閉じる

Googleカレンダーの同期機能の使い方!注意点も解説!

Googleカレンダーを職場や学校で使う機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。中でも同期機能はデバイスに限らず使うことのできる便利な機能です。この記事ではそんなGoogleカレンダーの同期機能について使い方から注意点まで解説します。

カテゴリ: Googleカレンダー

Googleカレンダーは手軽に使える上に、様々な便利な機能が充実しているため、職場や学校において使う機会が増えたという方もいるのではないでしょうか。

Googleカレンダーには便利な機能が多く存在しますが、中でも同期機能は便利な機能です。
ただし、あまり使いこなせておらず、Googleカレンダーの同期機能についてもあまり知らないという方もいるのではないでしょうか。

この記事ではそんなGoogleカレンダーの同期機能について使い方から、使う際の注意点まで徹底解説します。

Googleカレンダーを同期すると便利な使い方ができる!

GoogleカレンダーはGoogleカレンダーには「同期機能」という便利な機能があります。

同期機能とは、他のアプリからGoogleカレンダーへ自動で予定を入力する機能のことです。
同期機能を使うことで、
「予定の入力を忘れがち」
「予定の入力を煩わしく感じる」
といった悩みを解決することができるようになります。

Googleカレンダーを同期する3つの方法

Googleカレンダーへ予定を同期する方法は数多くあります。
ここでは、その中でもよく使われている同期の方法を3つご紹介します。

Googleカレンダーにアカウントで同期

PCからスマホ、またはスマホからPCに同期する方法を解説します。

普段PCからアクセスしているがスマホから閲覧したい場合やデバイス間が離れた場所で閲覧や編集をしたい場合に便利な同期の方法です。

①Googleカレンダーにログインする

自分の使うGoogleアカウントで、Googleカレンダーへログインします。
このとき、誤って他人のアカウントや、社用アカウントなどでログインしないように注意しましょう。

Googleカレンダーのログイン方法をさらに詳しく知りたい方はGoogleカレンダーのログイン方法!PC、アプリごとに解説をご覧ください。

②予定を作成する

Googleカレンダー上で予定を立てます。

自分だけでなく他人にも共有する場合には、わかりやすいように補足情報などを記載しておくと良いでしょう。

③同期したいスマホ・PCでGoogleカレンダーにログインする

同期をしたいスマホ・PCなどの端末で①と同様にログインをします。

GoogleカレンダーにGmailから同期

GoogleカレンダーにGmailから予定を同期する方法を解説します。
普段、仕事や学校のやりとりをGmailを中心に行なっている方に取っては便利な機能なので、ぜひご覧ください。

①PCからGoogleカレンダーを開く

PCからGoogleカレンダーを起動します。
Googleアカウントにログインしていない場合は、まずをログインを行いましょう。

②設定を開く

Googleカレンダー内の「歯車のマーク」から「設定」をクリックします。

③全般の中から「Gmail からの予定」を開く

Gmailの設定の中から「Gmailからの設定」の設定を開きます。

④「Gmail から自動的に作成された予定をカレンダーに表示する」チェックを入れる

「Gmail から自動的に作成された予定をカレンダーに表示する」にチェックを入れます。

⑤共有する相手を選ぶ

「メールの予定のプライバシー」から共有する相手を選択します。

GoogleカレンダーにURLから同期

URLを用いてGoogleカレンダーを同期する方法です。

①PCからGoogleカレンダーを開く

PCからGoogleカレンダーを開きます。
このとき、自分のアカウントでログインできていることを確認しましょう。

②設定を開く

右上の歯車マークから設定を開きます。

③カレンダーを追加から「URLで追加」を選ぶ

「カレンダーを追加」の項目から「URL」で追加を選択します。

④追加するカレンダーのURLを入力する

追加するカレンダーのURLを入力します。
このとき、コピーアンドペースト(コピペ)をすると打ち間違えを減らすことができます。

Googleカレンダーを同期されないときは?

Googleカレンダーの同期が上手くいかない時の解決方法をご紹介します。

「Googleカレンダーを同期したはずなのに表示されない、、、」
「時間が経っても表示されないが同期できているのか不安だ、、、」

という方はぜひ参考にしてください。

①インターネットに接続されているか確認する

Googelカレンダーはインターネットの接続が十分でない場合は正常に動作しません。
また、インターネットに接続されていない間に行われた動作はGoogleカレンダーへ反映されません。

インターネットに接続できない原因には「ルーターの問題で通信速度が低下している」「通信環境が良くない」などの原因が考えられます。

もし、インターネットに接続されていなければ「インターネットに接続されていません。」などのメッセージが表示されます。
このようなメッセージが表示された場合は、インターネット環境の確認を行いましょう。

②待ってみる

同期されるまで時間がかかることがあります。
また、Google側の問題で同期に時間がかかっている場合もあります。
サーバー側の問題が発生している際に無理に使用してしまうとデータを消失してしまう可能性もあります。

もしも、同期に時間がかかっている場合は、無理に使用しようとせず一旦待ってから行うようにしましょう。

③バージョンを確認する

GoogleChromeのバージョンが最新版になっているか確認するようにしましょう。
古いバージョンのGoogleChromeを使用しているとうまく動作しません。

特に、GoogleChromeアプリではないMiccrosoftEdgeやFireFoxなどのブラウザを利用している場合には2バージョン以上古いGoogleChromeを使用しているとデータ消失時の保証やバックアップなどの対応を受けることができません。

Googleカレンダーを同期するときの注意点

Googleカレンダーの同期機能は非常に便利ですが、注意して使わないと予期せぬ事態やトラブルに発展してしまうこともあります。
ここでは、Googleカレンダーを安全に使うための注意点を2つご紹介します。

情報漏洩に気をつける

Googleカレンダーを同期する時には、情報の保全に対して注意を払いましょう。

PCやタブレットなどのデバイスには、ログインしたGoogleアカウントの情報が残されてしまうことがあります。
GoogleアカウントはGoogleカレンダーだけでなくGmailなどのGoogleの提供するサービスにアクセスすることができます。

そのため、学校やインターネットカフェなどの不特定多数の使うPCやタブレット端末などでのログインは極力避けましょう。
特に、同期を行う場合は自分の情報だけでなく、他人の予定を漏洩させてしまうことがあります。
故意で無かったとしてもトラブルや予期せぬ事態に発展してしまうことがあるため注意しましょう。

元データの保管を行う

万が一の時のために元データの保管を行いましょう。
Googleのサーバーに障害が発生した場合は、同期機能を使えなくなってしまうことがあります。
実際に過去のサーバーエラーでは会社や病院などのGoogleカレンダーによってシフト管理を行なっていた職場において混乱が生じてしまったこともあったようです。

重要な予定は別のメモにも記載しておくなどのバックアップを行いましょう。 Googleカレンダーだけでスケジュールの管理をしている方は、特に注意すると良いでしょう。

Googleカレンダーの同期をうまくつかって仕事や勉強をより効率化しよう

Googleカレンダーを使うとスマホやPCなどのデバイス間でも同じ情報を閲覧することや編集することができるようになります。
また、共有を行えば、自分だけでなく職場や学校の方と情報を共有することができるようになります。

このように便利な使い方ができるGoogleカレンダーですが、いくつかの注意点を守らないと情報が漏れてしまうなどの予期せぬトラブルが起きてしまうこともあります。

効率化のできるGoogleカレンダーの共有機能を正しく使えるように心がけましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。