閉じる

Googleドキュメントで文書を見やすく!見出し・目次を作成する方法について

Googleドキュメントの見出し機能を活用することで、見やすい文書を作成することが可能になります。見出しや目次を作成する方法と、見出しをより目立たせるために知っておきたいデザインの手順についてご紹介します。

カテゴリ: Googleドキュメント

便利な機能が多く搭載されているGoogleドキュメント。

レポートや資料を作成するために使用しているという方も多いと思いますが、文章が長く見にくいと感じたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

文書が見にくい場合は、Googleドキュメントの見出し機能を活用することで整理された文書にすることが可能です。

今回は、Googleドキュメントで見出しを作成する方法や見出しにリンクを付ける方法についてご紹介します。

Googleドキュメントで見出しを作る方法 PC編

ブラウザ版Googleドキュメントで見出しを作る方法についてご紹介します。

「標準テキスト」から作成する

1.見出しにしたい文章の頭にカーソルを合わせる

2.右上の「標準テキスト」をクリックする

3.「見出し1」をクリックする

4.「見出し1を適用する」をクリックする

すると見出しが作成されます。

同じ手順で下の文章の頭にカーソルを合わせ、

「見出し2を適用する」をクリックすると

2番目に大きい、見出し2が作成されます。

「表示形式」から作成する

「標準テキスト」を使用する場合、見出し3までしか作成することができません。
そんな時は「表示形式」を使用することで、見出し6まで作成することができます。

1.見出しにしたい文章の頭にカーソルを合わせる

2.メニューバーの「表示形式」をクリックする

3.「段落スタイル」をクリックする

4.作成したい見出しをクリックする
(今回は見出し6を作成します。)

5.「見出し6を適用」をクリックする

すると見出しが適用されます。

見出し4~6を作成したい場合は、この方法を使用してください。

ドキュメントの概要を表示する

ドキュメントの概要を表示し、クリックすることでそれぞれの見出しまで飛ぶことが可能です。
見出しや、文章が多い場合や見出しの一覧を知りたい場合にとても便利な機能です。

1.見出しを作成し、「表示」をクリックする

2.「ドキュメントの概要を表示」をクリックする
Ctrl+Alt+Aまたは、Ctrl+Alt+Hのショートカットキーでも表示可能です。

すると、このように見出し一覧が表示されます。

便利なショートカットキーを活用する

ショートカットキーを使用し、見出しを作成することも可能です。

見出しのレベルに合わせて、ショートカットキーを変更してください。

・見出しレベル1を設定する:Ctrl + Alt + 1
・見出しレベル2を設定する:Ctrl + Alt + 2
・見出しレベル3を設定する:Ctrl + Alt + 3
・見出しレベル4を設定する:Ctrl + Alt + 4
・見出しレベル5を設定する:Ctrl + Alt + 5
・見出しレベル6を設定する:Ctrl + Alt + 6

Googleドキュメントで見出しを作る方法 スマートフォン編

アプリ版Googleドキュメント見出しを作る方法についてご紹介します。

文字を選択しスタイルから設定する

1.見出しにしたい文字の頭にカーソルを合わせ、右上のAアイコンをクリックする

2.「テキスト」をクリックする

3.「スタイル」をクリックする

4.適用したい見出しをクリックする

この手順で見出し1~6まで作成することが可能です。

目次から見出しにリンクを設定する方法

文章が長い場合などは目次を作成し、目次をクリックするだけで見出しに飛べるようにすると便利です。

目次を作成する方法と、目次にリンクを設定する方法についてご紹介します。

目次を作成する

1.見出しを作成し、「挿入」をクリックする

2.「目次」をクリックする

3.適用したい種類を選択する その見出しがどのページにあるのか一目で分かるようにしたい場合は、①の「ページ番号付き見出し」をクリックします。

目次をクリックするだけで、その見出しまで飛ぶことができる目次を適用したい場合は、②の「青いリンク付き見出し」をクリックしてください。

ページ付き目次を選択した場合は、画像のようになります。

青いリンク付き目次を選択した場合は、画像のようになります。

作成した見出しを非表示にする

作成した見出しを非表示にする方法についてご紹介します。

「ドキュメント概要」サイドバーを非表示にする

目次自体は削除せず、ドキュメント概要を非表示にしたい場合の手順は以下の通りです。

1.左端の「←」をクリックする

すると画像のように、見出しの概要が非表示になります。 再度表示させたい場合は、左端のアイコンをクリックすると再度見出しの概要が表示されます。

ドキュメントに挿入した目次を削除する

目次自体を削除したい場合の手順をご紹介します。

1.文字を選択して右クリックをする

2.「目次を削除」をクリックする

Googleドキュメントの見出しをデザインする方法

見出しを作成したけれど、インパクトがなく他の文章と見分けがつかないという場合は、見出しをデザインするのがおすすめです。

Googleドキュメントで見出しをデザインする方法についてご紹介します。

枠線と網掛けを使用してデザインする

1.デザインしたい見出しの頭にカーソルを合わせる

2.メニューバーの「表示形式」をクリックする

3.「枠線と網かけ」をクリックする

.枠線と色を選択する

枠線と色を指定し、適用を選択すると画像のようになります。

この機能を使用することで、大量の文章の中でも見出しを一目で確認することが可能になります。

設定したデザインを全体に反映する

見出しに適用したデザインを、同じ大きさの見出しに反映したいということも多いでしょう。

設定したデザインを同じ大きさの見出しに反映する方法についてご紹介します。

1.デザインした見出しの行にカーソルを合わせる

2.右クリックをする

3.「見出し1をカーソルの位置のスタイルに更新」をクリックする

すると同じデザインが反映されます。

まとめ

ドキュメントの見出し機能は、ただ見出しを作成するだけではなく、ページ番号やリンク、デザインを付けることも可能でとても便利な機能です。

アプリ版Googleドキュメントでも作成することが可能なので、スマートフォンやタブレットなどのデバイスでも活用することができます。

今回ご紹介したことを参考に、分かりやすい文書を作成してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。