閉じる

Googleカレンダーのログイン方法!PC、アプリごとに解説

近年、活用の場の増えているGoogleカレンダーですが、いざ使おうとしても始め方がわからないという方もいるのではないでしょうか。この記事では、Googleカレンダーのログインの仕方についてPCでログインする場合と、スマホでログインする場合に分けて解説します。

カテゴリ: Googleカレンダー

Googleカレンダーは、複数人でスケジュールの共有を行うことや他のアプリで情報を表示させるなど便利な使い方ができます。
そのため、近年活用の場が増えており、職場や学校など身近な場所で使う機会が増えたという方もいるのではないでしょうか。

Googleカレンダーを使うためにはまず、Googleカレンダーへのログインが必要です。

今回はそんなGoogleカレンダーのログインの仕方についてPCでログインする場合と、スマホでログインする場合に分けて解説します。

Googleアカウントの作成が必要

Googleアカウントにログインすると、Googleカレンダーの機能を使えるようになるだけでなく、GmailなどのほかのGoogleのサービスと連動させて便利な使い方をすることができます。
例えば、Gmailに「会議」「日付と時間」などのキーワードが含まれているとGoogleカレンダーが自動で予定を追加してくれます。

Googleアカウントの作成方法について知りたい方は【簡単に実践できる】Googleアカウントの作成方法と注意点をご覧ください。

Googleカレンダーにログインする方法〜PC編〜

ここではPCでGoogleカレンダーにログインする方法を解説します。

①Google Chromeを開く

まず、Google Chromeを起動します。

Google Chrome以外のブラウザでもGoogleカレンダーを使うことは可能です。

ただし、「Firefox」「Safari」「Microsoft Edge」では、「オフラインでのアクセスができない」「2 つ前のバージョンまでしかサポートを受けられない」などの特徴があるためGoogle Chromeでの使用が望ましいです。

また、「Firefox」「Safari」「Microsoft Edge」以外のブラウザでは、Googleカレンダーの更新ができないなどの問題が生じる可能性があります。

これらの理由から、GoogleカレンダーはGoogle Chromeで起動することがおすすめです。

https://support.google.com/a/answer/33864?hl=ja

②Googleアカウントへログインする

自分のGoogleアカウントへログインします。

この時、IDとパスワードを保存するか確認される場合があります。
自分のものではないPCでログインする場合は、PCに保存しないようにしましょう。
この機能はログイン時の手間が省けるため便利な機能ですが、正しく使わないとパスワードの漏洩につながってしまうため注意が必要です。
特に、学校や職場などの共用PCを使っている場合には注意しましょう。

③Googleカレンダーを開く

Googleサービスの選択画面からGoogleカレンダーをクリックします。

Googleカレンダーアプリにログインする方法〜スマホ・タブレット編〜

ここではスマホ・タブレットでGoogleカレンダーにログインする方法を解説します。

①Googleカレンダーアプリを起動する

Googleカレンダーのアプリをタップします。

②Googleアカウントへログインする

自分のGoogleアカウントを入力します。

Googleカレンダーのログインするときの注意点

Googleカレンダーは上手に使うと非常に便利な機能です。

情報漏洩に気をつける

意図せずにログインされた状態のままPCを放置すると、Googleアカウント情報を覗き見られてしまう場合があります。
また、不正にログインしてデータを盗む行為や他人に成り済まして本人に不利益を与える行為は不正アクセス禁止法などの法律に触れる犯罪行為です。
そのため、Googleアカウントをログインすることを意識することはもちろんですが、もし他人のアカウントにログインしてしまった場合にはすぐにログアウトしましょう。

Googleカレンダーは全てのユーザに変更が反映される仕組みであるため、Google側の不具合が起きた場合には全てのユーザーに適用されてしまう可能性があります。
そのため、もしもGoogleカレンダーのセキュリティ上に欠陥が生じた場合には、全てのユーザーの情報が危険に晒されてしまいます。

Googleカレンダーを使う場合には、扱う情報の重要度に応じて「Googleアカウントの二段階認証設定を行う」「Webに接続できない別のシステムを使う」などの対策を講じましょう。

定期的に更新を行う

Googleカレンダーの更新やGoogle Chromeの更新を頻繁に行うようにしましょう。

バージョンの古いサービスはサポートを受けられない場合が多いです。

一般的にGoogle Chromeは自動でアップデートをこなっていますが、通信環境が良くない場合やユーザが意図的に自動更新機能を停止している場合にはアップデートが行われない場合があります。

 

また、多くの場合、スマホではアプリのアップデートは自動で行われるように出荷時からあらかじめ設定されていることが多いです。
ただし、誤って設定を変えてしまった場合や機種によっては設定されていない場合もあります。
「最新版のアプリをお使いください。」「最新版へ更新してください。」といったメッセージが表示されるようになったらなるべく早く更新するようにしましょう。

パスワードを忘れないようにする

パスワードを忘れてしまうとログインできなくなってしまいます。

パスワードは再発行が可能ですが、再試行回数には限りがあります。

Googleカレンダーにログインできない場合の主な原因

Googleカレンダーにログインできない場合には以下の原因が考えられます。

  • Googleアカウントが停止されている
  • システム障害が生じている
  • アプリに不具合が生じている
  • デバイスに不具合が生じている

それぞれの原因には以下の方法で解決できます。

①Googleアカウントが停止された場合には、アカウントの復元を行う
②Googleにシステム障害が生じている場合には、システム障害の復帰を待つ
③アプリに不具合が生じている場合には、アプリの再起動を行う
④デバイスに不具合が生じている場合には、デバイスの再起動を行う

Googleカレンダーへのログインは難しくない!アカウント管理には気をつけて

Googleカレンダーを使うためには、Googleアカウントへのログインが必須です。
ログイン画面は見つけやすいので、ログインを難しく感じることは少ないかもしれません。

ただし、他人のPCを使う際などはアカウントの管理に気をつけないと、意図せず情報が漏洩してしまうことがあります。
正しく知識を身につけて適切に使えるように心がけましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。