記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Google Meetで画面を共有する方法とは?デバイス別に解説

Google Meetでは画像や話者の画面、動画などを共有することができます。 資料提供の他にも操作の方法など、オンラインでも伝えることができとても便利です。 今回は画像を用いて初心者にもわかりやすく解説します。

カテゴリ: GoogleMeet

近年、テレワークなどで自宅から会議に出席する機会が多くあると思います。
この記事では会議の際に役立つ、Google Meetでの画面共有の方法についてご紹介していきます。

会議を円滑に進めるためにも、ぜひこの記事を参考にしてください。

Google Meetで画面を共有する方法【PC編】

Google Meetで画面を共有すると会議などが効率よく進み、説明がしやすくなるなどメリットがたくさんあります。
画面共有の種類や静止画や動画をPCで共有する方法をご紹介します。

画面共有にはいくつか種類がある

まず、画面共有には全画面の共有、ウィンドウの画面共有、タブの画面共有があるため、用途に応じて使い分けることが可能です。

全画面の共有では端末の画面全てが共有されるため、操作方法を共有したい場合に便利です。
ウィンドウの画面共有ではChromeなどのブラウザ一つを共有したい場合に便利です。

タブの画面共有ではChromeなどで開いているタブのうち、一つのタブを共有することができます。
タブ共有では音声も共有できるため、Youtubeなど動画の共有に便利です。

静止画やWebサイトなどの画面を共有する場合

静止画やwebサイトなどの画面を共有するには、まず共有したい資料を開いておきます。

Google Meet開始後、(画像1)下部にある赤枠の画面共有ボタンをクリックしましょう。

(画像1)

全画面を共有したい場合は「あなたの全画面」を、ウィンドウの画面共有をしたい場合は「ウィンドウ」を、タブの画面共有をしたい場合は「タブ」をクリックします。

(画像2)

画面共有のリクエストが表示されるので、「共有」ボタンをクリックすると完了です。

(画像3)

画面共有が完了するとGoogle Chromeからメッセージがきます。

(画像4)

画面共有を終了したい場合は「共有を停止」ボタンをクリックしましょう。

(画像5)

「共有を停止」ボタンをクリックしないと、ずっと画面共有がされてしまいますので注意が必要です。

音声がある動画などの画面を共有する場合

音声がある動画などを共有したい場合は、タブの画面共有をおこないます。

静止画などを共有する際と同様にタブの共有画面まで進み、(画像6)左下の「タブの音声を共有」を有効にしてから「共有」ボタンをクリックしましょう。

(画像6)

動画の共有を終了したい場合はGoogle Meetで「共有を停止」ボタンをクリックするか、動画ページ上部にある「共有を停止」ボタンをクリックすると終了することができます。{(画像5)参照}

動画の共有はPCに負荷がかかるため、カメラをオフにすると画面が正常に共有されるでしょう。

Google Meetで画面を共有する方法【iPhone編】

iPhoneでの共有の仕方をご紹介します。

現在はスマートフォンでも簡単に画面の共有ができるので、ぜひみなさんも試してみてはいかがでしょうか。

静止画やWebサイトなどの画面を共有する場合

Google Meetアプリを開きましょう。
テレビ会議に参加し、「画面を共有」をタップします。

(画像7)

続いて「ブロードキャストを開始」をタップします。

(画像8)

これでスマートフォンでの画面共有は完了です。
画面共有を停止したい場合は、「ブロードキャストを停止」をタップして完了です。

(画像9)

PCの際と同様に、画面共有の切り忘れには注意しましょう。

スマートフォンでの共有では、画面に表示されているすべてのものが共有されてしまいます。
PCのようにウィンドウ固定ができません。
通知もすべて見られてしまうため、通知をOFFにしておきましょう。

音声がある動画などの画面を共有する場合

音声がある動画を共有したい場合も静止画などを共有する場合と同様です。
上記の方法を参考にしてみてください。

Google Meetで画面を共有する方法【Android編】

Androidでの共有の仕方をご紹介します。

iPhoneでの共有の仕方と似ていますが、「ブロードキャスト」ではなく「共有」と表示されます。
その他はiPhoneでの共有の仕方と同じなので、上記の方法を参考にしてください。

画面共有のみでGoogle Meetに参加する場合

Google Meetでは画面共有のみで参加することもできます。

上記で説明したPCやスマートフォンでの共有の方法とほとんど変わりはありません。
ミーティングに参加または開始したら、「画面共有」をクリックまたはタップします。
ウィンドウやアプリケーションを選び、「共有」をクリックまたはタップして完了です。

この際も、最後に共有を停止することを忘れないようにしましょう。

主催者が画面共有を禁止にできるプランも

主催者が画面共有を禁止にすることもできます。

定期的に設定されている会議で画面共有を禁止にすると、次の会議の際にも禁止されるようになります。
即席の会議の場合では会議終了後に画面共有の禁止が解除されます。

画面共有ができない時の対処法

画面共有ができない際は、「再起動」や「設定」で改善される場合やPCなどを最新のものにすると改善する場合があります。

画面が共有されないさまざまな場合と対処法をご紹介します。

Google Meetを再起動する

Google Meetを再起動してみましょう。

一度Googleアカウントをログアウトし、もう一度ログインすると改善されることがあります。

使用しているデバイスを再起動する

ご使用のデバイスを再起動しましょう。
デバイスになんらかのエラーなどが発生し共有ができていない場合、改善することがあります。

通信環境を確認する

画面共有は通常の場合よりもデバイスに負荷がかかり、回線速度が比較的遅くなってしまいます。

そのため通信環境のよい場所で画面共有をおこなったほうがよいでしょう。
通信環境が悪い場合、画面共有をオフにすると改善される場合もあります。

対応しているブラウザか確認する

ブラウザが画面共有に対応していないと、色々な対処法を試してみても一向に共有されることはありません。 
共有したいブラウザが共有に対応しているかどうか、よく確認しましょう。

画面共有でよくあるトラブルと対処法

面共有でよく起こるトラブルとその対処法についてご紹介します。
Google Meetの運営側に問題がある場合もあるので、その際は運営側の解決を待ちましょう。

また利用者数の集中のせいでサーバーへアクセスが集中していると、ユーザー側に問題がなくても不具合が生じることもあるためその際は時間を少し置いてからおこなうようにしましょう。

タブをたくさん起動しない

多くのサイトやブラウザを開きながらミーティングをおこなっていると、一つの動作に時間がかかってしまいミーティングが進められなくなることがあります。

パソコンの容量を消費することにもつながりますので、できるだけタブをたくさん起動しないようにしましょう。

画質を下げる

ミーティングにカメラオンの参加者が多くいる場合は、画質を下げることも対処法の一つです。
大勢が参加するミーティングでは大きな通信量が発生してしまいます。

Google Meetではそうした通信量の負担を下げるために画質を調整し、解像度を下げる機能があります。

画質を下げるには、まずビデオ会議を開始する必要があります。
ビデオ会議に参加したら、(画像10)下部のメニューアイコン「︙」をクリックします。

(画像10)

「設定」をクリックし、「動画」を選択すると解像度の変更ができます。

(画像11)

(画像12)

Google Meetでは送信時と受信時どちらも設定することができます。

(画像13)

(画像14)

信時の「標準解像度(360p)、動画は一度に1本のみ」は話している人のみを写し、他者のカメラをオフにするという意味になります。

使用していないアプリケーションは閉じる

使用していないアプリケーションは閉じましょう。

多くのアプリケーションやブラウザを開きながらミーティングをおこなっていると、使用していないアプリケーションなども動き続けてしまいGoogle Meetが重くなったり固まったりしてしまいます。
タブをたくさん起動しないことと同様に、使用していないものは閉じるようにしましょう。

バージョンを最新の状態に保つ

バージョンを最新に保っておくこともトラブル解消になります。
Google Meetアプリなどのバージョンが古いと、動作が重くなってしまいます。

しかし、最新バージョンにアップデートしてもトラブルが解消されない場合はGoogle Meetアプリ自体を再インストールしてみてもよいでしょう。

まとめ

Google Meetの画面共有は、会議やプレゼンテーションだけでなく普段のコミュニケーションをより円滑にできる便利な機能です。
画面共有にはいくつか種類があるので、状況に応じて適切に使い分けることをおすすめします。

また、画面共有の際には通信速度などが比較的遅くなる傾向にあります。
事前に通信環境などを確認しておくことは、ビジネスシーンなどでの使用する場合にとても重要です。

共有方法やデバイスによっては意図しない箇所まで共有されてしまうことがあるので注意しておいた方が良いでしょう。

Meetの画面共有機能のメリットやデメリットを理解し、より自由なコミュニケーションツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。