閉じる

Google Meetの使い方 はじめての人にも分かりやすく徹底解説

Google Meetとは一体何なのか?Google Meetの便利な機能や有料版と無料版の違いなど、分かりやすくご紹介します。 この記事を読めば、誰でも簡単に今すぐGoogle Meetが使えるようになります。

カテゴリ: GoogleMeet

仕事がテレワークへと移り変わったという方はたくさんいるのではないでしょうか。
その中で、オンライン会議は欠かせないものとなっています。

この記事では、「Google Meetとは一体何なのか知りたい」「オンライン会議ツールは色々あって何を使ったらよいか分からない」という方のために分かりやすくご紹介していきます。

Google Meetとは?

Google Meetとは、Googleが提供しているオンライン会議ツールです。
2020年5月以降、無料でもGoogleアカウントを取得しているユーザーの利用ができるようになりました。

Wi-Fi環境下や有線LANにすることで自宅や外出先から音声・ビデオ通話ができ、会議に参加することができます。

Google Meetを使ってできること

Google Meetでは、音声やビデオ通話で気軽に会議やコミュニケーションが取れることの他に、コミュニケーションをより円滑にする機能が備わっています。

Google Meetの主な機能をご紹介します。

招待機能

Google Meetでは自分の会議に人を呼ぶことのできる招待機能があります。

登録しているアドレスから自動で招待メールを送ることも可能なので、余計な手間をかけず簡単に会議を行うことができます。

音声通話・ビデオ通話

目的に応じて音声・ビデオ通話どちらでも行うことができます。
外出先などWi-Fiの無い場所から会議に参加したい場合には音声通話が便利です。

音声通話では30時間で1GBほど消費することになりますので、気軽に会議に参加できるでしょう。
自宅など電波環境の整っている場所からの参加では、相手の顔も見れるビデオ通話がおすすめです。

チャット機能

チャット機能もついているため、参加者にファイルなどを共有することができます。

しかし、複数人で通話をしている際には特定の人だけにメッセージを送ることはできないので注意しましょう。

画面の共有

自身の画面を相手に見せながら説明やプレゼンなどが可能な画面の共有という機能も備わっています。

画面の共有には、共有したサイトや動画のみの共有や主催者の画面全てを共有できる全画面の共有があります。

自身のタイミングやデスクトップの環境に応じて使い分けることが可能です。

通話の録音・録画

通話中に録音や録画をすることもできます。

ただし、Google Meetで録画を行う際にはBusiness Starterプラン以外の有料版でなければできないので注意が必要です。

無料で録画をするにはデバイスの画面録画機能を使うことで録画が可能になります。
Google Meetでの録画と異なるところは、自分で録画を停止しなければならないところです。

録画を停止しなければ、その後の操作まで録画され続けてしまいます。

招待機能

Google Meetでは、Googleアカウントを持っていない人でも会議に参加ができる「招待機能」が備わっています。

招待機能にはカレンダーから招待する方法やGmailで招待する方法があります。
また一部のプランでは、進行中の会議から電話をかけて招待することもできます。

有料版と無料版の違い

Google Meetには有料版と無料版があります。

有料版と無料版では時間制限や参加人数、Googleドライブストレージに差があり、会議の録画やアンケート、ノイズキャンセリング、ブレイクアウトルーム機能が無料版ではできません。

無料版でも十分に会議を進めることができますが、大人数での会議を頻繁に行う場合などには有料版を考えてみるのもよいでしょう。

Google Meetを使用するメリット

Google Meetを使うメリットについてご紹介します。

Google Meetは他のオンライン会議ツールと比べてセキュリティ面やGoogleの提供するサービスとの連携の観点から、初心者の方にも使いやすいなどのメリットがあります。

Googleアカウントを持っていればOK

Googleアカウントさえあれば、いつでも会議をスムーズに行うことができます。

現在ではGoogleアカウントを持っている方は多いので、多くの人が気軽に会議を行うことができるでしょう。

Googleアカウントがない方でも招待してもらえば会議に参加することができるので、Google Meetははじめての方にも使いやすいといえるでしょう。

無料版でも複数人で60分の使用が可能

無料版でも100人までは60分の使用が可能となっています。

2人で行う場合は24時間の使用が可能になっています。 無料版でも会議を十分に進めることができるでしょう。

また60分で終わらせるようにすることで、長々と会議をすることがなくなり効率がよくなるということもいえるでしょう。

セキュリティ

他社のサービスと比較しても、徹底したセキュリティ対策がGoogleでは行われているのでより安心して会議を進めることができます。

トップ企業を含む多くの企業から信頼されており、秘匿性の高い会議を行うことができるでしょう。

Googleによると会議コードが総当たりに推測されないよう長くされていたり、会議の主催者が参加者のミュートや削除を行えるなど徹底した安全対策を行っています。

 

Google Meetを使用するデメリット

Google Meetにもデメリットが少なからず存在します。
しかし、解決できるので心配する必要はありません。

ミーティングのグループ分けができない

会議の参加者を少人数のグループに分けて会議をおこなえるようにする機能をブレイクアウトルームと言いますが、Google Meetにはブレイクアウトルームの機能がはありません。

そのため複数のミーティングを開催する必要があります。

しかしブレイクアウトルームに似たような、開催者による複数ミーティングの同時開催ができるため心配はいらないでしょう。

開催者がGoogleアカウントを持っている必要がある

Google Meetで会議を行うにはホストがGoogleアカウントを持っておく必要があります。

参加するだけの場合はいりませんが、自分で開催する場合はアカウントを作成しておかなければなりません。

Google Meetの使い方【PC編】

PCでGoogle Meetを使う方法についてご紹介します。

Google Meetを使うには、Google Meetにアクセスして会議を始める場合とカレンダー、またはGmailを利用する場合で異なっています。

Google Meetを利用する場合

Google Meetにアクセスして会議を始める方法はとても簡単です。
ここでは今すぐ会議を始める方法について説明します。

今すぐ会議を始めたい場合は、
・Google Meetにアクセスする
・「新しい会議を作成」をクリックする
・「会議を今すぐ開始」をクリックする
以上で完了となります。

Googleカレンダーを利用する場合

Google MeetをGoogleカレンダーから主催するには、
・Googleカレンダーにアクセスする
・「作成」をクリックして予定を作成する
・その他のオプションをクリックする
・会議名や日時、参加者などを編集したら「ビデオ会議を追加」をクリックして保存する
以上で参加者に招待メールとURLが送られます。

Gmailを利用する場合

Google MeetをGmailから主催するには、
・Gmailにアクセスする
・画面左下に表示されている「▼会議」メニューの中にある「会議を新規作成」をクリックする

・「今すぐ参加」をクリックする

以上で完了です。

「招待状を送信」をクリックすることで、参加者に会議のリンクを送ることができます。

Google Meetの使い方【スマートフォン編】

スマートフォンでGoogle Meetを使用する方法についてご紹介します。

PCでの場合と同様に、Google Meetにアクセスして会議を始める場合とカレンダー、またはGmailを利用して始める場合があります。

スマートフォンの場合でも同様にGoogleアカウントが必要なので、事前に作成しておきましょう。
また、Google MeetやGoogleカレンダー、Gmailのインストールも済ませておきましょう。

Google Meetを利用する場合

Google Meetアプリにアクセスして今すぐ会議を始める方法について説明します。

今すぐ会議を始めるにはPCの場合と同様に、
・Google Meetアプリを開く
・「新しい会議」をタップする

・「会議を今すぐ開始」をタップする

以上で完了となります。

Googleカレンダーのアプリを利用する場合

Google MeetをGoogleカレンダーから主催するには、
・Googleカレンダーアプリを開く
・画面右下の「+」をタップして「予定」をタップする

 

・会議名や日時、ゲストなどを編集し「ビデオ会議を追加」をタップしたら画面左上の「保存」をタップして保存する

以上で参加者に招待メールとURLが送られます。

Gmailを利用する場合

Google MeetをGmailから主催するには、
・Gmailアプリを開く
・画面右下に表示されている「Meet」をタップする

・Google Meetアプリが立ち上がったら、「新しい会議」をタップする

・「会議を今すぐ開始」をタップする

以上でURLを参加者に共有でき、会議を始めることができます。

自分以外が開催者のGoogle Meetに参加する方法

自分以外が開催者の場合にGoogle Meetに参加する方法をご紹介します。

自分以外が開催者の場合は自分が開催するよりも簡単に会議に参加でき、基本はPCもスマートフォンも同じです。

URLから参加する

会議の開催者から共有されたURLをクリックし、あとは画面の手順に沿ってクリックしていくことでとても簡単に会議に参加することができ、スマートフォンの場合も同じです。

Google Meetから参加する

Google Meetから自分以外が開催者の会議に参加するには、Google Meetにスケジュールされている予定の中から会議を選び「今すぐ参加」をクリックすると参加できます。

会議コードやリンクを入力して会議に参加するには、「コードまたはニックネームを入力」という部分に会議コードを入力すると参加できます。

会議コードとは、会議リンクの末尾にある「〇〇〇‐〇〇〇〇‐〇〇〇」となった文字列のことです。

こちらもスマートフォンの場合と手順は同じです。

Gmailから参加する

Gmailを利用して自分以外が開催者の会議に参加するには、
・Gmailにアクセスする
・画面に表示されている「▼会議」メニューから「参加予定の会議」をクリックする。

 スマートフォンの場合は「Meet」になっています。

・共有されている会議コードを入力して「参加」をクリックする
・「今すぐ参加」をクリックする
以上で完了です。

Googleカレンダーから参加する

 

Googleカレンダーを利用して会議に参加する場合は、
・Googleカレンダーにアクセスする
・予定されているスケジュールをクリックする

・「Google Meetに参加する」をクリックする

以上で完了になります。

Google Meetの便利な機能

Google Meetで使える便利な機能についてご紹介します。

Google Meetでは背景の設定や参加者の強制ミュート、ホワイトボードの使用ができます。
また、有料版ではアンケート機能を利用することもできます。

実際のやり方も解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

背景を仮想背景に設定できる

Google Meetでは、背景を任意の画像にすることや動画にすること、そしてぼかすことができます。

しかし、現在では動画や画像に背景を設定するにはChrome M87 +が必要となっていますので、Chromeの更新をしておきましょう。

通話中と通話前それぞれの場合で背景を設定する方法をご紹介します。

通話中に背景を設定する方法

通話中に背景を設定するには、
・画面下に表示される「︙」をクリックする

・「ビジュアル エフェクトを適用」をクリックする

・背景を設定するためのエフェクトが出てきたら「エフェクトなし/ぼかし」から背景をぼかす 「エフェクトなし/ぼかし」の中央のアイコンで少しぼかすことができ、右のアイコンで完全にぼかすことができます。

・「背景」からは任意の画像や仮想背景を設定することができ、任意の画像にしたい場合は、上記画像の「背景」メニューの左上の枠をクリックすることで画像をアップロードできます。

スマートフォンの場合も同様に、セルフビューにある「エフェクトアイコン」から背景を設定することができます。 

背景を設定すると、自動的にカメラがオンになってしまうので注意しましょう。

通話前に背景を設定する方法

通話中に背景を設定するには、
・Google Meetで「会議を開始」をクリックし、セルフビューを表示する
・画面右下に表示される「エフェクトアイコン」をクリックする

・「設定のプレビュー」の右側に表示されるエフェクトから任意の画像や仮想背景、ぼかしを選択する(具体的な設定方法は通話中と同じです。)

スマートフォンの場合も同様に、セルフビューにある「エフェクトアイコン」から背景を設定することができます。 

他の参加者の強制ミュート

Google Meetには、主催者が参加者のことを強制的にミュートすることができる機能があります。
PCでミュートにする方法と、スマートフォンでミュートにする方法をご紹介します。

PCで他の参加者を強制ミュートする方法

PCで強制ミュートをするには、
・ユーザーの画像にカーソルを合わせる
・マイクのアイコンをクリックする
マイクのアイコンに斜線がかかっていれば完了です。

画面右下の「ユーザーアイコン」から全員の音声をミュートすることもできます。

スマートフォンで他の参加者を強制ミュートする方法

スマートフォンで強制ミュートをするには、
・画面左上の会議名をタップする
・「ユーザー」をタップし、参加者の横にある「︙」をタップする(「全員の音声をミュート」を タップすると参加者全員の音声をミュートすることができます)
・マイクのアイコンをタップする
マイクのアイコンに斜線がかかっていれば完了です。

ホワイトボードを使用する

Google Meetではホワイトボードを使用、共有することができます。

ホワイトボードを使用するには、
・会議画面を開いたら画面右下の「︙」をクリックする
・「その他のオプション」画面が開いたら「ホワイトボードJamを開く」をクリックする
・「新しいホワイトボードを開始」をクリックする
Chromeの新しいウィンドウで「Google Jamboard」が開いたら完了です。

ホワイトボードを共有するには、
・会議画面を開いたら画面右下の「画面を共有」をクリックする
・「タブ動画やアニメーションに最適」をクリックする
・「Chromeタブの共有」画面が開いたら「Google Jamboard」をクリックし、画面右下の「共 有」をクリックする
以上でホワイトボードが共有されます。

アンケート機能を使用する

Google Meetの一部の有料版ではアンケート機能を利用することができます。

アンケート機能を使用するには、
・会議画面右下のアクティビティアイコンをクリックし、「アンケート」をクリックする
・「アンケートを開始」をクリックする
・質問を入力したら回答の選択肢を追加する
以上で完了です。

「アンケートを締め切る」をクリックするとアンケートを終了できます。

アンケートを投稿する場合は「公開」をクリックしましょう。
後で公開する場合は「保存」をクリックしましょう。(通話後にアンケート結果が会議の管理者にメールで送られてきます。)

Google Meet録画機能の使い方

Google Meetの有料版で録画をすることもできます。

しかし、Business Starterプランでは利用できないので注意しましょう。
また、どうしても無料で録画をしたい場合はPCやスマートフォンにもともと備わっている画面録画機能を利用するとよいでしょう。

Google Meetで録画をするには、会議画面右下の「︙」をクリックし、「ミーティングを録画」をクリックすると録画ができます。

録画を終了する場合は「︙」をクリックし、「録画を停止」をクリックしましょう。
録画データはGoogleマイマイドライブに保存されます。

まとめ

Google Meetでできることや使い方、メリットなどについてご紹介してきました。

Google MeetはGoogleカレンダーやGmaiから利用することもできます。
また、Googleアカウントがない方でもURLから参加することができるので初心者の方にも使いやすいでしょう。

無料版でもチャットや画面共有などの機能がついているため、十分に会議を行うことができます。

ぜひみなさんもGoogle Meetを使ってオンライン会議を快適にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。