閉じる

Googleドキュメントにログインする手順|ログインせずに編集する方法について

Googleが運営するアプリケーションのひとつにGoogleドキュメントがあります。Googleドキュメントは複数の相手と簡単に共有することができる便利な文書作成ツールです。Googleドキュメントのログイン手順についてご紹介します。

カテゴリ: Googleドキュメント

GoogleドキュメントはGoogleが運営する文書作成ツールで、Googleアカウントを持っている方であれば誰でも使用することができます。

今回はGoogleドキュメントのログイン方法や、別のGoogleアカウントに切り替えてGoogleドキュメントを使用する方法、ログインせずに編集する方法などをご紹介します。

Googleドキュメントのログイン方法

Googleドキュメントにログインする方法についてご紹介します。

1.Googleトップ画面の右上にあるアプリアイコンをクリックする

2.アプリの中から「Googleドキュメント」をクリックする

3.Googleドキュメントが開けたら、用途に合わせてドキュメントを作成する

するとドキュメントが立ち上がるので、文書や資料を作成してください。

別アカウントに切り替えてGoogleドキュメントを使用する方法

ログインしているアカウントとは別のGoogleアカウントに切り替えてGoogleドキュメントを使用する方法をご紹介します。

1.Googleトップ画面の右上にあるアプリアイコンをクリックする

2.アプリの中から「Googleドキュメント」をクリックする

3.右上のアカウントアイコンをクリックする

4.「別のアカウントを追加」をクリックする

この時、すでにログインしている別アカウントがある場合は、そのアカウントをクリックすることも可能です。

5.ログインしたいGoogleアカウントのメールアドレスを入力する

6.ログインしたいGoogleアカウントのパスワードを入力する

すると画像のような画面になります。
この画面が表示されたら、別アカウントに切り替えた状態でGoogleドキュメントを使用することが可能です。

GoogleアカウントにログインせずにGoogleドキュメントを編集する方法

Googleドキュメントは共有ドキュメントを使用することで、Googleアカウントにログインしなくても編集をすることが可能です。

わざわざ長いメールアドレスやパスワードを入力しなくてもドキュメントを編集をすることができる便利な機能です。

GoogleアカウントにログインせずにGoogleドキュメントを編集する方法をご紹介します。
ただしドキュメント作成者はGoogleアカウントにログインする必要があります。

<ドキュメント作成者>
1.ドキュメントを作成し右上の「共有をクリックする」

2.アクセス権をクリックし、「リンクを知っている全員」を選択する

3.編集権をクリックし、「編集者」を選択する

4.リンクをコピーし、完了をクリックする

5.コピーしたリンクを共有したい相手に送る

<編集者>
1.共有ドキュメントを作成したオーナーから送られてきたリンクをクリックする

2.ドキュメントを開き、編集をする
右上に「ログイン」ボタンが表示されていれば、ログインしていない状態で編集が可能です。

作成者画面で見ると下の画像のようになります。

ログインしているのに共有ファイルにアクセスできない時の対処法

Googleドキュメントの最も便利な点はファイルを簡単に共有することができる点と言っても過言ではありません。

しかし、その共有ファイルがなぜか開かないといった経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Googleアカウントにログインしているにも関わらず、共有ファイルにアクセスできない際の対処法についてご紹介します。

相手がアクセス権限の付与を忘れている場合

1つ目は共有相手がアクセス権の付与を忘れている場合の対処法です。

下記画像のような画面が表示された場合は、相手がアクセス権の付与を忘れている可能性が高いです。

この場合は、アクセス権を付与してもらえるように、「アクセス権限をリクエスト」をクリックしてアクセス権を貰えるように申請しましょう。

この時、画面下部にログインしているアカウントが表示されるので、アカウントに間違いがないか確認するようにしてください。

2つ目は自分が共有を許可されたGoogleアカウントとは別のアカウントでログインをしてしまっている場合です。

共有ファイルには共有する方の制限が設定されていることがほとんどです。
共有を許可されたアカウントではない場合、共有ファイルを閲覧、編集することができないので注意しましょう。

別のアカウントでログインしてしまっている場合は、上記の「別アカウントに切り替えてGoogleドキュメントを使用する方法」を参照してください。

Googleアカウントを持っていない相手とドキュメントを共有する方法

GoogleドキュメントはGoogleアカウントを持っていない相手ともファイルを共有することが可能です。

Googleアカウントを持っていない相手とGoogleドキュメントのファイルを共有する方法についてご紹介します。

公開リンクを作成する

1つ目の方法は公開リンクを作成する方法です。

1.共有したいドキュメントを開き、右上の「共有」をクリックする

2.アクセス権をクリックし、「リンクを知っている全員」を選択する

3.編集権をクリックし、「編集者」を選択する

4.リンクをコピーし、完了をクリックする

コピーしたリンクを共有したい相手に送ると、Googleアカウントを持っていない相手とも共有することができます。

ビジター機能を使用する

公開リンクよりもセキュリティが担保されているのが「ビジター機能」です。

ビジター共有機能を使用すれば、Googleアカウントを持っていない相手に対して個別に閲覧、編集権限を付与することができます。

共有の際に、本人確認もおこなわれるため、会社の外には漏らせない資料などの共有にも使用することが可能です。

ただし、ビジター機能でファイルを共有できる期間は7日間と決められているので、注意しましょう。

1.ビジター共有したいファイルの右上にある「共有」をクリックする

2.共有したい相手のメールアドレスを入力する

3.共有レベルを選択する

すると画像のような画面が表示されるので、組織外に共有してよいファイルかどうかをもう一度確認し、「このまま共有」をクリックする

すると共有相手に画像のようなメールが送られます。

共有相手が青いボタンをクリックすれば共有完了です。

まとめ

Googleドキュメントへログインする手順やログインせずにドキュメントを編集する方法、Googleアカウントを持っていない相手にドキュメントを共有する方法についてご紹介しました。

ドキュメントを共有する際には、共有のレベル設定をしっかりと確認し、情報を漏らさないように注意しましょう。

Googleドキュメントは便利な機能が多いため、ぜひGoogleドキュメントを活用してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。