閉じる

「ラベル」を作成してGoogle Keepのメモを整理する方法

Google Keepにはメモを分類するとても便利な機能「ラベル」があり、ラベル機能を使いこなせればどのような種類のメモなのか一目で分かるようにすることができます。今回はラベル機能の使い方を解説します。

カテゴリ: Google Keep

Google Keepには「ラベル」というメモを分類するとても便利な機能があります。
ラベル機能を使いこなせればどのような種類のメモなのか一目でわかるだけでなく、誰がそのメモに関係しているのかや、どういったステータスのものなのかまで分かりやすくさせることができます。

ただ、ラベルのつけ方はもちろん、どのようなラベルを作成すると良いか困っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、Google Keepのラベル機能の使い方と実践的なラベルのつけ方を解説します。

Google Keepのラベル機能とは?

メモツールでは、メモをフォルダごとに格納して分類することが多いですが、Google Keepにはフォルダ機能がなく、メモを分類するにはラベルという機能を使用します。

ラベルとは付箋のようにメモに目印をつけることができる機能のことで、フォルダでは1つのメールを複数のフォルダに分類することはできませんが、ラベルの場合は1つのメモに対して複数のラベルをつけることが可能です。

よって、例えば「ラベルA」「ラベルB」という2つのラベルを付けた場合、どちらにもメモが分類されるようになっています。

ラベル機能は Google KeepだけでなくGmailにもあり、Googleではお馴染みの機能となっています。

Web版のGoogle Keepでラベルを設定する

ラベル機能を使う場合、そのままメモから直接ラベルを設定することもできますが、先にラベルを作っておくと、とても便利です。
ラベルの作成はサイドバーの「ラベルの編集」から行います。

「ラベルの編集」をクリックすると、ラベルを作成できる画面が表示されます。
「新しいラベルを作成」の部分をクリックすると、ラベル名が入力できるので、設定したいラベル名を入力しましょう。
ラベル名を入力したら「完了」をクリック。

作成したラベルはサイドバーに追加され、ラベル名をクリックするとそのラベルを貼ったメモを確認できます。

次に、メモにラベルを付けます。
ラベルを付けるには、3点リーダーをクリックして、「ラベルを追加」を選択。

作成したラベルの一覧が表示されるので、該当するラベルにチェックを入れるとラベルがつけられます。

なお、このタイミングでラベルを新しく作成することもできます。
ラベルを新しく作りたい場合は「ラベル名を入力」の部分にラベルの名前を入力しましょう。

アプリ版のGoogle Keepでラベルを設定する

Google Keepのアプリ版でもWeb版と同じようにラベルを付けることができます。 アプリ版でラベルを設定したい場合は、ラベルを作成するには検索バーの3本線をタップ。

サイドバーに表示される「新しいラベルを作成」をタップします。

ラベルの作成画面が表示されるので、ラベル名を入れます。
入力部分の右側に表示されるチェックマークをタップすれば完了です。

引き続き新しいラベルを作成したい場合は「新しいラベルを作成」をタップします。

次にメモにラベルを設定します。
メモの作成画面や既に作成したメモを開いたら、右下の三点リーダーをタップ。

「ラベル」を選択。

メモに付けたいラベルを選択し、左上の「<」マークでメモ作成画面に戻れば完了です。

どんなラベルと作ると管理しやすいか

では、実際にどのようなラベルがあると管理しやすいのでしょうか?
ここでは、ラベルの作成事例をいくつかご紹介します。

「仕事」と「プライベート」というラベルを作る

Google Keepを仕事でもプライベートでも使っている場合、どのメモがどちらなのかわかりにくくなってしまうこともあるでしょう。
そういった場合、「仕事」「プライベート」というラベルがあれば、一目で必要なラベルを見つけることができます。
作成するラベルも少ないので、サクッと分類したい方におすすめです。

メモの内容をラベルにする

Google Keepで様々な用途で使っている場合は、メモの内容をラベルにするのがおすすめです。

例えば、Google Keepを日常的なメモツールとして使うだけでなく、日記ツールとしても使っている場合、買い出しメモには「買い物」、ちょっとしたメモの場合は「メモ」、日記の場合は「日記」というラベルをつけておけば用途ごとにメモを分類することができます。

クライアント名やプロジェクト名をラベルに設定する

ビジネスでGoogle keepを使っている場合におすすめなのが、クライアント名やプロジェクト名をラベルに設定する方法です。

例えば、「A会社」「B会社」というように、クライアント名をラベルに設定すれば、その企業ごとのメモをまとめてチェックできますし、「〇〇サイト制作」や「Webコンサルティング」というようにプロジェクト名をラベルとして設定すればタスク管理がしやすいですし、同じような業務があった場合の参考にもなります。

メモの管理を担当する人の名前をラベルに設定する

これもビジネスでGoogle keepを使っている人におすすめの方法です。

進捗管理やタスク管理目的でGoogle Keepを利用している場合、誰が項目をチェックするのか曖昧になってしまいがちですが、ラベルに管理を担当する人の名前があれば、誰がやるのか明確になりますし、状況を正確にチェックすることも可能です。

まとめ

Google keepのラベル機能とは、付箋のようにメモに目印をつけることができる機能のことでメモをわかりやすく分類する際にとても便利な機能です。
メモをわかりやすく分類したいという場合はぜひ活用してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。