閉じる

Google Keepで作成したメモはPDFで保存できるのか?

GoogleドキュメントやGoogleスライドはファイルをPDFに変換してダウンロードできますが、Google Keepでは直接PDFとしてダウンロードすることはできません。ただ、対処する方法はあるのでここではその方法を解説します。

カテゴリ: Google Keep

Googleが提供しているGoogleドキュメントやGoogleスライドでは、作成したファイルをPDFに変換してダウンロードすることができます。よって、同じGoogleが提供しているGoogle Keepでも、作成したメモをPDFに変換してダウンロードできるのではないかと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、Google KeepではGoogleドキュメントやGoogleスライドのように作成したメモを直接PDFに変換してダウンロードすることはできません。Google KeepはPDF化に対応していないのです。

ただし、作成したメモをGoogleドキュメントにコピーして、コピーしたドキュメントをPDF化するということは可能なので、PDF化したい場合に対処方法がないわけではありません。

今回は、Google KeepとPDFの関係について詳しく解説します。

Google KeepではメモをPDF化できる?

Google Keepには様々な機能がありますが、冒頭でもお伝えしたようにGoogle Keepで作成したメモを直接PDFに変換してデバイスにダウンロードすることはできません。
さらに、PDFを画像のようにメモに挿入することもできません。

PDF化やダウンロードに関連して、Google Keepでできるのは以下のようになっています。

●Googleドキュメントへのコピー
Google Keepで作成したメモの内容はGoogleドキュメントにコピーすることができます。
よって、メモの内容をGoogleドキュメントにコピーして、コピーされたドキュメントをPDF化するという手順を踏めば、結果的にメモをPDFにすることが可能です。

●PDFへのリンクをメモに残す
PDFを画像のようにメモに挿入することはできませんが、GoogleドライブにアップしたPDFファイルへのリンクをメモに挿入することは可能です。

●スマホやタブレットにテキスト形式で保存
Web版の場合、デバイスに作成したメモを保存することはできませんが、アプリ版であればテキスト形式でスマートフォンやタブレットに保存することはできます。

●他のアプリと連携する
アプリ版のGoogle Keepの場合、メモの内容をそのままTwitterやGmailに反映することができます。

Google KeepのメモをPDFにするには

Google KeepのメモをPDFにするには、
①Google KeepのメモをGoogleドキュメントにコピーする
②メモをコピーしたGoogleドキュメントをPDFに変更する

という手順を踏む必要があります。

ここでは、パソコンとスマートフォン・タブレットに分けて、メモをGoogleドキュメントにコピーしてPDFに変換する方法を解説します。

パソコンの場合

まず、PDFにしたいメモを開きます。

下部の三点リーダーをクリックして「Googleドキュメントにコピー」をクリック。

「Googleドキュメントにコピーしました」という表示が出るので、「ドキュメントを開く」をクリック。

メモの内容がコピーされたドキュメントが表示されます。

左上にある「ファイル」をクリックして、「ダウンロード」→「PDFドキュメント(.pdf)」の順にクリックすると、デバイスにPDFファイルでダウンロードされます。

スマートフォン・タブレットの場合

アプリの場合は、メモを開いて右下の三点リーダーをタップ。

メニューが表示されるので「送信」をタップ。

再度メニューが表示されるので「Googleドキュメントにコピー」をタップ。

Googleドキュメントにメモの内容がコピーされます。
内容はGoogleドキュメントのアプリから確認することが可能です。

ただし、スマートフォンやタブレットの場合はGoogleドキュメントのアプリからPDFをダウンロードすることはできません。
GoogleドキュメントをPDF化してダウンロードするには、Web版のGoogleドキュメントから行いましょう。

番外編①:PDFへのリンクをメモに残すには

メモのPDF化に関連して、PDFへのリンクをメモに残す方法についても解説します。

パソコンの場合

PDFへのリンクをメモにつけるには、まずWeb版のGoogleドライブにアクセスしてPDFファイルにカーソルを合わせて、右クリック。
メニューが表示されるので、「リンクを取得」をクリック。

「リンクをコピー」をクリックします。

Web版のGoogle Keepを開いてコピーしたURLを貼り付けます。
貼り付けたURLのバナーをクリックすると、Googleドライブ内のPDFファイルが開きます。

スマートフォン・タブレットの場合

スマートフォン・タブレットの場合は、アプリ版のGoogleドライブにアクセスして、リンクを取得したいPDFファイルの右上にある三点リーダーをタップ。

「ユーザーやリンクを管理」をタップ。

“アクセス管理画面が表示されるので、右上のクリップマークをタップ。
リンクのURLがコピーされます。

Google Keepを開いて、URLを貼り付けます。
URL下のバナーをクリックすると、Googleドライブ内のPDFファイルが開きます。

番外編②:iPhoneにメモをテキスト形式で保存

スマホやタブレットの場合、Google KeepのメモをGoogleドキュメントにコピーしてもPDFとしてダウンロードすることはできませんが、iPhoneの場合はテキスト形式で保存することは可能です。
テキスト形式で保存するには、作成画面の下部にある三点リーダーをタップ。

メニューが表示されるので「送信」をタップ

サイドメニューが表示されるので、「”ファイル”に保存」をタップ。

iPhoneのファイルアプリにメモがテキスト形式が保存されます。

番外編③:他のアプリと連携するには

Google Keepで作成したメモの内容は、他のアプリに反映することが可能です。
例えば、Twitterであれば新しいツイートにコピーできますし、Gmailやデバイスに内蔵されているメールアプリであれば新規メッセージにコピーされます。
他にも、デバイス内に入っているアプリと連携することが可能です。

Google Keepを他のアプリと連携させるためには、作成画面の下部にある三点リーダーをタップ。

メニューが表示されるので「送信」をタップ

サイドメニューが表示されるので、連携したいアプリを選びます。

まとめ

Google KeepではGoogleドキュメントやGoogleスライドのように、メモを直接PDFに変換してダウンロードすることはできません。

ただ、Google KeepはGoogleドキュメントにメモの内容をコピーすることができるので、一旦Googleドキュメントにコピーして、そのドキュメントをPDFでダウンロードすれば、PDF化することができます。

また、PDF化する方法だけでなく、PDFへのリンクをメモに残す方法やテキスト形式でデバイスにダウンロードする方法なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。