記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Google Meetは誰でもできる?アカウントなしで参加する方法

Google Meetでは、Googleアカウントを持っていない人でも参加することができます。 主催者から招待してもらえば、URLから簡単に参加できます。 実際に参加する方法について、画像と共に解説していきます。

カテゴリ: GoogleMeet

Google Meetで会議をする際、招待を受けたけれどGoogleアカウントはなくても参加できるか疑問に思っている方はいるのではないでしょうか。

この記事ではGoogle Meetについてよく分からないという方へ向けて、アカウントなしでも会議に参加する方法やオンライン会議をする際の注意点を解説します。

GoogleMeetはアカウントなしで参加できる?

Google Meetは、Googleアカウントがない方でも会議に参加できるようになっています。

しかし、会議の主催者が無料版のGoogleWorkSpaceを利用している場合はアカウントなしで参加することはできないので注意が必要です。

Google Meetにアカウントなしで参加する方法

実際にGoogle Meetにアカウントなしで参加する方法について解説します。
アカウントなしで参加するには、主に2つの方法が存在します。

URLをクリックして参加する方法

Google Meetでは、会議の主催者から送られた招待メールに記載されているURLをクリックするだけで簡単に参加することができます。
名前を入力して参加リクエストをクリックし、主催者から参加の承認がされたら参加完了です。

この場合、主催者にきちんと分かるような名前にしなければ参加が承認されない可能性があるので注意しましょう。

ブラウザから参加する方法

Google MeetではブラウザでGoogle Meetにアクセスし、会議に参加することもできます。
Googleにアクセスしたら、画像赤枠の部分をクリックします。

画像のようなメニューが出てくるので、Meetをクリックします。

するとGoogle Meetの画面に変わるので、主催者から会議コードやリンクを共有してもらい、画像赤枠の部分に入力して「参加」をクリックしましょう。

簡単に会議に参加することができます。
会議コードとは、会議URLであるhttps://meet.google.com/の後に続く10文字の英字のことです。

PC版とスマートフォン版では参加方法が異なる?

アカウントなしで会議に参加する場合、基本的にはPC版でもスマートフォン版でも方法は同じです。

GoogleMeetに参加できない?注意点と解決策

Google Meetに参加できない場合の注意点や解決策について解説します。

どうしても会議に参加できない場合は、自分の操作が間違っていないかよく確認しましょう。

問題点①会議コードを間違って入力している

主催者が共有してくれた会議コードと自分の入力した会議コードが違っていないか確認しましょう。

会議コードが間違っていると、会議に参加することはできません。

問題点②ネット環境が整っていない

ネット環境が悪いと接続が遅くなり、いつまで経っても参加できない可能性があります。

自宅から参加する場合などは自宅のWi-Fi環境を確認したり、外出先からの参加の場合はWi-Fiがきちんと通っている場所に変えてみるなどしましょう。

問題点③主催者が無料版のGoogleWorkSpaceを利用している

主催者が無料版のGoogleWorkSpaceを利用していると、招待された人はGoogleアカウントがなければ会議に参加することはできません。

主催者に無料版のGoogleWorkSpaceを利用していないか確認するようにしましょう。

しかしGoogleアカウントは誰でも簡単に無料で作成することができるので、アカウントを作成してみることをおすすめします。

Googleアカウントの作成方法

無料でGoogleアカウントを作る方法についてご紹介します。
まずはGoogleにアクセスし、「ログイン」をクリックしましょう。

「アカウントを作成」をクリックします。

プライベート用に利用する場合は「自分用」をクリックします。

全て入力します。

ここで、必須である生年月日と性別は必ず入力するようにしましょう。

プライバシーポリシーと利用規約の内容を確認し、同意する場合は「同意する」をクリックします。

以上で操作は完了です。

GoogleMeetの便利な機能

Google Meetには、無料版でも便利な機能が搭載されています。
アカウントをこれから作成する場合、無料版で試してみてから有料版にアップグレードするなど、お試し感覚で使用することができるのも魅力の1つです。

無料版で使用可能な主な機能を紹介します。

画面共有

Google Meetでは、画面の共有ができます。
画面共有といってもいくつか種類があり、全画面の共有では端末の画面全てが共有されるため、操作方法を共有したい場合に便利です。

ウィンドウの画面共有ではChromeなどのブラウザ一つを共有したい場合に便利です。
タブの画面共有ではChromeなどで開いているタブのうち、一つのタブを共有することができます。

タブ共有では音声も共有できるため、Youtubeなど動画の共有に便利となっています。

画面共有の方法

静止画やwebサイトなどの画面を共有する方法についてご紹介します。

まず共有したい資料を開いておき、Google Meet開始後、画像下にある赤枠の画面共有ボタンをクリックします。

全画面を共有したい場合は「あなたの全画面」を、ウィンドウの画面共有をしたい場合は「ウィンドウ」を、タブの画面共有をしたい場合は「タブ」をクリックします。

画面共有のリクエストが表示されるので、「共有」ボタンをクリックすると共有完了になります。

画面共有を終了したい場合は「共有を停止」ボタンをクリックしましょう。

「共有を停止」ボタンをクリックしなければ、ずっと画面共有がされてしまうので注意が必要です。

音声がある動画などを共有したい場合は、タブの画面共有をおこないます。

静止画などを共有する際と同様にタブの共有画面まで進み、左下の「タブの音声を共有」を有効にしてから「共有」ボタンをクリックします。

動画の共有を終了したい場合はGoogle Meetで「共有を停止」ボタンをクリックするか、動画ページ上部にある「共有を停止」ボタンをクリックすると終了することができます。

動画の共有はPCに負荷がかかるため、カメラをオフにすると画面が正常に共有されます。

Google Meetを利用する際の注意点

Google Meetを利用する際の注意点について解説します。

オンライン会議をおこなう際は、ネットの状態や周囲の状況など会議に参加する環境を整えたりマナーを守るなど配慮が必要になります。
自分だけでなく、他の参加者も気持ちよく会議をおこなうことができるようにしましょう。

ネット環境の整った場所から参加する

オンライン会議には、接続不良により会議を中断させてしまうことのないように電波のよい場所から参加しましょう。

どうしても接続がうまくいかない場合は、カメラをオフにすると改善されることがあるので主催者に相談してからミュートにすることをおすすめします。

背景にも気を使う

背景に人や物が映ってしまうと、自分だけでなく他の参加者の集中を妨げることにもつながります。

そのためモザイクをかけたりバーチャル背景を設定し、参加者全員が快適に会議を進められるようにしましょう。

静かな場所から参加する

会議に参加する際は、自宅や人のあまりいないカフェなど静かな場所から参加しましょう。

しかし、自宅でも騒がしい場合や外出先など人混みのある場所からやむを得ず参加する際はミュート機能を使いましょう。

事前に主催者に相談するなどしてミュート機能を使い、会議を円滑に進められるようにしましょう。

会議には充分余裕を持って参加する

オンライン会議の場合も、対面での会議と同様に会議開始の10~15分前には入室しておくようにしましょう。

大人数での会議の場合は一斉に会議に入室しようとして接続が悪くなってしまうことも考えられるので、余裕を持って早めに入室しておくことがおすすめです。

自分の名前を適切に設定する

会議参加者全員が分かるよう、自分の名前は適切に設定します。

出欠確認だけでなく部外者がいないことも瞬時に確認できるよう、フルネームで設定しておくことがよいでしょう。

バッテリーにも気を付ける

オンライン会議ではカメラをオンにしたりすると、バッテリーの消費が早くなってしまいます。

そのため外出先から会議に参加する方は、事前に充電を満タンにしておいたり持ち運びバッテリーを持参しておくと安心でしょう。

まとめ

Google Meetには、Googleアカウントなしでも参加することができます。

参加方法としては、招待メールにあるURLをクリックして参加する方法とGoogleブラウザから会議コードやリンクを入力して参加する方法があります。
どちらも簡単にできるので、初心者の方でも今すぐ参加することができるでしょう。

どうしても会議に参加できない場合は、会議コードが正しく入力されているかなど確認しましょう。

また、主催者が無料版のGoogleWorkSpaceを利用している場合はGoogleアカウントがなければ参加できないので注意が必要です。

時間厳守やネット環境、背景にも気を付けるなどマナーを守って会議に参加するようにしましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。