閉じる

GoogleカレンダーでToDoリストを使う方法|注意点も解説

Googleカレンダーを業務で扱うという方は多いのではないでしょうか。Googleカレンダーには便利な機能が多く搭載されていますが、その中でもToDoリストを活用すると効率的に予定を立てることができます。今回はそんなGoogleカレンダーのToDoリストの使い方や注意点を解説します。

カテゴリ: Googleカレンダー

Googleカレンダーはデバイスに左右されずに操作が可能な非常に便利なカレンダーツールです。
その使いやすさからビジネスユースだけでなくプライベートで扱う方も増えています。

そんなGoogleカレンダーですが、ToDoリストというタスクの管理を行いやすくすることのできる機能が搭載されていることをご存じでしょうか。

今回はそんなGoogleカレンダーのToDoリストについて使い方や注意点を詳しく解説します。

GoogleカレンダーのToDoリストとは

Googleカレンダーではタスク管理機能としてToDoリストを連携させることができます。

ToDoリストはタスクを可視化して捉えることが容易な管理ツールです。

このツールを用いることで、1日のタスクや重要な事項を確認することができます。
Gmailで時間を決めてメールを送信することもできるため、予定の管理には最適なツールです。

GoogleカレンダーとGoogleToDoリストはそれぞれ別のサービスですが、どちらもGoogleアカウントがあれば利用可能です。

また、それぞれ別のツールではありますが、Googleカレンダーの中でToDoリストを利用することも可能です。

スケジュールやタスクを同時に把握することで効率的な予定立てを行うことができるようになります。

GoogleカレンダーのToDoリストでできること

GoogleカレンダーでToDoリストを使うとできることでできることを解説します。
普段のスケジュール立てをより効率的に行うことができるようにしましょう。

タスクの作成

Googleカレンダーを使ってタスクの作成を行うことができます。
他のスケジュールや進捗を反映してタスクの作成を行うことができるため、一つのアプリで完結できます。

タスクの表示

Googleカレンダーにタスクを表示させることも可能になります。
タスクの表示を行うことで1日の予定や行動を瞬時に把握することができるようになります。

他の日程の予定や行動も同時に考慮することができるようになるため効率的にスケジューリングを行うことが可能になります。

タスクの編集・削除

ToDoリストのタスクをGoogleカレンダーから編集・削除を行うこともできます。

急に決まった予定や約束によってToDoリストの内容を変更することや削除することもあるのではないでしょうか。

こうした場合でもGoogleカレンダーでToDoリストを使うことで柔軟な対応ができます。

タスクの完了

達成したタスクをGoogleカレンダー画面から操作して完了ステータスへ移行することもできます。

別のアプリではありますが、同時に使うことができるため一回ずつ別々のアプリを開いて操作する必要はありません。

GoogleカレンダーのTodoリストを使う方法(PC版)

ここではGoogleカレンダーのToDoリストを使う方法を解説します。

①ToDoリストをクリック

まずはGoogleカレンダーの右端に表示されているToDoリストをクリックします。

②タスクを追加

ToDoリスト内に表示されている「タスクを追加」ボタンをクリックします。

③詳細を編集

詳細な情報の編集を行います。
「タイトル」にはタスクの内容を端的に記載すると、全体のタスクを見渡した際に情報を把握しやすくなります。

また、日時の設定は繰り返しを「日ごと」「週ごと」などの設定ができるため、定期的に行うタスクを設定する際に便利です。

④カレンダーに表示されていることを確認

タスクの詳細な入力が完了した際はタスクの横に表示されている◯ボタンにチェックをつけます。

GoogleカレンダーのTodoリストを使う方法(スマホ版)

スマホでGoogleカレンダーのToDoリストを使う方法を解説します。

①追加アイコンをクリック

カレンダー右下部分にある追加アイコンをタップします。

②タスクからToDoリストを選択

「タスクを追加」ボタンをタップします。

③タイトル、詳細設定を入力

詳細な情報の編集を行います。
日時の設定は繰り返しなどの機能を設定すると便利です。

GoogleカレンダーでTodoリストを使う時の注意点

GoogleカレンダーでToDoリストを使うと便利な機能がたくさんありますが、実は注意しないと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう場合があります。

ここではそんなGoogleカレンダーのToDoリストを使う際の注意点について解説します。

通知が届かないことがある

GoogleカレンダーではToDoリストを使って通知を行うことができます。
ただし、PCやスマホの設定では通知が届かない場合があります。

また、GoogleカレンダーでToDoリストを使う際にはブラウザの設定によって通知されない場合もあります。

通知がうまく機能しない場合は設定の確認を行いましょう。

意図せずToDoリストが共有されてしまうことがある

悪意のあるユーザーによってGoogleカレンダーの情報を盗まれてしまうことがあります。

Googleカレンダーには招待機能が搭載されていますが、この機能を悪用して赤の他人のGoogleカレンダーと同期できてしまうようなスパムメールが送られることがあります。

この手法に引っかかってしまうと自身のToDoリストなどの情報が知らないうちに覗き見られてしまうことがあります。

身に覚えのない相手からのメールに添付されたリンクなどは触れないようにしましょう。

プライベートとビジネスの混同に注意する

GoogleカレンダーはPCやスマホなどのデバイスに左右されることなく使用することができ、非常に使い勝手の良いサービスです。

そのため、仕事の場だけでなくプライベートのスケジュール管理においても利用している方が多いのではないでしょうか。

ただし、プライベートとビジネスの双方でGoogleカレンダーを使う場合はアカウント管理などに注意が必要です。

意図せず個人的な情報が共有されてしまうこともあるため注意しましょう。

GoogleカレンダーのToDoリストを活用して効率的なスケジュール立てを

GoogleカレンダーのToDoリストは効率的なスケジュール立てを行うことのできる便利な機能です。

この機能をフルに活用して、これまでの予定立てにおける煩わしさを解消しましょう。

また、GoogleカレンダーのToDoリストを使う際には個人情報の漏洩対策などの注意が必要な点も存在します。

正しく使って、より生産性の高い行動ができるように工夫をしてみましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。