閉じる

【PC・スマホ】Googleドキュメントでページ番号を追加する方法

文書や資料を作成する際、より分かりやすくするためにページに番号を振っているという方も多いでしょう。今回はGoogleドキュメントでページ番号を追加する方法について画像付きで解説します。

カテゴリ: Googleドキュメント

Googleが運営する文書作成ツールGoogleドキュメントで文書や資料を作成する際、見やすさを重視して作成したいという方も多いのではないでしょうか。

Googleドキュメントのページ番号機能や、区切り機能を活用することで、より見やすい文書や資料を作成することが可能になります。

今回はGoogleドキュメントでページ番号や区切り線を追加する方法とその手順についてご紹介します。

ページ番号を追加する方法

ページ番号とは、名前の通りページの番号のことを指します。
仕事で使用する資料などが複数ページにまたがるドキュメントを作成する際には、ページ番号を振っておくことで、説明がしやすくなったりページ抜けを避けたりすることが可能になります。

Googleドキュメントでページ番号を追加する方法をPC編とスマートフォン編に分けてご紹介します。

ページ番号を追加する方法 PC編

PC版Googleドキュメントにページ番号を追加する手順は以下の通りです。

1.メニューバーから「挿入」をクリックする

2.「ページ番号」をクリックする

3.ページ番号のスタイルを選択する

すると画像のようにページ番号が表示されます。

また、ページ番号のスタイルは全部で4つあるので、資料に合わせたスタイルを選択してください。

①ページ番号の表示が右上(表紙なし)
②ページ番号の表示が右上(表紙あり)
③ページ番号の表示が右下(表紙なし)
④ページ番号の表示が右下(表紙あり)

ページ番号を追加する方法 スマートフォン編

スマートフォン(アプリ)版Googleドキュメントでページ番号を追加する手順は以下の通りです。

1.右上の「+」マークをタップする

2.「ページ番号」をタップする

3.ページ番号のスタイルを選択する

すると画像のようにページ番号が追加されます。

ページ番号を削除する方法

追加したページ番号を削除する方法をご紹介します。

ページ番号を削除する方法 PC編

PC版Googleドキュメントで追加したページ番号を削除する手順は以下の通りです。

1.ページ番号上にある「オプション」をクリックする

2.「フッターを削除」をクリックする

すると画像のようにページ番号がフッターごと削除されます。

ページ番号を削除する方法 スマートフォン編

スマートフォン(アプリ)版Googleドキュメントで追加したページ番号を削除する手順は以下の通りです。

1.削除したいページ番号をタップし、キーボードの「×」または上部の戻るアイコンをタップする

改ページ・区切り線を追加する方法

Googleドキュメントの改ページとは、ドキュメント1枚目から2枚目にさしかかる、切り替え部分を指します。

改ページと区切り線を追加する方法についてご紹介します。

改ページを追加する方法

ページの切り替わり以外で改ページをしたい場合は、「Ctrl+Enter」のショートカットキーを使用します。

1.改ページしたい場所にカーソルを合わせる

2.Ctrl+Enterを押す

すると画像のように、途中であっても改ページが追加されます。

また、「挿入」→「区切り」から追加することも可能です。

区切り線を追加する方法

Googleドキュメントには2種類の区切り線が存在します。 それぞれ追加する方法をご紹介します。

印刷される区切り線を追加する

印刷時にも表示される区切り線を追加する手順は以下の通りです。

1.メニューバーから「挿入」をクリックする

2.「区切り線」をクリックする

すると画像のように区切り線が表示されます。

印刷されない区切り線を追加する

印刷時には表示されない区切り線(セクション区切り)を追加する手順は以下の通りです。

1.メニューバーから「挿入」をクリックする

2.「区切り」をクリックする

3.「セクション区切り(連続)」をクリックする

すると画像のように区切りが追加されます。

改ページ・区切り線を削除する方法

追加した改ページと区切り線を削除する方法をご紹介します。

改ページを削除する方法

ページとページの間に表示される改ページを削除する手順は以下の通りです。

1.メニューバーの「表示」をクリックする

2.「印刷レイアウト」をクリックし、チェックを外す

すると画像のようにページとページの間の隙間が無くなります。

区切り線を削除する方法

追加した区切り線は、印刷時に表示される区切り線、表示されない区切り線どちらも「delete」で削除することが可能です。

また、Googleドキュメント上の元に戻すアイコンや、「Ctrl+Z」のショートカットキーで削除することができます。

まとめ

Googleドキュメントでページ番号を付ける方法や無駄な余白を削除する方法等をご紹介しました。

ページ番号機能はアプリ版のGoogleドキュメントでも操作可能なので、スマートフォンやタブレットなどのデバイスでも活用することが可能です。

今回ご紹介したことを参考に、より見やすい文書や資料を作成してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。