閉じる

Google Meetで名前は変更できる?変更できない場合の対処法

Google Meetで会議中に表示される名前を変更するには、Googleアカウントの名前を変更する必要があります。 Googleアカウントの名前自体を変更することで、会議中に表示される名前を変更することができます。 実際にアカウント名を変更する方法について解説します。

カテゴリ: GoogleMeet

Google Meetで名前を変更したいという方はいるのではないでしょうか。

Google Meetで会議中に表示される名前を変更するには、Googleアカウントの名前自体を変更しなくてはなりません。

会議中に表示される名前はGoogleアカウントの名前と紐づいているため、会議ごとに変更することはできません。

今回は、Googleアカウントの名前を変更してGoogle Meetで表示される名前を変更する方法を解説します。

Google Meetでは名前の変更ができる

Google Meetで表示される名前を変更することはできますが、会議ごとに変更することはできません。

Googleアカウントの名前を変更することで、会議で表示される名前を変更することができます。

またGoogleアカウント名と会議で表示される名前は紐づいていることから、会議中に変更することができないことにも注意しておきましょう。

【主催者側】Google Meetで名前を変更する方法

Google Meetで名前を変更する方法について、主催者の方に向けて画像と共に解説します。

Googleアカウントの名前を変更する

Googleアカウントの名前を変更することで、会議に表示される名前を変更することができます。

Googleアカウントの名前を変えるには、まずはGoogleにアクセスして右上の自分のアイコンをクリックしましょう。

「Googleアカウントを管理」をクリックすると、下記画像右の画面が表示されます。

「個人情報」をクリックし、名前の欄をクリックして名前を変更しましょう。

変更ができたら「保存」をクリックして完了です。

別のアカウントを使って会議に参加する

Googleアカウントの名前を変更したくない人は、新たにGoogleアカウントを作成するか別のGoogleアカウントに切り替えることをおすすめします。

新しいアカウントを作成するには、まずGoogleにアクセスして「ログイン」をクリックします。

「アカウントを作成」をクリックして「自分用」か「ビジネスの管理用」かを選択します。

全ての欄への入力が終わったら、「同意する」をクリックして作成完了です。

別のGoogleアカウントを追加するには、まずGoogleにアクセスして右上の自分のアイコンをクリックします。

「別のアカウントを追加」をクリックし、別のアカウントのアドレスとパスワードを入力します。

以上で追加完了になります。

【参加者側】Google Meetで名前を変更する方法

Google Meetで名前を変更する方法について、参加者の方へ向けて解説します。

Googleアカウントの名前を変更する

Googleアカウントの名前を変更するには主催者の場合と同様に、 ・まずGoogleにアクセスする
・自分のアイコンをクリックする
・「Googleアカウントを管理」をクリックする
・「個人情報」をクリックし、名前を変更して「保存」をクリックする
以上で完了です。

会議参加時に名前を入力することができる

参加者の場合は、Googleアカウントにログインせずにブラウザから招待URLをクリックすることで会議参加時に名前を入力することができます。

そのため、Googleアカウントの名前を変更する必要もなく、別アカウントや新規アカウントを作成する必要もありません。

会議中に名前は変更できない?

会議中に名前を変更する必要が出てきたり、変更したくなることもあるかと思います。

しかし会議中に名前を変更することはできません。

そのため、どうしても名前を変更したい場合は一度会議を退出し、名前を変更してから再度会議に参加するようにしましょう。

主催者が名前を変えたくなった場合、会議を一旦終了することになってしまいます。
主催者でも主催者でなくても、事前に自身の名前の確認はしておいた方が良いでしょう。

Google Meetで名前を変更する際に注意しておくべきこと

Google Meetで名前を変更する際に、注意しておくべきことがあります。
それは、Googleアカウント全体の名前が変更されるということです。

Google Meetで表示される名前のみが変更されるのではなく、他のGoogleサービスで表示される名前の全てが変更されてしまいます。

そのため、Googleアカウントの名前の変更は慎重におこなうようにしましょう。

Google Meetで名前を変更できない時の対処法

Google Meetで名前が変更できない場合の対処法について解説します。
いくつかの対処法を把握しておき、きちんと対処できるようにしましょう。

一度Googleアカウントからログアウトをする

原因不明の問題でも、一度Googleアカウントからログアウトをすることで解決することがあります。

そのためまずはGoogleアカウントからログアウトし、名前が変更されるのを待ちましょう。

Googleアカウントからログアウトするには、Googleにアクセスし、右上の自分のアイコンをクリックします。

そして「ログアウト」をクリックすると完了です。

リロードしてみる

リロードをすることでも、問題が解決できるかもしれません。

リロードするとデータを再度読み込むことができるので、名前の変更が適用されるようになるでしょう。

リロードは、画面左上にある画像赤枠部分をクリックするとできます。

少し時間を置いてから再度変更してみる

PCの処理が追いついておらず、名前の変更がすぐに適用されないということも考えられます。

5~10分ほど時間を置き、名前の変更が適用されるのを待ちましょう。

名前を変更するメリット

名前を変更するメリットについて解説します。

個人情報の保護になる

会議参加前にGoogleアカウントの名前を変更することで、不特定多数が参加する会議の際に個人情報を保護することができます。

会議中に個人情報を保護するためにGoogleアカウントの名前を苗字やニックネームにし、会議後すぐにGoogleアカウントの名前を戻すとよいでしょう。

名前を戻すことを忘れないよう注意が必要です。

外国人や社外の人に向けて分かりやすくできる

外国人に向けてローマ字にGoogleアカウントの名前を変更することで、会議を円滑に進めることができるでしょう。

また、社外の人に向けてGoogleアカウントの名前に会社名などを付けることもおすすめです。

参加者に自分が誰でどこの会社の人なのか、分かりやすくすることができます。

出席確認が取りやすくなる

主催者にとっては、きちんとフルネームでGoogleアカウントの名前が設定されていると出席確認が取りやすく便利でしょう。

Googleアカウントの名前をフルネームにしておくと、いちいち主催者が全員誰か調をべる必要がなくなるので、スムーズに出席を取ることができます。

まとめ

Googleアカウントでは、名前の変更ができます。
また、別のアカウントを使って会議に参加することも可能です。

参加者側は会議参加時に名前を入力することもできるので、Googleアカウントの名前を変更する必要がありません。

ですがGoogleアカウントの名前も会議参加時に入力する名前も、会議中に変更することができないことを忘れないようにしましょう。

名前変更は個人情報の保護や外国人や社外の人へ向けて分かりやすくなる、出席確認が取りやすくなるなどのメリットがあるので、ぜひ皆さんも名前変更を活用してみて下さい。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。