記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Google Keepをスマートフォンやタブレットのウィジェットに設定する方法

AndroidやiOSはアプリを立ち上げることなく必要な情報をチェックできるウィジェット機能があります。Google Keepをウィジェットに登録すると一目ですぐメモを確認できます。今回はGoogle Keepをウィジェットに登録する方法を解説します。

カテゴリ: Google Keep

AndroidやiPhoneには、スマートフォンやタブレットのホーム画面の利便性を大きく向上させるウィジェットという機能があります。

ウィジェットとは、アプリを立ち上げることなく必要な情報をチェックできる機能で、Google Keepのアプリをウィジェットに設定すれば、わざわざアプリを開かなくても、このように作成したメモをホーム画面から確認することが可能です。

Google Keepをウィジェットに設定できればとても便利なので、今回はGoogle keepアプリをウィジェットに設置する方法を解説します。

AndroidやiPhoneに搭載されている「ウィジェット機能」とは

ウィジェット機能とは、AndroidやiPhone特有の機能で、アプリを立ち上げることなく必要な情報をチェックできる「ショートカット」のような機能を指しています。

例えば、ニュースアプリのウィジェットだったらアプリを立ち上げることなくニュースが確認できますし、天気アプリだったらアプリを開くことなく天気情報を確認できるようになっています。

ウィジェットはホーム画面の機能を大きく向上させるものであり、アプリを立ち上げなくてもホーム画面を見るだけで必要な情報をチェックできるので、とても便利です。

もともとウィジェットは、Androidにあった機能でしたが、iOS14以降ではiPhoneでもウィジェットが利用できるようになっているため、現在ではAndroidとiPhoneの両方でウィジェットを使うことができます。

Google Keepをウィジェットに設定すると良い理由

Google Keepアプリを使っているのであれば、ウィジェットにGoogle Keepを設定するのがおすすめです。
なぜなら、ウィジェットにGoogle Keepを設定すれば、スマートフォンやタブレットの電源をつけるだけでメモをチェックできるからです。

ホーム画面にメモの内容をチェックできるGoogle Keepのウィジェットがあれば、わざわざアプリを立ち上げてメモを確認する必要がありませんし、メモしたこと自体を忘れるということもありません。

また、サッとメモを確認できるので、買い物や家事をしていてもメモをチェックできますし、プライベートだけでなくビジネスにも有効です。

iPhoneでGoogle Keepをウィジェットに設定する方法

iPhoneでGoogle Keepをウィジェットに設定するには、まずホーム画面を左にスワイプします。 すると、ウィジェットの編集画面が表示されます。

「編集」をタップします。

「カスタマイズ」をタップ。

ウィジェットの追加画面が表示されます。
Google Keepのウィジェットを追加するには、「+Google Keep」をタップします。

追加したら、右上の「完了」をタップ。

Google Keepのウィジェットが追加できました。

ウィジェットの右上をタップすると、Google Keep内のメモが表示されます。

その下に並んでいるアイコンをタップすると、Google Keepのアプリが立ち上がってメモを作成することができます。

AndroidでGoogle Keepをウィジェットに設定する方法

AndroidでGoogle Keepをウィジェットに設定する場合は画面を長押しします。
するとホーム画面を編集するメニューが表示されるので、「ウィジェット」をタップします。

設定できるウィジェットが一覧で表示されるので、その中からGoogle Keepのウィジェットを探します。

Google Keepのウィジェットには、2種類あります。

1つ目が、タップしてメモの作成画面が開けるアイコン形式のウィジェットです。
このウィジェットを追加すると、作成画面が開けるアイコンが追加できますが、メモ自体は追加できません。

2つ目が、メモの作成画面が開けるアイコンと作成したメモがセットになっているウィジェットです。
追加すると、作成画面が開けるアイコンの他に、選んだメモが表示されます。
このウィジェットを選択して設置したい場所で指を話すと、メニューが表示されます。

「すべてのメモ」を選ぶとアプリ内のすべてのメモが表示され、「固定されたメモ」を選ぶと固定されたメモのみが表示されます。
「リマインダー」を選ぶとリマインド設定したメモのみが表示されます。
好きなものを選択すれば完了です。

Androidの場合、ウィジェットの大きさは調整することができます

なお、Androidでウィジェットを設定する際、機種によってUIが異なります。
UIに応じて設定しましょう。

パソコンの場合はショートカット機能が便利

ウィジェット機能は、AndroidとiPhoneのみの機能なので、パソコンの場合はウェイジェットを利用できません。
パソコンでも簡単にGoogle Keepを使いたいという場合は、ショートカット機能が便利です。

ショートカット機能を使えば、ブラウザで開いているWebページのショートカットをディスクトップに配置できるので、ディスクトップアプリのようにGoogle Keepうを使うことができます。

Google Keepのショートカットをディスクトップに配置するには、まずGoogle KeepをChromeで開きます。
ブラウザの左上に3点リーダーが表示されるのでクリックして、「その他のツール」→「ショートカットを作成…」をクリック。

ポップアップが表示されるので、「ウィンドウとして開く」にチェックを入れて「作成」をクリック。

すると、Google Keepのショートカットアイコンがディスクトップに表示されます。
クリックすると、まるでディスクトップアプリのようにGoogle Keepが表示されます。

Google Keepをウィジェットに設定して役立てよう

Google Keepをウィジェットに設定すれば、日々の買い物や家事に役立てられるのはもちろん、サッとメモを確認できることからビジネスにも有効的です。

また、今回はGoogle Keepをウィジェットに設定する方法を解説しましたが、Google Keepだけでなく他のアプリもウィジェットに設定することができます。

ぜひ、Google Keepをウィジェットに設定してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。