閉じる

Google Keepのアプリや拡張機能をデバイスにダウンロードする方法

Google Keepにはウェブ版・アプリ版・拡張機能版の3つがあり、そのうちアプリ版と拡張機能版は利用するにはダウンロードする必要があります。今回はそれぞれを利用する際のダウンロード方法を解説します。

カテゴリ: Google Keep

GoogleのメモツールであるGoogle Keepは、Web版・アプリ版・拡張機能版の3つがありますが、アプリ版と拡張機能版を利用するにはそれぞれダウンロードする必要があります。
なお、Web版のGoogle Keepであればダウンロードをせずとも使用できますが、「パソコンでGoogle Keepをディスクトップアプリのように利用したい!」という場合は、ショートカットを作成しなければなりません。

今回は、Google Keepを利用するのに欠かせないダウンロードの方法を解説します。

アプリ版のGoogle Keepをダウンロード(インストール)する

スマートフォンやタブレットでGoogle Keepを使用する際には、アプリ版のGoogle Keepを使用しますが、まずはアプリ版のGoogle Keepをダウンロード(インストール)しなければなりません。

iPhoneやiPadなどお使いのスマートフォンやタブレットのOSがiOSの場合は、App Storeで「Google Keep」と検索して表示される以下のアプリをタップ。

タップすると「入手」というボタンが表示されるのでタップします。
すると、パスワードを入力する部分が表示されるので、Apple IDのパスワードを入力します。
パスワードの入力が完了すると、スマートフォンやタブレットにアプリ版のGoogle Keepがインストールされます。

AndroidOSのスマートフォンやタブレットを使用している場合は、Google Playで「Google Keep」と検索して表示される以下のアプリをタップ。

すると「インストール」と表示されるので、再度タップします。
インストールが開始されます。

スマートフォンやタブレットにGoogle Keepのアプリをダウンロードし、アプリを立ち上げると次のような画面が表示されます。

下部に「利用する」というボタンがあるので、タップします。
すると、Googleアカウントのログイン画面が表示されるので、お持ちのGoogleアカウントでログインすれば利用を開始できます。

すでにGoogle Keep以外のGoogleのアプリ(GmailやGoogleドライブなど)がダウンロードされている場合は、そのアプリで使っているアカウントが表示されます。
別のアプリで使っているGoogleアカウントでログインしたい場合はそのアカウントをタップし、別のアカウントを利用したい場合は「別のアカウトを追加」をタップしてログインしましょう。

アプリ版Google Keepの使い方は以下の記事で詳しく解説しています。
使い方を知りたいという方はこちらの記事をチェックしてみてください。

▷【完全版】Google Keepアプリの便利な機能・使い方

拡張機能版のGoogle Keepをダウンロードする

拡張機能版のGoogle Keepとは、Chromeの拡張機能としてのGoogle Keepを指します。

拡張機能にGoogle Keepを追加すると、
●Webサイトを閲覧しながらメモが作成できる
●閲覧中のサイトのURLをメモに貼り付けることができる
●るWebサイトのテキストをメモにコピーできる
●Webサイトで使用されている画像をメモに貼り付けることができる

といったことができるのでとても便利です。

Google Keepを拡張機能として追加するには、まずChomeウェブストアの「Google Keep」にアクセスします。

▷Google Keep Chrome拡張機能-Chomeウェブストア

右上に「Chomeに追加」というボタンがあるのでこちらをクリック。

するとポップアップが表示されます。
「拡張機能を追加」をクリックしましょう。

拡張機能が追加されて、検索バーの横にGoogle Keepのアイコンが表示されます。

拡張機能版Google Keepの使い方は以下の記事で詳しく解説しています。
使い方を知りたい方はチェックしてみてください。

▷Google ChromeにGoogle Keepを拡張機能として追加する方法

Web版のGoogle Keepのショートカットを作成する

パソコンでGoogle Keepを使用する際は、Google Keepをブラウザで立ち上げて利用します。 よって、アプリやソフトをダウンロードする必要がありません。

ただし、Web版のGoogle Keepを使うにはブラウザで「Google Keep」と検索してアクセスしなければならない上、Google以外のブラウザやシークレットモードなどを利用している場合はログインが必要なので、アプリと比べると少し手間がかかることがあります。

「ディスクトップアプリケーションのようにサクッと立ち上げて利用したい」
「手間なくGoogle Keepをパソコンで使いたい」
という場合は、ディスクトップアプリのようにGoogle Keepを活用することができるショートカットを作成するのがおすすめです。

ショートカットを作成するには、まずGoogle Keepをchomeで開きます。
左上にある三点リーダーがあるのでクリックして、「その他のツール」→「ショートカットを作成…」をクリックします。

ショートカットを作成するポップアップが表示されるので、ショートカット名を編集して「作成」をクリック。 この時、必ず「ウィンドウとして開く」にチェックを入れましょう。

ディスクトップにGoogle Keepのショートカットが作成されます。 ショートカットをクリックすると、以下のようにGoogle Keepを開くことができます。

ただし、これはあくまでもすぐにGoogle Keepを開くためのショートカットです。 アプリやソフトとは違うので、インターネット環境がない場合はショートカットをクリックしても、Google Keepを開くことはできません。

Google Keepはアプリ版と拡張機能版のみダウンロードが必要

Googleが提供しているメモツールであるGoogle Keepには、Web版・アプリ版・拡張機能版の3つがありますが、アプリ版と拡張機能版を利用するには、それぞれダウンロード(インストール)が必要です。

Web版はダウンロードをしなくても利用することができますが、ディスクトップアプリのアプリのように使用したい場合は、ショートカットを独自に作成する必要があります。

今回はいずれの方法も詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。