閉じる

Google KeepとGoogleカレンダーを連携させる方法

Google Keepは同じくGoogleが提供しているGoogleカレンダーと連携することができ、Googleカレンダーにメモのリマインドを設定することができます。今回はGoogleカレンダーと連携する方法を解説します。

カテゴリ: Google Keep

GmailやGoogleドキュメント、Chromeと併用できるGoogle Keepは、GoogleのカレンダーツールであるGoogleカレンダーと一緒に使うことも可能です。

Googleカレンダーと連携させることで、メモに設定したリマインドがGoogleカレンダー上に反映されるため、Googleカレンダーからもメモが確認できるようになります。

今回は、Google KeepとGoogleカレンダーを連携する方法を解説します。

Google KeepはGoogleの各種ツール・サービスと連携できる

Googleが提供しているメモツールであるGoogle Keepはメモを書き留めておくことができるだけでなく、Googleが提供している他のツールと連携できるようになっています。

例えば、Gmailの場合は以下のようにメールへのリンクをメモに挿入することが可能です。

また、作成したメモはGoogle Keep上で管理できるだけでなく、Googleドキュメントにコピーしてドライブ上で管理することもできます。

他にも、Google Keepには「Google Keep Chrome拡張機能」というものもあり、Chromeのブラウザに追加することで、ブラウザのテキストや画像を簡単にメモに貼り付けることができるようになっています。

このように、Google KeepはGoogleの各種ツール・サービスと連携できるように作られています。

Googleカレンダーと連携してできること

Google Keepは先ほど紹介したGoogleの各種ツール・サービスだけでなく、Googleカレンダーとも連携することが可能です。

Google Keepにはリマインド機能があり、設定した日時にメモの内容をデバイスに通知する機能がありますが、Googleカレンダーと連携させればリマインダーを指定した日時にカレンダー上にもメモの内容を予定として反映させることができるようになります。

わざわざGoogle keepを立ち上げなくてもメモをGoogleカレンダーからチェックできる上、メモを共有していれば誰でもメモが確認できるのでとても便利です。

ウェブ版でGoogleカレンダーとGoogle Keepを連携させる

パソコンからGoogle KeepやGoogleカレンダーにアクセスする場合は、ウェブ版を利用します。
ここでは、ウェブ版のGoogle KeepとGoogleカレンダーを連携する方法を解説します。

Google Keepのメモにリマインダーを設定する

Google KeepとGoogleカレンダーを連携するには、まずメモに通知する時間を設定する必要があります。
メモにリマインダーを設定するには、左下にあるベルのマークをクリック。

リマインダーの候補がいくつか表示されます。
「今日」「明日」「翌週」などがありますが、希望の時間が候補に表示されていない場合は「日付と時間を選択」をクリックします。

日付と時間が設定できます。
また、「繰り返さない」をクリックすると、一定の頻度で通知がくるよう設定が可能です。
全ての設定が完了したら、「保存」をクリック。

メモのリマインド設定が完了です。

メモをGoogleカレンダーと連携させる

メモのリマインド設定が完了したら、Googleカレンダーでリマインドが表示されるようにします。
まずGoogleカレンダーを開いてマイカレンダーの部分を確認。

「リマインダー」にチェックを入れます。

該当する日付にメモが表示されます。

クリックすると、メモを完了にしたり、詳細をGoogle Keepで確認することができます。

また上部の鉛筆マークやゴミ箱マークをクリックすると、リマインダーを編集・削除することも可能です。

アプリ版でGoogleカレンダーとGoogle Keepを連携させる

アプリ版のGoogleカレンダーとGoogle Keepを連携する場合も、基本的な流れはウェブ版と変わりません。

ただし、操作性が少し異なるので、アプリ版での使い方も解説します。

Google Keepのメモにリマインダーを設定する

まず、Google Keepのメモにリマインダーを設定するには、右上のベルのマークをタップ。

候補がいくつか表示されますが、独自に設定したい場合は「日付と時間を選択」をタップ。

日時を設定できます。
一定のタイミングで通知をしたい場合は「繰り返す」をタップ。
通知頻度を設定できます。

最後に「保存」で完了です。

メモをGoogleカレンダーと連携させる

まず、Googleカレンダーアプリを立ち上げて、画面左上の三本線をタップ。

メニューが表示されるので、「リマインダー」にチェックを入れます。

メモのリマインドがカレンダーに反映されます。

アプリ版Googleカレンダーの場合、予定として反映されたメモのリマインドをタップすると、メモの内容全てを確認することが可能です。

また、上部の鉛筆マークをクリックすればリマインダーを編集できますし、三点リーダーをクリックすればリマインダーを削除できます。

もちろん、ウェブ版と同じようにメモを完了にしたり、Google Keepでメモを表示させることも可能です。

Googleカレンダーとの連携でより便利に

GoogleのメモツールであるGoogle KeepはGoogleカレンダーと連携することが可能です。
連携すると、メモのリマインダーをGoogleカレンダーに反映することができるようになります。

アプリ版の場合は、わざわざGoogle keepを立ち上げなくてもメモをGoogleカレンダーからチェックできるためとても便利です。
ぜひ、この機会にGoogle KeepとGoogleカレンダーを併用してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。