閉じる

【画像で解説】Googleドキュメントで取り消し線機能を使用する方法

執筆記事の中の文字を置き換える際などに使用することが多い「取り消し線」。Googleドキュメントにも取り消し線機能が搭載されています。Googleドキュメントで取り消し線機能を使用する方法と手順をご紹介します。

カテゴリ: Googleドキュメント

リモートワークが主流になり、Wordよりも作成したドキュメントを簡易的に共有することができるGoogleドキュメントを使用している方も増えてきていますよね。

「Googleドキュメントをメインに使用したいけれど、Googleドキュメントのフォーマット機能の中には取り消し線が無くて、不便」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に朗報です。実はGoogleドキュメントにも取り消し線機能が搭載されています。

今回は、Googleドキュメントで取り消し線機能を使用する方法とその手順について詳しくご紹介します。

スマートフォン用Googleドキュメントアプリで取り消し線機能を使用する方法についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Googleドキュメントの取り消し線機能はデフォルトでは表示されていない

MicrosoftWordと同じように、Googleドキュメントにも取り消し線機能が搭載されています。

しかしメニューバーに表示されているWordと比べて、Googleドキュメントの場合はメニューに表示されていないため、その機能を知らない方も多いです。

Googleドキュメントで取り消し線機能を使用する事ができれば、複数人でチェックリストを共有し、タスクを効率よく進めることが可能になります。

とても便利な機能なのでぜひ使用してみてはいかがでしょうか。

Googleドキュメントで取消し線を表示させる方法

Googleドキュメントで取り消し線を表示させる方法は2通りあります。

・Googleドキュメントメニューの「表示形式」から表示させる ・ショートカットキーを使用して表示させる

それぞれ方法と手順について詳しくご紹介します。

Googleドキュメントの「表示形式」から取り消し線を表示させる

まず1つ目の方法は、Googleドキュメントメニューの「表示形式」から取り消し線を表示させる方法です。

手順についてご紹介します。

1.取り消し線を加えたい文字を選択する

2.Googleドキュメントのメニューバーにある「表示形式」をクリックする

3.表示形式の中の「テキスト」をクリックする

4.「取り消し線」をクリックする

するとこのように取り消し線が表示されるようになります。

Googleドキュメントの「ヘルプ」から取り消し線を表示させる

2つ目の方法は、Googleドキュメント上の「ヘルプ」から取り消し線を表示させる方法についてご紹介します。

1.取り消し線を加えたい文字を選択する

2.Googleドキュメントのメニューバーにある「ヘルプ」をクリックする

3.ヘルプ内の「メニューを検索」欄に「取り消し線」と入力し検索する

4.検索し、出てきた「取り消し線」をクリックする

するとこのように取り消し線が表示されるようになります。

Googleドキュメントのショートカットキーを使って取り消し線を表示させる

3つ目の方法は、ショートカットキーを使用して、取り消し線を表示させる方法です。

取り消し線を表示させるショートカットキーは、MacとWindowsによって異なるのでそれぞれ分けてご紹介します。

Mac

Macでショートカットキーを使用して取り消し線を表示させる場合は、

・Command+shift+X

を使用して取り消し線を表示させます。

Windows

Windowsでショートカットキーを使用して取り消し線を表示させる場合は、

・Alt + Shift + 5

を使用して取り消し線を表示させます。

スマートフォンのGoogleドキュメントで取り消し線を表示させる方法

パソコン上のGoogleドキュメントだけでなく、スマートフォン用のGoogleドキュメントアプリでも取り消し線を表示させる事ができます。

Googleドキュメントアプリで取り消し線を表示させる方法とその手順についてご紹介します。

1.アプリを開き、取り消し線を付けたいドキュメントを選択または新規作成する

2.取り消し線を付けたい文字を選択する

3.文字を選択したまま、右上のAをタップする

4.右から3つ目のSをタップする

するとこのように取り消し線が表示されるようになります。

取り消し線と同様に、一番左のBをタップすると太字、左から2番目のIをタップすると斜体、左から3番目のUをタップすると下線を付けることができます。

取り消し線同様メニューバーに表示されていない機能

Googleドキュメントには、取り消し線機能と同様にメニューバーに表示されていないけれど、覚えておくと便利な機能が数多く搭載されています。

Googleドキュメントの便利な機能の使用方法と手順についてご紹介します。
その機能を立ち上げるショートカットキーも合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

音声を自動でテキスト化できる「音声入力」機能

Googleドキュメントには、音声を認識して自動で文字起こしをしてくれる「音声入力」機能が搭載されています。

マイクボタンをクリックし、入力したい文字をPCやスマートフォンに向かって話すだけで文字にしてくれるとても便利な機能です。

音声入力を使うとキーボードで手入力するよりも約1.5倍ものスピードで文章を作成できるといわれており、手入力が面倒な時や時間がない時の文章作成にとても便利です。

音声入力のショートカットキー

「音声入力」のショートカットキーは以下のものを使用します。

・Ctrll+Shift+S

Googleドキュメントの音声入力機能についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
タイピングが苦手な方にもおすすめな機能なので、ぜひ記事を参考に使用してみてください。

▶Googleドキュメントを使って音声入力する方法と注意点

文字数を一目で確認できる「文字カウント」機能

Googleドキュメントには、ドキュメントに入力してある文字数やワード数を一目で確認できるように表示してくれる「文字カウント」機能が搭載されています。

ドキュメント上部のメニューバーにある「ツール」またはショートカットキーから立ち上げるだけで文字数をカウントしてくれる機能です。

文字数に指定がある論文等を執筆する際にとても便利です。

文字カウントのショートカットキー

「文字カウント」のショートカットキーは以下のものを使用します。

・Ctrlll+Shift+C

Googleドキュメントの文字カウント機能についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

▶【画像付きで解説】Googleドキュメントで文字数をカウント・指定する方法

シーンや目的別に形式を変更できる「テキスト」機能

Googleドキュメントの基本的機能としてテキスト機能があります。

テキスト機能を使用することで、文書を使用するシーンに合わせて適切なテキストに変更することができる便利な機能です。

テキストのショートカットキー

「テキスト」のショートカットキーは以下のものを使用します。

・太字:Ctrll+B
・斜体:Ctrll+I
・下線:Ctrll+U
・取り消し線:Alt+Shift+5
・上付き文字:Ctrll+
・下付き文字:Ctrll+


ドキュメントを見やすくできる「配置とインデント」機能

Googleドキュメントには、文字の配置を変えたり、段落単位で文字の位置を揃える「配置とインデント」機能が搭載されています。

配布する資料等を作成する際にとても便利な機能です。

配置とインデントのショートカットキー

「配置とインデント」のショートカットキーは以下のものを使用します。

・左揃え:Ctrll+Shift+L
・中央ぞろえ:Ctrll+Shift+E
・右揃え:Ctrll+Shift+R
・両端揃え:Ctrll+Shift+J
・インデント増:Ctrll+]
・インデント減:Ctrll+[

ショートカットキーを使うとよい理由

ショートカットキーを使用することによって、マウスを使用せずPCのキーボードだけで操作を完了することができます。

作業を効率化することができるので、ショートカットキーを使いこなすことができると仕事ができる人という印象を持たれることも多いです。

また、ショートカットキーは「脱マウス術」として注目もされているので、覚えておくことに損はないでしょう。

まとめ

Googleドキュメントに搭載されている取り消し線機能とその使い方についてご紹介しました。

元々の文章を残したまま変更を加えたい時やタスクの共有時などに重宝することができる便利な機能です。

メニューバーには表示されていませんが、表示形式、ヘルプ、ショートカットキーを利用することで使用することができるので、様々な文書作成に活かしてみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。