閉じる

Googleドライブにアップロードする方法&うまくいかない時の対処法

オンライン上にアイテムを保存することで、いつでもどこでも気軽に必要なデータにアクセスできる便利なGoogleドライブ。その最も基本的な機能である「データのアップロード方法」をスマートフォン・PCの実際の操作画面の画像付きで詳しく解説します。

カテゴリ: Googleドライブ

Google社が提供している「Googleドライブ」は、クラウド上に様々なデータを保存することができるサービスです。

Googleドライブにアップロードしておくことで、インターネットに接続できる端末さえあれば、いつどこにいても必要なデータにアクセスできるようになります。

そこで今回はGoogleドライブの最も基本的な機能である、アイテムをアップロードして保存する方法について詳しく解説します。

スマートフォン、パソコン両方の操作画面を画像で表示しながら解説するので、Googleドライブ初心者の方もぜひ参考にしてください。

Googleドライブにアップロードするメリット

端末上で作成した書類やスマートフォンで撮影した画像は、通常その端末内に保存されます。 では、それらのアイテムをわざわざGoogleドライブにアップロードするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

作業効率を大幅にアップできるGoogleドライブを利用するメリットを3点ご紹介します。

どんなデバイスからもアクセスできる

Googleドライブにアップロードされたデータは、ウェブ上に保存されます。

そのため、Googleアカウントにログインすることができれば、どんな場所、端末からでも必要なデータにアクセスすることができます。

出張や外出先、移動中など普段利用しているPCが使えない場合であっても、スマートフォンやインターネットカフェのPCから簡単にデータを確認することができます。

USBメモリを持ち運ばずとも様々な端末から作業をおこなえるようになるのは大きなメリットといえるでしょう。

デバイスの容量の節約につながる

Googleドライブにアップロードしておけば、端末内のデータを削除することができます。

必要になった場合はGoogleドライブ上から端末にダウンロードすることができるので安心です。

Googleドライブを活用することでデバイスの容量を節約でき、快適に作業をおこなえるようになります。

検索機能で作業効率がアップ

Googleドライブは、アップロードするだけで自動的にデータの文字情報を解析します。
画像に映った文字情報も認識してくれるので、膨大なデータの中から簡単に必要な情報を検索することが可能です。

またAIによる学習機能が備わっているため、作業中に関連する資料が上位表示されたり、同じ時間帯に開くことの多いアイテムが時間に合わせて表示されたりと、自動で作業をサポートしてくれます。

Googleドライブにアップロードするだけで、作業効率を大きく高めることができるといえます。

Googleドライブの基本情報

Googleドライブにアイテムをアップロードする前に、おさえておきたい基本的な情報をご紹介します。

Googleドライブにアップロードできるデータの種類

GoogleドライブはGoogle以外にもMicrosoftやAdobe、Appleが提供しているファイル形式にも対応しています。
また、一般的に用いられることの多いzip形式やMP3 など対応範囲は幅広くあります。

Googleドライブが対応しているファイル形式については、Googleドライブのヘルプページで確認することができるので、詳しくはこちらを参照してください。
参照:Googleドライブ ヘルプ「Googleドライブに保管可能なファイル」

Googleドライブにアップロード可能な容量

Googleドライブ上には、無料で15GBまでアップロードすることができます。

この15GBはGoogleアカウント1つにつき無料で利用できる範囲であるため、Googleドライブ以外にもGmailやGoogleフォトで使用する容量も含まれています。

また、容量が足りなくなってしまった場合は容量を追加で購入することができるので安心です。

アイテムをアップロードする方法【PC編】

実際に、PCでGoogleドライブ上にアイテムをアップロードする手順をご紹介します。

1.画面左上の[ + 新規 ]と書かれた部分をクリックします。

2.アップロードしたいアイテムを選択します。

ファイル単体をアップロードしたい場合は[ファイルのアップロード]を、フォルダを丸ごとアップロードしたい場合は[フォルダのアップロード]をクリックしてください。

下の画面のように、端末に保存されているフォルダやファイルが表示されます。

アップロードしたいフォルダまたはファイルをクリックし、[アップロード]をクリックするとアップロードすることがができます。

アイテムをアップロードする方法【スマートフォン編】

スマートフォン向けアプリ「Googleドライブ」を使ってアイテムをアップロードする方法をご紹介します。

今回は編集の都合上、iPhoneでGoogleドライブアプリを使う場合の操作画面を紹介しています。
Androidの場合も基本的な操作方法は同じですが、この記事で紹介している画面とは異なる場合があるので、ご注意ください。

1. アプリを立ち上げたら、画面右下の[ + ]マークをタップします。

2. [アップロード]と書かれた部分をタップします。

3.1.端末内の写真や動画をアップロードする場合は[写真と動画]と書かれた部分をタップします。

端末の写真アプリが開かれるので、

アップロードしたい画像を選択し、右上の[アップロード]をタップするとアップロードすることができます。

4.1.文書ファイルなど写真アプリ以外に保存されているデータをアップロードする場合は、[参照]をタップします。

ファイル選択画面が表示されるので、アップロードしたいファイルを選択するとアップロードすることができます。

【応用編】アップロードしたデータを共有する

Googleドライブでは、オンライン上にアップロードされたアイテムを簡単に共有することができます。

共有することで、必要な資料を印刷やメールなどで一人一人に配布する必要がなくなります。

また、変更を加えた場合は自動で内容が更新されるため、常に最新の状態のアイテムを複数人で共有することが可能です。
リアルタイムで共同編集することもできるため、複数人での作業も効率よく進めることができます。

”共有する相手”や、”共有相手がアイテムに対して加えられる作業”などを細かく制限することができるのでセキュリティ面も安心です。

Googleドライブにアップロードできない時の対処法

Googleドライブへのアップロードがうまくいかない場合の対処法を、考えられる原因ごとにご紹介します。

原因①インターネットにデバイスが接続されていない

そもそも使用している端末がインターネットにうまく接続できていない場合があります。

使用している場所や状況によって回線が不安定になっている可能性があるので、まずは接続の状況を確認し、再接続してみてください。

また、使っていない電子機器のWi-Fiをオフにすると、接続しやすくなる場合もあります。

原因②Googleドライブの空き容量がない

利用できる容量が足りていない場合があります。

無料で利用できる15GBギリギリまで使用してしまっている場合の対処法には次の3つがあります。

不要なデータやファイルを削除する

容量がいっぱいになってしまった場合は、不要なデータを削除することがおすすめです。

もう使わなくなった書類や不要な写真がないか、一度ドライブ内のデータを整理してみてください。

またGmailとGoogleフォトが使用する容量も、無料で使える15GBのうちに含まれるので、合わせてこれらのサービス内のデータを見直すこともおすすめです。

すぐに使わないデータをUSBなどに移して保管しても良いでしょう。

プランをアップグレードする

個人アカウントの場合、現在Googleアカウントの無料プランを利用されている方は有料プランに、有料プランを利用されている方はプランのグレードをあげることで容量を増やすことができます。

有料プランである「Google One」には6つの料金プランがあり、保存可能な容量を増やせるのに加えて、最大6人までの家族とのストレージ共有機能、無料のカスタマーサポート、GooglePlayのギフトがもらえるなど、加入者限定のサービスを受けることができます。

Googleの有料サービスは企業アカウント向けのGoogle Workspaceが有名ですが、こちらのGoogle Oneは個人アカウント向けに作られているという点が最大の違いです。

Google Oneでは容量だけの購入はできませんが、加入することで容量を増やせるだけでなく様々な特典を得られるため、メリットは大きいといえます。

Google Oneに加入する手順は以下の通りです。

1.Googleの検索画面を開き、画面右上のGoogleアカウントのアイコンをクリックします。

2.[Googleアカウントを管理]という部分をクリックします。

3.[保存容量を追加]という部分をクリックします。

4.各プランごとの内容と価格が表示されるので、用途にあったプランを選んでください。

容量を追加購入する

企業向けの有料プランであるGoogleWorkspaceに加入している場合、容量を追加で購入することができます。
月額250円で100GB、1300円で1TBの容量が追加できるので、状況に合わせてプランを選択してください。

容量を追加で購入する手順は以下の通りです。

1.Googleの検索画面を開き、画面右上のGoogleアカウントのアイコンをクリックします。

2.[Googleアカウントを管理]という部分をクリックします。

3.[アカウントのストレージ]という部分をクリックします。

用途に合わせて適したプランを選択してください。

原因③アップロードしようとしているアイテムの容量が大きい

アイテムの容量が大きすぎる場合は圧縮もしくは分割することでアップロードできるようになります。

Googleドライブにアップロードできる上限はドキュメントであれば102万文字以内・50MBまで、スプレッドシートであれば500万セル・18,278列まで、プレゼンテーションであれば100MBまでと非常に大きいです。

一般的に用いるファイルであれば問題なくアップロードできる場合がほとんどですが、これらを上回る場合は、ここでご紹介する容量を削減する方法を試してみてください。

アイテムを圧縮する

アイテムを「圧縮」することで中身のデータはそのままにサイズを小さくすることができます。

WindowsやMacなど一般的なパソコンではファイルを選択し右クリックすると「ファイルを圧縮する」というような表示が出ます。
詳しくはお使いのパソコンの「圧縮」についての説明をご確認ください。

アイテムを分割する

複数のアイテムに分割することで、1つあたりのサイズを小さくすることができます。
必要に応じて再度結合することもできるため安心です。

ファイルの分割・結合についても一般的なパソコンに元から備わっている機能なので、詳しくはお使いのパソコンの説明をご確認ください。

原因④Googleドライブの不具合

Googleドライブ自体に何か不具合が生じていることでアップロードできない場合もあります。

まずは一度Googleドライブを閉じ、開きなおして見てください。
それでも治らない場合はパソコンを再起動することで解消することもあるので、そちらも試してみてください。

まとめ

Googleドライブの基本機能である、アイテムのアップロード方法についてご紹介しました。

アイテムをアップロードすることで、いつどこにいても気軽に閲覧でき、端末の容量を削減することができるようになります。
またAIによる高度な検索機能と合わせてデータを整理できるところも魅力のひとつです。

ぜひGoogleドライブにアップロードして効率化を図ってみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。