし、画面右下にある画像赤枠部分をタップします

・開催する日程に予定を入れ、「ビデオ会議を追加」をタップします

・画像赤枠部分の共有をタップすると、ラインやメールで会議に参加するのに必要な情報を共有することができます

googleカレンダーアプリから開催するには

googleカレンダーアプリから会議を開催するには、GmailでGoogleカレンダーにアクセスした後と方法が同じです。

スケジュールにビデオ会議を追加し、会議情報を共有して完了です。

Google Meetアプリの操作方法

Google Meetアプリでの操作方法について解説します。

基本的にPCの場合とあまり違いはありませんが、スマートフォンはPCより画面が小さいのでどこで操作をするか分からなくなるかもしれません。

マイクをミュートとオンに切り替えるには

Google Meetでマイクをミュートにするには、画像左下の赤枠部分をタップします。

画像のように表示されている場合は、マイクがミュートになっています。
マイクをオンにするには再度画像赤枠部分をタップしましょう。

カメラをオンとオフに切り替えるには

カメラをオンにするには、画面右下の赤枠部分をタップします。
画像のように表示されている場合は、ビデオがオフになっています。

オンにしたい場合は再度画像赤枠部分をタップしましょう。

画像赤枠部分の「エフェクト」をタップすると背景をぼかしたりバーチャル背景に設定することができるので、出先で参加する際や自宅を映したくない場合は設定するようにしましょう。

画面共有するには

・画面を共有するには、画像右下の青枠部分をタップしましょう。

・下記画像が表示されるので、「画面を共有」をタップします

・「ブロードキャストを開始」をタップすると参加者全員に自分の画面が共有されます。

Google Meetアプリでの画面共有は通知も含め全て共有されてしまうので、事前に通知を切っておくことがおすすめです。

画面の共有を終了したい場合は、必ず「共有を停止」をタップしましょう。

共有を停止しなければ会議が終了するまでずっと共有されてしまい、共有の停止は忘れる可能性が高いのでよく覚えておきましょう。

Google Meetをスマートフォンで利用するメリット

Google Meetをスマートフォンで使うメリットについて解説します。

機能的にもPCの場合とあまり違いはないので、スマートフォンから会議に参加するのに最適な場面など、説明します。

出先から参加する場合に便利

出先から会議に参加する際、毎回毎回PCを持っていくのは億劫に感じることがあるでしょう。

そのような場合にスマートフォンから会議に参加すると、荷物の負担を軽くできるというメリットがあります。

特に移動中などは、自分のマイクをミュートにしておきビデオもオフにしておけば気軽に会議に参加できるため便利でしょう。

Google Meetアプリでの画面共有では操作方法を教えるのに便利

Google Meetアプリでの画面共有は共有している人が見ているものと同じものが共有されるので、スマートフォンの操作方法などを教える場合にとても便利です。

共有している人が見ているものと同じものが共有されるといっても、通知などは事前に切っておけば問題がないので操作方法を伝えたい場合に便利というメリットがあります。

Google Meetをスマートフォンで利用する際の注意点

Google Meetをスマートフォンで使う場合の注意点について解説します。

スマートフォンからGoogle Meetを利用する場合は出先からのことが多いと予測できるので、気を付けるべき点が自宅からPCで参加する場合と異なることがあるでしょう。

バッテリーや容量に注意する

ビデオをオンにして会議に参加すると特にバッテリーや容量の減りが早くなるので、充電器やモバイルバッテリーは必ず持参するようにしましょう。

万が一忘れてしまった場合は途中で会議を退出することになってしまうので、他の参加者に迷惑をかけないようにするためにも持っていくようにしましょう。

Wi-Fi環境下などの電波環境のよい場所から参加する

出先から会議に参加する場合は、Wi-Fi環境下などの電波環境のよい場所からの参加をおすすめします。

他の参加者の声が聞こえなくなってしまったり、共有されている画面が見えなくなってしまうといったことも起こりうるので電波環境の整っている場所から参加しましょう。

画面共有の停止を忘れないようにする

これはPCの場合でもいえることですが、画面の共有を停止することを忘れないようにしましょう。

特にスマートフォンでの画面共有やPCでの全画面共有の場合は、共有を停止しなければ会議が終わるまでずっと画面が共有され続けてしまいます。

そのため、必ず共有停止ボタンを押すよう意識しておきましょう。

背景をぼかしたり、バーチャル背景に設定する

これもPCの場合でもいえることですが、他の参加者や自分が会議に集中できるように背景設定をなるべくするようにしましょう。

出先で人通りの多い場所から参加する場合や自宅出物が散乱している場合など、きちんとした姿勢で会議に参加するためにも背景を設定し、マナーに気を付ける必要があります。

まとめ

Google Meetは、スマートフォンからでも使うことができます。

スマートフォンからGoogle Meetで会議を開催するにはGoogle Meetから開催する方法だけでなく、G-mailやGoogleカレンダーから開催する方法があります。

どの方法で開催しても会議情報が表示されるので、参加者に共有することを忘れないようにしましょう。

またスマートフォンでのGoogle Meetの操作方法はPCの場合とあまり違いはありませんが、画面共有は全画面を共有する方法しかないことに注意が必要です。

出先で参加するのに便利なGoogle Meetアプリですが、バッテリーや容量に気を付けて、電波環境のよい場所から参加し会議を途中退出しないようにしましょう。

背景をぼかしたり、バーチャル背景に設定するといったマナーに気を付けることを意識することも大切です。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。