閉じる

Google Keepをデスクトップアプリのように使うには?

Google Keepをディスクトップアプリのように使用したい場合はGoogle Chromeのショートカット機能が便利です。今回はGoogle Keepのショートカットをパソコンのディスクトップに配置する方法を解説します。

カテゴリ: Google Keep

Google Keepをパソコンで使用する際、ブラウでGoogle Keepにアクセししてログインするのはいちいち面倒ですよね。

スマホやタブレットで使用できるアプリに比べると、アクセスするまでに手間がかかるため、中には、
「ディスクトップ用のGoogle Keepアプリはないのか」
「Google Keepをパソコンで簡単に起動したい

と考えている方は多いかと思います。

まず、残念ながらGoogle Keepにはディスクトップ用のアプリは存在しません。
パソコンでGoogle Keepを使用するには、ブラウザでログインしなければなりません。
ただ、Google Keepにすぐアクセスできる「ショートカット」を作成して、ディスクトップに配置すればすぐにGoogle Keepを開くことができます。

ここでは、Google Keepのショートカットをディスクトップに配置する方法を解説します。

Google Keepにはディスクトップアプリはない

Googleが提供しているメモツール「Google Keep」は色々なデバイスで使用できるよう、いくつかバージョンが用意されています。

1つ目がウェブからアクセスできる「Web版」です。

Web版を使用する際は、ブラウザから下記のURLにアクセスします。
Googleにログインしていない場合はログインが必要です。
▷Google Keep-ログイン

2つ目がスマートフォンやタブレットで利用できる「アプリ版」です。

アプリ版には、iOS版とAndroid版がありますが、どちらも操作性には変わりありません。
タップでアプリを起動すればすぐにGoogle Keepのサービスを利用することができます。

ここで「アプリ版はパソコンで使用できないの?」と疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。

以前は、Chromeウェブストアからインストールするタイプのアプリ「Chomeアプリ」があったので、ChomeアプリのGoogle Keepをインストールすれば、ディスクトップにGoogle KeepのChomeアプリを配置できたので、すぐにGoogle Keepでアクセスできました。

また、他にも以下のことも可能でした。
●オフラインでもアクセスする
●ロック画面のままGoogle Keepにアクセスする(Chrome OSのみ)
●Google Chrome(ブラウザ)にGoogle Keepのショートカットを配置する

しかし、Chromeアプリのサポートが終了するにともなりGoogle KeepのChomeアプリも使用できなくなりました。
よって、これまでの方法ではGoogle Keepをディスクトップアプリのように使用することは、基本的にできなくなったのです。

なお、Chomeアプリのサポート終了については以下の記事で解説しています。
こちらも合わせて参考にしてみてください。

▷Chromeアプリのサポート終了が及ぼすGoogle Keepへの影響とは?

Google Keepをディスクトップアプリのように使う方法

では、Google Keepをディスクトップアプリのように使うにはどうすれば良いのでしょうか?
方法としてあげられるのが、Chomeのショートカット機能を活用する方法です。

Google Chromeには、ブラウザで開いているWebページのショートカットをディスクトップに配置できる機能があります。
ショートカットを利用しない場合にパソコンでGoogle Keepを使うには、「ブラウザを開く」→「Google Keepにアクセスする」という段階を取らねばなりませんが、ショートカット機能を利用すればすぐにブラウザが起動してGoogle Keepにアクセスできます。

Google Keepのショートカットをディスクトップに配置するには、まずGoogle ChromeでGoogle Keepを開きます。
この時、他のブラウザで開くとショートカット機能を利用できません。

Google ChromeでGoogle Keepを開いたら、左上にある3点リーダーをクリックして、「その他のツール」にカーソルを合わせて、表示されるサブメニューから「ショートカットを作成…」をクリックします。

すると、「ショートカットを作成しますか?」というポップアップが表示されます。
ポップアップでは、ショートカットの名前を編集できるので、任意の名前をつけて、最後に「ウィンドウとして開く」にチェックを入れて「作成」をクリックします。

「作成」をクリックすると、ショートカットがデバイス内に作成されるので、ディスクトップに配置すれば完了です。
ディスクトップに配置したGoogle Keepのアイコンをクリックすると、まるでディスクトップアプリのように開くことができます。

なお、ショートカット機能が使えるのはGoogle Keepだけではありません。
GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメント、他のWebページでも利用できます。

Google Keepの特定のメモのショートカットは作成できるか?

ディスクトップにGoogle Keepを配置したいという方の中には、重要なメモをショートカットとして配置しておきたいという方もいるでしょう。
特定のメモのショートカットを作成したい場合は、これまでの方法と異なります。

まず、ショートカット化したいメモをGoogle Chromeで開きます。

上部にメモのURLが表示されるので、URLをコピーします。

一度ディスクトップ画面に戻って、右クリックをして「新規作成」→「ショートカット」をクリック。
ショートカット作成画面が表示されるので、URLを貼り付けて「次へ」をクリックして、次の画面でショートカット名を編集すれば完了です。

なお、この方法はWindowsOSのみに限ります。
MacOSではできません。

番外編:Google Keepのブックマークを登録する

Google Chomeにはショートカットを作成できるだけでなく、タスクバー(URL下のバー)にブックマークを登録することができます。
ブックマークもすぐにGoogle Keepにアクセスできるのでとても便利です。

今回はGoogle Keepのトップ画面をブックマーク登録していますが、特定のメモをひらけばそのメモをブックマーク登録できます。
特定のメモをショートカット作成できないOSの場合はこちらの方法をぜひ試してみてください。

Google Keepをブックマークに登録したい場合は、URL横の星マークをクリック。

ブックマーク名と登録先を編集できます。
今回は名前を「Google Keep」、登録先をブックマークバーに設定します。

なお、名前を設定しなかった場合、ブックマークバーに表示されるのはアイコンのみとなります。

また、ブックマークバーにファイルを作成しブックマークを分類している場合は、登録先にブックマークバーではなく、特定のファイルを選択することもできます。

ブックマーク名と登録先を編集して「完了」をクリックすると、Google Keepをブックマークバーに登録できます。

ブラウザを開いてブックマークをクリックすれば、すぐにGoogle Keepにアクセスできるので、こちらもぜひ試してみてください。

Google Keepをアプリのように使いたいならショットカットが便利

Google Keepにはウェブ版・iOS版・Android版がありますが、ディスクトップアプリ版はありません。
よって、ディスクトップアプリのようにパソコンでGoogle Keepを使いたいのであれば、Google Chomeのショートカット機能が便利です。
ショートカット機能を使えば、ワンクリックでGoogle Keepを立ち上げることができます。

Google Keepを日常的に使用しているという場合は、本記事を参考にぜひショートカット機能を使いこなしてみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。