閉じる

【完全版】Gmailのアプリをインストールから送受信まで徹底解説

Gmailをスマートフォンやタブレットで利用する際はアプリ版がとても便利です。基本的にはウェブ版と機能は変わりませんが、操作性などが異なるので、ここではGmailアプリの使い方を解説します。

カテゴリ: Gmail

少し前までは大手携帯キャリアが提供するキャリアメールをメインのメールサービスとして使うことが多かったですが、格安SIMが登場したこともあり、キャリアメールではなくGmailをメインのメールサービスとして使っていきたいと考えている方も多いかと思います。

Gmailをスマホで使う際にはGmailのアプリが便利ですので、今回はGmailアプリの使い方を解説します。

GmailにはWeb版の他にスマホアプリ版がある

パソコンの場合はWeb版のGmailを使うことがほとんどですが、スマホの場合はGmailアプリを使用します。
Gmailアプリを使う際にWeb版と同じアカウントでログインすれば、送受信されるメールや送受信設定はWeb版と変わりませんが、Web版とアプリ版では操作が少し異なりまます。

Gmailアプリのインストール方法【iPhone/Android】

まず、Gmailをスマホで使用する際はGmailアプリのインストールが必要です。
ここではiPhoneとAndroidに分けて簡単にGmailアプリをインストール方法を解説します。

iPhoneの場合

iPhoneの場合は、AppStoreの「検索」でGmailと検索。
いくつかメールアプリが表示されますが、以下のアイコンをタップ。

「入手」をタップして「インストール」をタップするとiCloudアカウントのパスワード入力画面が表示されます。
パスワードを入力して「サインイン」をタップするとインストールが開始されます。

Androidの場合

Androidの場合はPlayストアを立ち上げて、画面下部のメニューの「アプリ」をタップ。
検索欄にGmailと入力するといくつかメールアプリが表示されます。
以下のアプリをタップして「インストール」をタップ。

自動的にインストールが開始され、ホーム画面にアプリが追加されます。

Gmailアプリにアカウントを追加する

Gmailをスマホにインストールしたら、メールアカウントを追加します。

Googleアカウントを追加する方法

インストールしたGmailですでに持っているGoogleアカウントのメールを利用するにはログインが必要です。
Gmailアプリを立ち上げて、「ログイン」をタップ。

アカウントの追加という画面が表示されるので、「Google」をタップ。

Googleアカウントのログイン画面が表示されるので、メールアドレスを入力して「次へ」をタップ。
パスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力すれば完了です。

Gmailのメールアドレスやパスワードを忘れてしまった場合は以下の記事をご参考ください。
▷Gmailのメールアドレス・パスワードを忘れた時の対処方法

GmailアプリにはGoogle以外のメールアドレスも追加できる

Gmailでは、iCloud(@icloud.com)のアドレスやYahoo!(@yahoo.co.jp)のアドレスなど、Google以外のメールアドレスも追加して、Gmailアプリで管理することができます。

iCloud(@icloud.com)のアドレスを追加する方法

アカウントの追加画面の「iCloud」をタップ。

iCloudのメールアドレスを入力すると、AppleIDの画面に遷移します。
GmailアプリでiCloudのメールアドレスを使用するには、Gmailアプリ用のパスワードを作る必要があるので、AppleIDの画面の「セキュリティ」をタップし、「App用パスワード」→「パスワードを生成」をタップ。

パスワードが自動で生成されるので、パスワードをコピーしてパスワード入力画面に貼り付けます。
最後に名前を登録すれば完了です。

Yahoo!(@yahoo.co.jp)のアドレスを追加する方法

アカウントの追加画面を見ると「Yahoo!」とありますが、これは@yahoo.com用のバナーです。
@yahoo.co.jpドメインのメールアドレスをGmailアプリに追加する場合は、一番の「その他(IMAP)」をタップ

メールアドレスを入力したら「手動セットアップ」をタップします。
アカウントの種類を選択する画面が表示されるので個人用(IMAP)を選択して、次の画面で@yahoo.co.jpドメインのメールアドレスのパスワードを入力します。

最後にサーバーの設定を行います。
受信サーバーの設定を「imap.mail.yahoo.co.jp」、送信(SMTP)サーバーの設定を「smtp.mail.yahoo.co.jp」にすると完了です。

Outlook(@outlook.com)のアドレスを追加する方法

GmailでOutlook(@outlook.com)のアドレスを使う際は、事前にPOPアクセスを有効にする必要があります。
Webブラウザ等で一旦Outlookの設定画面を表示して、「メール」→「Outlookのすべての設定を表示」→「同期」を選択。
「POPとIMAP」部分にある「デバイスとアプリがPOPを使用できるようにする」を「はい」にして保存をクリック。

Gmailアプリを立ち上げてアドレス追加画面の「Outlook、Hotmail、Live」をタップ。

メールアドレスを入力し、画面の指示に従ってアドレスを追加します。

Ofiice365のアドレスを追加する方法

Ofiice365のアドレスを追加する場合は「Ofiice365」をタップ。

メールアドレスを入力すると、パスワードとサーバーの入力を求められます。
画面の案内に従って必要事項を入力するとアドレスを追加することができます。

その他のメールアドレスを追加する方法

GoogleやiCloud、Outlook、Hotmail、Live、Ofiice365以外のメールアドレスを追加する際は、「その他(IMAP)」をタップ。

メールアドレスを入力したら「次へ」あるいは「手動セットアップ」をタップし、サーバーの種類・パスワード・受信サーバー・送信(SMTP)サーバーを設定します。
設定内容は利用するメールサービスによって異なるので、注意してください。

アドレスは複数追加できる

Gmailアプリでは複数のアドレスを追加して管理することができます。
右上のアイコンをタップし「別のアカウントを追加」をタップするとアカウントの追加画面が表示されるので、追加したいアドレスが他にもあるなら、各自設定しましょう。

Gmailアプリでメールを作成・送信する方法

Gmailアプリでメールを作成する際は、右下の「作成」をタップします。

メールの新規作成画面が表示されます。

Toには送信先のメールアドレスを入力。
「∨」をタップするとCcやBccを設定できます。

Fromではどのメールアドレスでメールを送信するかを選ぶことができます。
「∨」をタップするとGmailアプリに追加しているアドレスを選択できるので、使いたいメールアドレスを選びましょう。

件名と本文を入力したら、右上にある飛行機マークをタップして送信完了です。

本文を装飾するには

GmailアプリでもWeb版のGmailと同じように本文を装飾できますが、Web版のGmailと比べると装飾の種類が限られています。
Gmailアプリで主にできるのは、太字にする(ボールド)・斜体にする(イタリック)・下線を引く(アンダーライン)の3種類です。

装飾を施したいテキストをダブルタップして、書式を設定するアイコン(BIUと表記されているアイコン)をタップし、装飾を選択しましょう。

添付ファイルをつけるには

作成したメールに添付ファイルをつけて送信したい場合は、右上のクリップのアイコンをタップ。

デバイス内の写真・動画やGoogleドライブ内のコンテンツが選択できるので、添付したいものをタップすれば完了です。

送信日時を設定するには

送信日時を設定する際は右上の「・・・」アイコンをタップして、「送信日時を設定」をタップ

「日時と時間を選択」をタップすると、送信したい日時・時間を設定できます。

モバイル用の署名を設定するには

Web版のGmailで署名を設定している際、Gmailアプリにも署名の設定が引き継がれるので、送信したメールに挿入される署名はWeb版と同じものになります。
ただ、スマホで見るとWeb版のGmailの署名は表示が崩れてしまうこともあるため、Gmailアプリではモバイル用の署名を設定することができます。

モバイル用の署名を設定したいときは、検索バー横の3本線をタップしてメニューの「設定」をタップ。

モバイル用の署名を設定したいアドレスを選択し、設定画面の「署名設定」をタップします。

モバイル署名をオンにすると署名の入力欄が表示されるので、任意の署名を設定すれば、以降送信するメールにモバイル用の署名が適用されます。

Gmailアプリで返信・転送をする方法

Gmailアプリで返信・転送をする際は、返信したいメールを開いてそれぞれ「返信」「転送」をタップします。

メールを返信する場合、返信をタップしたら送信アドレス・件名・本文などを設定して送信マークをタップします。クリップアイコンをタップすれば、転送するメールに添付ファイルを付けることができます。

メールを転送する場合、転送をタップしたら、転送先のアドレス・送信アドレス・件名・本文などを設定して送信マークをタップします。クリップアイコンをタップすれば、返信と同様、転送するメールに添付ファイルを付けることができます。

Gmailアプリで受信したメールをチェックする

Gmailアプリにメールアドレスを追加すると、追加したアドレスの受信トレイが表示されます。Gmailアプリでは毎回アプリを立ち上げると自動的に受信トレイが表示されるので、新着の受信メールがどこから送られてきたのか一目でチェックすることができます。

「すべての受信トレイ」では追加している全アドレスの受信メールが一覧で表示される

検索バー横の3本線をタップして表示されるメニューで「受信トレイ」が選択されている場合、選択しているアドレスの受信トレイが表示されているため、ほかのメールアドレス宛に送られてきたメールは表示されていません。

検索バー横の3本線をタップして表示されるメニューで「受信トレイ」ではなく「すべての受信トレイ」に切り替えると、Gmailアプリに追加したアドレス宛に送られてきたメールを一覧で確認することができます。

受信トレイの種類は変更できる

受信トレイの設定がデフォルトの場合、メールの重要性や開封・未開封にかかわらず受信した時間通りにメールが表示されています。
しかし、受信トレイの種類を変更することで、未読メールを先頭にしたり、スター付きのメールを先頭にしたりすることができます。

受信トレイの種類を変更する場合は検索バー横の3本線をタップして表示されるメニューの「設定」をタップ。

設定を変更したいメールアドレスを選択して設定画面を開いたら、スクロールして「受信トレイ」の「受信トレイの種類」をタップ。

設定を変更していない場合は「デフォルトの受信トレイ」にチェックが入っています。
デフォルトの受信トレイ以外には次のようなものがあります。

●重要なメールを先頭・・・重要マークがついたメールが先頭に表示される
●未読メールを先頭・・・未読のメールが先頭に表示される
●スター付きメールを先頭・・・スターマークがついたメールが先頭に表示される
●優先トレイ・・・重要な未読メールやスター付きメールが優先的に表示されます。

この中から設定したい受信トレイをタップすれば完了です。

Gmailアプリで受信したメールを管理する

GmailアプリでもWeb版のGmailと同様、受信したメールをわかりやすく管理することができます。

受信したメールにスターマークを付ける

受信したメールにスターマークを付けることで、重要なメールを目立たせることができます。
スターマークは受信トレイか各メールの詳細画面から設定できます。

受信トレイでスターマークを付ける場合は、右側にある星マークをタップします。
各メールの詳細画面から設定する場合はタイトル横の星マークをタップします。

受信したメールに重要マークをつける

重要マークは各メールの詳細画面から設定できます。
重要マークをつけたいメールを開き、一番上のメールマークの横にある「・・・」をタップして、「重要マークを付ける」をタップすれば完了です。

受信したメールをアーカイブに追加する

Gmailでは消したくないメールなどをアーカイブに入れて保存しておくことができます。
Gmailアプリで受信したメールをアーカイブに入れておきたい場合は、受信トレイか各メールの詳細画面から設定します。

受信トレイでメールをアーカイブに入れる場合は、該当するメールのアイコンをタップしたのち、上部にあるファイルに矢印が書かれたアイコンをタップします。

あるいは、該当するメールを左右にスワイプします。
※受信トレイでのスワイプ設定がデフォルト設定になっている場合はメールがアーカイブに追加されるようになっていますが、検索バー横の3本線をタップして表示されるメニューの「設定」→「メールのスワイプの動作」が変更されている場合はスワイプでアーカイブに追加することはできません。

各メールの詳細画面から設定する場合は、上部にあるファイルに矢印が書かれたアイコンをタップします。

受信したメールを削除する

受信したメールを削除する場合は、受信トレイか各メールの詳細画面から設定します。

受信トレイでメールを削除する際は該当するメールのアイコンをタップしたのち、上部にあるゴミ箱マークをタップします。

また、検索バー横の3本線をタップして表示されるメニューの「設定」→「メールのスワイプの動作」でゴミ箱に移動が選択されている場合はスワイプでもメールを削除できます。

各メールの詳細画面から設定する場合は、上部にあるゴミ箱アイコンをタップします。

メールの振り分けに便利な「ラベル」をGmailアプリで設定する

Gmailではフォルダという機能がないため、ラベル機能を使ってメールを分類します。
ラベル機能を使ったメールの分類方法については以下の記事で詳しく紹介していますので、ご参考ください。

▷【Gmail】受信したメールをフォルダに分類する方法

ここではGmailアプリにおけるラベル機能の使い方を解説します。

ラベルを作成する

デフォルト設定のままの場合はラベルがない状態なので、まずはラベルを作成します。
検索バー横の3本線をタップして表示されるメニューの「新規作成」をタップ。

ラベル名を設定し、右上の「完了」をタップ。

ラベルの自動振り分けを設定する

ラベルが作成できたら、受信するメールに自動的にラベルを付与するよう設定します。
ラベルの自動付与を設定するには、検索バー横の3本線をタップして表示されるメニューの「設定」をタップ

スクロールして「ラベルの設定」をタップし、動付与を設定したいラベルを選択します。
ラベルの編集画面が表示されるので、「追加」をタップして、ラベルを付与する条件を設定します。

「from」にアドレスを設定した場合は、設定したアドレスから送られたメール全てにラベルが付けられます。
「条件を追加」をタップするとより詳細な条件を追加できます。

例えば「件名」を追加した場合は特定の件名のメールにラベルを付けることができ、「含む」「含まない」の場合は指定したキーワードを含むメールあるいは指定のキーワードが含まれていないメールにラベルを付けることができます。

まとめ

スマートフォンやタブレットでGmailを使う場合はGmailアプリが便利です。
ただ、GmailアプリはWeb版とは操作方法が違うため注意する必要があります。
今回の記事ではGmailアプリの使い方を網羅的に解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。