閉じる

【アプリ版も紹介】Googleドキュメントの余白を設定する方法と手順

ディスクリプション:Googleドキュメントの便利な機能の一つに余白設定機能があります。シーンや目的に合わせて余白を変更することで、より見やすい資料を作成することが可能になります。Googleドキュメントで余白を設定する方法についてご紹介します。

カテゴリ: Googleドキュメント

Googleドキュメントを使用していると、文章の途中でもページの区切りで勝手に分割されてしまうことがあります。

論文の執筆やブログの下書き等で使用しているけれど、文章が見づらくなるから余白を無くしたいという方も多いのではないでしょうか。

今回は、Googleドキュメントの余白を設定する方法やページの区切りでできる余白をなくす方法について詳しくご紹介します。

Googleドキュメントで余白を設定する方法

Googleドキュメントのデフォルト設定では、典型的なA4サイズにレイアウトされています。
表示されるページのサイズは210mm x 297mmで、余白は上、下、左、右から25.4mm離れているように設定されています。

このGoogleドキュメントの余白はPCはもちろんスマートフォン・タブレットでも設定することが可能です。

PCで余白を設定する方法

PCでGoogleドキュメントの余白を設定する方法についてご紹介します。

ルーラーを使用する

余白を設定する1つ目の方法はルーラーを使用する方法です。

ルーラーを使用することで、左右の余白を素早く変更することができます。 上下の余白は変更することができないので注意しましょう。

1.メニューバーの「表示」をクリックする

2.「ルーラーを表示」をクリックする

3.ルーラーが左側と上に表示される

ドキュメントの余白は、ルーラーがはいいとから白に切り替わるラインに配置されています。
左側のルーラーで上下を、上部のルーラーで左右の余白を表しています。

4.上部のルーラーを使用して余白を設定する
ルーラーの青い▼をクリックしながら、余白を無くしたい部分までドラッグします。

ページ設定をする

余白を設定する2つ目の方法はページ設定をする方法です。
ページ設定では、上下左右の余白を変更することができます。

1.メニュー上部の「ファイル」をクリックする

2.ファイル内の「ページ設定」をクリックする

するとこの画面が表示されます。

3.余白の上下左右にそれぞれ値を入力する

入力後「OK」をクリックすれば余白設定が完了です。

4.この値をデフォルトに設定したい場合は、「デフォルトに設定」をクリック

この方法では、セクションごとに余白を変更することで、ページごとに違った余白を選択することも可能です。

スマートフォン・タブレットで余白を設定する方法

アプリ版Googleドキュメントを使用して、スマートフォンやタブレットで余白を設定する方法をご紹介します。

1.右上の「・・・」をタップする

2.メニュー内の「ページ設定」をタップする

3.「余白」をタップする

好みの余白を選択し、「適用」をタップすれば余白設定完了です。

おすすめの余白設定例

アプリ版Googleドキュメントで使用することのできる、おすすめの余白設定をご紹介します。

幅狭

幅狭は、上下左右の余白がすべて1.27cmに設定されています。

余白が少な目に設定されており、1ページに文字を多く入れたいという方や、なるべく紙を無駄にせずに印刷をしたいという方におすすめの余白設定です。

余白設定を幅狭に設定したPC版ドキュメントがこちらです。

デフォルト

デフォルトはGoogleドキュメント新規作成時の基本設定に使用されており、上下左右の余白がすべて2.54cmに設定されています。

基本設定されている余白に対して、特に不便さを感じていない方におすすめです。
デフォルトに設定されているPC版ドキュメントがこちらです。

幅狭と比べて、上下左右の余白の幅が広がったことが分かります。 また1ページに入力することができる文字数も少なくなりました。

幅広

幅広は上下の余白が2.54cm、左右の余白が5.08cmにそれぞれ設定されています。

余白が多く余っているので、印刷した際に余白にメモを書き込みたいという方におすすめの余白設定です。

幅広に設定されているPC版ドキュメントがこちらです。

設定した余白を元に戻す方法

設定した余白を元に戻したいという方も多いと思います。
余白設定を元に戻す方法をご紹介します。

PCで余白を元に戻す方法

PCで余白をデフォルトに戻すためには、手動で余白の値を変更する必要があります。
手順は、PCで余白を設定する方法の「ページ設定を使用する」と同じです。

1.メニュー上部の「ファイル」をクリックする

2.ファイル内の「ページ設定」をクリックする

3.余白の部分に2.54cm(デフォルト)の入力する

数値を変更後、「OK」をクリックすると元の余白に戻すことができます。

スマートフォン・タブレットで余白を元に戻す方法

アプリ版Googleドキュメントを使用して、スマートフォンやタブレットで余白を元に戻す方法をご紹介します。

1.右上の「・・・」をタップする

2.メニュー内の「ページ設定」をタップする

3.「余白」をタップする

4.「デフォルト」をタップする

5.「適用」をタップする

これで余白を元に戻すことができました。

ページの区切りで出来る余白をなくす方法

Googleドキュメントで文章を書いていると、ページの区切りで余白が出来てしまいます。
余白が出来ることによってスクロールが多くなり邪魔だと感じている方も多いでしょう。

ページの区切りで勝手に分割されて出来てしまう余白をなくす方法をご紹介します。

印刷レイアウトを外す

ページ間の余白とは、画像の赤で囲んである余白のことを指します。

ページ間の余白をなくすためには、印刷レイアウトをオフにする必要があるため、その手順をご紹介します。

1.メニューバーの「表示」をクリックする

2.「印刷レイアウト」をクリックしてチェックを外す

するとこのように、ページ間の余白がなくなります。

ページごとの区切り線は消せない

より見やすくするために、ページ間の余白と一緒に、ページごとの区切りを消したいという方もいらっしゃると思います。

しかし現状ページごとの区切り線を消す方法はないため、こればかりは慣れるしかありません。

ページの余白のみをなくしたい場合

ページとページをくっつけずに、無駄な余白のみをなくす方法についてご紹介します。

1.メニュー上部の「ファイル」をクリックする

2.ファイル内の「ページ設定」をクリックする

3.上下の余白を0cmにする

「OK」をクリックすると、ページはくっつけずに無駄な余白をなくすことができます。

まとめ

Googleドキュメントで、余白を狭めたりなくす方法についてご紹介しました。

余白機能を活用することで、Web上で資料を作成する際やレポートを執筆する際など、見やすく調節することができる便利な機能です。

PC版だけでなく、アプリ版でも使用することができるので、シーンに合わせて余白設定を変更してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。