閉じる

【完全版】Google Keepアプリの便利な機能・使い方

Google Keepをタブレットやスマホで使用する場合、アプリをダウンロードする必要があります。今回は、Google Keepのアプリの使い方を解説します。

カテゴリ: Google Keep

Googleが提供しているメモツール「Google Keep」は、パソコンのWebだけでなく、スマートフォンやタブレットでも使用することが可能です。
基本的に、アプリ版のGoogle KeepとWeb版とでは機能に違いはありません。

ただ、操作などはWeb版とアプリ版で異なりますし、スマートフォンやタブレットで使用する場合はアプリのインストールが必要です。

今回は、アプリ版のGoogle Keepの使い方をメインに解説します。

Google Keepアプリをダウンロードする方法

まずは、Google Keepアプリをスマホやタブレットにインストールする必要があります。
iPhoneやiPadの場合は以下のページからアプリをインストールします。
Google Keep-App Store

Androidの場合は以下のページからアプリをインストールします。
Google Keep-Google Playe

Google Keepアプリにログインする方法

アプリを立ち上げると次のような画面が表示されます。

画面下部にある「利用する」をタップすると、Googleアカウントの選択画面が表示されます。
GmailやGoogleドライブなど使用しているデバイスでGoogleのアプリをすでに利用している場合は、アカウントの選択画面にログインしているアカウントが表示されます。

他のアプリと同じアカウントでログインする場合は該当するアカウントをタップします。
別のアカウントでログインしたい場合は、「別のアカウトを追加」をタップして、ログイン手続きをします。

Google Keepアプリの使い方【基本編】

Google Keepにログインしたら、早速Google Keepアプリを使っていきます。

メモを作成

メモを作成する際は右下の「+」をタップ。

メモの作成画面が表示されます。

まず、タイトルの部分にはメモのタイトルを入力します。

「メモ」の部分には本文を入力します。

作成が完了したら、左上の「<」をタップしてメモの一覧に戻ります。

チェックリストを作成

チェックリストを作成したい場合は、一覧画面の下部にあるチェックボックスをタップします。

タップすると、チェックリスト作成画面が表示されます。

まず、タイトルの部分にはチェックリストのタイトルを入力します。

チェックボックスの隣にチェック項目を入力します。項目を増やす場合は、「+リストアイテム」をタップします。

項目を削除する場合は、項目横のバツマークをタップします。

作成が完了したら、左上の「<」をタップしてメモの一覧に戻ります。

音声でメモを作成

Google Keepの特徴の1つとして、音声入力でメモを作成できることが挙げられます。手がふさがっている時やちょっとした時にメモを残したい時に最適です。

音声入力機能を使いたい場合は、メモ一覧画面の下部にあるマイクマークをタップします。

タップすると、マイクへのアクセスを許可するかどうかのポップアップが表示されます。
ポップアップに表示されている「許可」をクリックするか、デバイスの設定画面でマイクへのアクセスを許可します。

マイクのアクセスを許可すると、以下の画面が表示されます。この間にデバイスのマイクに向かってメモしたい内容を話します。
今回は「明日10時半からミーティング」という内容を音声で入力します。

音声入力を完了するとメモの作成画面が表示されて、音声で入力した文章と音声の再生ボタンが表示されます。
今回は、「明日10時半からミーティング」という内容を入れたので、以下のようにテキストが表示されています。

音声入力で作成したメモには、タイトルを付けたり、テキストを追加したりすることが可能です。
今回はこのようにテキストとタイトルをつけています。

作成が完了したら、左上の「<」をタップしてメモの一覧に戻ります。

手書きメモを作成

メモを残したいとき、必ずしも文章とは限りません。
時には、図形でメモを残したいという場合もありますよね。
Google Keepでは、手書きの図形をメモとして作成することも可能です。

手書きメモを作成する場合は、筆マークをタップします。

筆マークをタップすると、図形を作成できる画面が表示されます。

画面の下部にいくつかアイコンがありますので、まずはそれぞれのアイコンを解説します。

①消しゴム・・・描いた線や図をタップで削除できます
②ペン(細)・・・細い線で図を描けます。
③ペン(太)・・・太い線で図を描けます。
④マーカー・・・薄い色のマーカーが引けます。
ペン(細・太)とマーカーはダブルタップで色や太さを変更することが可能です。
図を描くときはペン(細)・ペン(太)・マーカーのいずれかを選択し、指で図形を描きます。

また、画面の上部にもアイコンがあります。

左右を向いている矢印は操作を進めたり、戻したりできるアイコンです。
その隣の3点リーダーをタップするとメニューが表示されます。

「画像のテキストを抽出」では文字を描いた場合、テキストを抜き出すことができます。抜き出したテキストは、そのメモの本文入力部分に表示されます。

「送信」をタップすると、メモをメッセージで送信したり、手書きの図形を画像として保存したりできます。

「削除」では作成した図形をメモから削除できます。

「グリット線を表示」ではグリット線を表示することが可能です。
表示できるグリット線は格子・点・横線から選ぶことができ、右下に表示される「承認」をタップで表示できます。

Google Keepアプリの使い方【応用編】

ここまでは基本的な使い方でしたでしが、ここからは応用的なGoogle Keepアプリの使い方を解説します。

リマインドする

Google Keepではメモやチェックリストを指定した日時にリマインド(通知)することができます。リマインドを設定する際は、作成済みのメモやチェックリストを表示した際やメモやチェックリストの作成画面を表示した時に、左上にあるベルマークをタップします。

タップすると「明日の朝」や「明日の夕方」、「水 午前」のようにいくつかリマインドの候補が表示されます。
これ以外の時間を指定したい場合は「日時を選択」をタップ。

日時はこの部分で指定します。

その下の「繰り返す」「繰り返さない」では、リマインドを繰り返す華道家を指定できます。

「繰り返す」をタップすると、毎日、毎週・・・といったように繰り返す頻度を選択できます。
より細かくタイミングを指定したい場合は「カスタム」で設定すると良いです。

全て設定できたら、「保存」をタップして完了です。

写真や画像を挿入する

撮影した写真やデバイス内の画像をメモやチェックリストに挿入するには、下部のプラスマークのアイコンをタップ。

●撮影した写真を挿入したい場合
メニューの一番上にある「写真を撮る」をタップ。
カメラへのアクセスを許可し、写真を撮影します。
撮影後、撮影した写真が表示されるので「写真を追加」をタップするとメモやチェックリストに写真が挿入できます。

●デバイス内の画像を挿入する場合
「画像を選択」をタップします。
写真(アルバム)へのアクセスを許可すると、デバイス内の画像を選択できるようになるので、該当する画像を選択します。

撮影した写真や画像を挿入すると、アイキャッチ画像のように表示されます。

なお、挿入した写真や画像は一覧画面でも表示されます。
先に写真や画像を入れたい場合は、一覧画面の画像マークをタップしてメモやチェックリストを作成します。

写真や画像を編集・削除する

メモに挿入した画像はペンツールを使って文字を残せます。
手書きの文字を入れたい場合は、画像をタップして、ペンマークをタップ

下のアイコンにペンのアイコンが複数表示されます。

①消しゴム・・・画像に書いた線をタップで削除できます
②ペン(細)・・・細い線を描けます。(ダブルタップで色や太さが変更できます。)
③ペン(太)・・・太めの線を描けます。(ダブルタップで色や太さが変更できます。)
④マーカー・・・薄い色のマーカーが引けます。(ダブルタップで色や太さが変更できます。)

まっすぐな線を引きたい場合は、グリット線を表示すると便利です。
グリット線を表示したい場合は左上の3点リーダーをタップ。

「グリット線を表示」をタップしてグリット線の種類を選択。(今回は格子を選択)
最後に承認をタップ。

グリット線が表示できました。

また、挿入した画像は削除することも可能です。
画像を削除したい場合は、画像をタップして左上の3点リーダーをタップ。

メニューが表示されるので「削除」を選択します。

メモの背景を変更

デフォルトの場合、メモは白い背景で表示されますが、作成時に色や背景の柄を変更することができます。
背景の色や柄を変えたい場合は、下部にあるパレット型のアイコンをタップ

色は12色、背景の柄は9種類から選べます。

背景を変更してメモを残すと、メモの一覧画面にも色や背景の柄が適用されます。

ピン留め(固定)する

Google Keepでメモやチェックリストを作成していると、重要なものが埋もれてしまうことがあります。それを防ぐのに便利なのが「ピン留め機能」です。
ピン留め機能を利用するには、作成済みのメモやチェックリストを表示した際やメモやチェックリストの作成画面を表示した時に上部にあるピンマークをタップします。

ピンマークタップすると、以下のように古いメモやチェックリストでも、上部に表示されるよう固定されます。

表示形式を変える

デフォルト設定のままの場合、メモは縦2列で表示されています。これは検索バーの右側のアイコンをタップすることで、1列表示に変更できます。

ラベルをつける

作成したメモやチェックリストはラベルをつけて分類できます。
まずラベルを作成するには、検索バーにある3本線をタップします。

「新しいラベルを作成」をタップします。

「+新しいラベルを作成」をタップすると、ラベル名を入力できます。
ラベル名を入れたら、チェックマークをタップ。

ラベルが追加できました。

なお、ラベルを削除したい場合は、鉛筆マークをタップ。

ラベル名の左側にゴミ箱マークが表示されるのでタップすると、ラベルが削除できます。

メモやチェックリストにラベルをつけたい場合は、作成済みのメモやチェックリストを表示した際やメモやチェックリストの作成画面を表示した時、左下にある3点リーダーをタップ。

「ラベル」を選択。

ラベルの選択画面が表示されます。該当のラベルにチェックマークを入れると、ラベルがつけられます。

なお、「ラベルを入力」をタップすると、新しいラベルが作成できます。

また、メモやチェックリストを編集する際、「#〇〇」と入力しても新しいラベルが作成できます。

削除する

削除したメモやチェックリストを削除したい場合は、まず削除したいメモ・チェックリストを開きます。
画面下部に3点リーダーがあるのでタップ。

メニューに表示される一番上の「削除」をタップすると、表示したメモを削除できます。

アーカイブ機能を使う

古いメモやチェックリストをそのまま残しておくと、重要なメモやチェックリストが見つけられなくなってしまいます。かといって削除するのは躊躇われる・・・という場合に便利なのがアーカイブ機能です。
削除することなく、古いメモを非表示にすることが可能です。

アーカイブにメモやチェックリストを移動する際は、該当するものを開いて右上のファイルマークをクリックします。

すると、該当するメモやチェックリストがアーカイブに移動されます。

共有する

作成したメモやチェックリストは、他のユーザーと共有できます。
共有する場合は、共有したいメモ・チェックリストを開きます。
画面下部に3点リーダーがあるのでタップ。

メニューが表示されるので、「共同編集者」をタップ

共有するユーザーの名前あるいはメールアドレスを入力し、キーボードの「完了」をタップ。 その後、右上のチェックマークをタップすると、指定したユーザーがメモやチェックリストを編集できるようになります。

なお、共同編集を解除したい場合は、再度「共同編集者」を開いて、アドレス横のバツマークをタップします。

Googleドキュメントに保存する

Google Keepのアプリは、Googleドキュメントと連携できます。Google Keepのメモの内容をドキュメントにコピーできます。
Googleドキュメントに内容を保存するには、まず保存したいメモ・チェックリストを開きます。
左下の3点リーダーをタップします。

メニューが表示されるので、「送信」をタップ。

さらにメニューが表示されるので、「Googleドキュメントにコピー」をタップします。
すると、Googleドキュメントに内容がコピーされます。

アプリを使えばGoogle Keepをスマホやタブレットで使用できる

Google Keepのアプリをスマートフォンやタブレットにインストールすれば、よりビジネスにもプライベートにも活用することができます。

ぜひ、この機会にGoogle Keepをアプリを活用してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。