閉じる

Gmailで一度送信したメールを取り消すことはできる?送信取り消し機能の使い方

Gmailには一定時間内であれば送信したメールを取り消すことができる機能があります。ビジネスにも役立てることができる機能なので、今回は送信取り消しの方法を解説します。

カテゴリ: Gmail

Gmailを使っているときに、
「うっかり別のメールを送ってしまった」
「送ったメールに間違いを見つけてしまった」
という場合に大活躍するのが送信取り消し機能です。

Gmailには一定時間内であれば送信したメールを取り消すことができる機能があり、送信を取り消したメールは相手に届かないようになっています。誤送信やメールにミスがあったときにとても便利な機能なので、使い方を覚えておくとビジネスメールの役に立ちます。

ただ、一定の時間が経過してしまった場合は送信を取り消せないなど注意すべき点もあるので、今回はGmailの送信取り消し機能について詳しく解説します。

Gmailの送信取り消し機能とは?

送信取り消し機能とは、その名前の通り送ったメールを取り消せるGmailの機能の1つです。
たとえ一度送ってしまったメールでも一定の時間内であれば、送信をキャンセルできるため、誤送信の場合に大活躍します。

ただし、送信が取り消せる時間は、メールを送信してから最大30秒です。
送信してから最大で30秒経ってしまった場合は送信が取り消せないので注意が必要です。

送信取り消し機能の使い方(パソコン)

送信取り消し機能は、メールの送信直後のみ使うことができます。

メールを送信すると、左下に「メッセージを送信しました」という文章が表示されるので、その隣にある「元に戻す」をクリックします。
すると、送信が取り消されて、相手にメッセージは届きません。

「元に戻す」という表示は一定時間がすぎると消えてしまうので、送信後すぐにサイドメニューの「送信済みメール」をクリックして、誤送信ではないかやメールの内容に間違いがないかなどを確認すると良いでしょう。

送信機能の使い方(スマホアプリ)

スマホアプリの場合も基本的にWebブラウザ版と同じで、メールの送信直後のみ送信取り消し機能を使うことができます。
メールを送信すると左下に「メッセージを送信しました」というメッセージが表示されます。
その横に「元に戻す」という部分があるので、タップします。

タップすると取り消したメールの下書き画面が表示されるので、修正部分があれば直すと良いです。

送信取り消し機能の設定を変更する

送信が取り消せる時間はデフォルト設定の場合、取り消しが可能な時間は送信から5秒です。 5秒だと短い場合は、設定画面から変更することができます。

送信取り消し機能の設定を変えるには、まず右上にある歯車マークをクリック。

「すべての設定を表示」をクリックします。

「全般」タブの「送信取り消し」で取り消し時間が変更できます。

取り消し可能時間は5秒・10秒・20秒・30秒から選べます。
最後に下までスクロールして変更を保存すれば完了です。

誤送信やミスを防ぐためのコツ

Gmailの送信取り消し機能は非常に便利ですが、一定時間を経過してしまうと送信したメールを取り消すことができません。
そのため、誤送信やミスを防ぐ工夫も必要です。

チェック項目をまとめる

まず、メールを送る前にチェックする項目をまとめておくと良いでしょう。

例えば
●宛先に設定したアドレスがあっているか
●件名に間違いはないか
●本文に誤字等はないか
●添付資料はあっているか
などをリスト化して送信前にチェックすると、後送信を防げます。

テンプレートを利用する

誤字を防ぐのに便利なのがテンプレート機能です。
決まった定型文をテンプレートとして登録しておくことで、打ち間違いを防ぐことができます。

テンプレートを使用する場合は、まず右上にある歯車マークをクリック。

「すべての設定を表示」をクリックして、設定画面を開きます。

「詳細」タブを選択して、「テンプレート」の「有効にする」にチェックを入れます。
チェックを入れて、最後に下までスクロールし「変更を保存」をクリックすれば完了です。
これでテンプレートを使用できるようになりました。

テンプレートを保存・編集するには、新規メッセージを開いてテンプレートとなる文章を入力します。
文章を入力したら、右下の「・・・」アイコンをクリックして、「テンプレート」→「下書きテンプレートとして保存」→「新しいテンプレートとして保存」をクリック。

保存済みのテンプレートに上書きする場合は、該当するテンプレートを選択します。
なお、Gmailでは50個のテンプレートを設定することが可能ですので、誤字を防ぎたいのであればテンプレートを活用するのも方法の1つです。

まとめ

Gmailには送信を取り消すための送信取り消し機能があります。
送信取り消し機能は誤送信の際にとても便利な機能ですが、一定時間を過ぎると使えないという側面もあります。
そのため、メールを送信する際は、誤送信にならないよう送る前にチェックすることも大切です。

ぜひ「メールを送るたびうっかり間違えてしまうことが多い」という方は、今回した機能やコツで誤送信を減らしましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。