閉じる

Gmailで迷惑メールを設定する方法と迷惑メールを解除する方法

Gmailには迷惑メールを防止する機能があり、迷惑メールと思われるものは「迷惑メール」に分類されて30日後に自動的に削除されるようになっています。ただ、稀に迷惑メールでないものが迷惑メールに分類されることがあるので、今回はGmailの迷惑メールの設定について解説します。

カテゴリ: Gmail

Gmailでは迷惑メールと思われるメールは「迷惑メール」に分類されて、30日後に自動的に削除される仕組みになっているため、迷惑メールが届いても受信トレイには表示されません。

ただ、稀に迷惑メールに分類されずに受信トレイに表示されてしまうこともあり、迷惑メールが届くたび「いちいち開封せずに削除するのが手間だ」と感じる方は少なくないかと思います。
また、必要なメールが誤って迷惑メールに分類されてしまって読めないというトラブルも中にはあるかと思います。

そんな時に便利なのが、指定のメールを迷惑メールに自動的に分類したり、迷惑メールではないと分類したりする設定です。

今回はGmailの迷惑メールの設定について解説します。

Gmailの迷惑メールフィルタについて

個人はもちろん、企業や法人など様々な組織でも活用されることが多いGmailには、もともと迷惑メールと思われるものをフィルタで排除して、受信トレイに表示させないように機能があります。

主にどんなメールが迷惑メールに分類されるか

Gmailで迷惑メールとして分類されるメールのは主に次のようなメールです。

1つ目に挙げられるのが悪質サイトや詐欺につながると思われるようなURLが記載されているメールです。
例えば、悪質なサイトとして報告されているURLやフィッシング詐欺と思わしきメールなどがこれに該当します。

2つ目が、既存アドレスに似せてたアドレスから届くメールです。
迷惑メールの中には、送信元のアドレスを通販サイトのアドレスや企業のメルマガのアドレスに似せてメールを送り、嘘のURLをクリックさせてクレジットカード情報や個人情報を抜き取ろうとするものが多くあります。
そのため、アドレスが既存のアドレスに似ているものは迷惑メールに分類されます。

3つ目が件名・本文がない空メールです。
知らないアドレスから送られてくる空メールは、悪質なメールを送信できるかどうか空メールを送って確かめるために送られてきている可能性が高いため、迷惑メールに分類されます。

4つ目がサーバーをいくつか経由して送られてくるメールです。
送信元を特定しにくいよう複数のサーバーを経由して送られてくるものと思われるため、迷惑メールとして扱われます。

Gmailの迷惑メールフィルタは精度が高い

様々な場所で活用されるメールサービスなうえ、Googleが提供していることもあって、迷惑メールフィルタの精度はとても高くて、わざわざ設定しなくても多くの迷惑メールが30日後に自動的で削除されるようになっています。

迷惑メールのほとんどが正しく迷惑メールに分類されますが、個人的に迷惑メールとしてブロックしたいものは自分で設定する必要があります。

特定のアドレスを迷惑メールとしてブロックする方法

特定のアドレスを迷惑メールとしてブロックする方法はWeb版GmailとGmailアプリで異なります。

Web版Gmailの場合

まず、迷惑メールとしてブロックしたいメールを開いて、アドレス横の三点リーダーをクリック。

「〇〇〇〇さんをブロック」をクリックすると、以降ブロックしたアドレスから送られてきたメールは迷惑メールに分類されます。

また、そのまま「[迷惑メール]に移動」をクリックすると、開いているメールも迷惑メールに分類されます。

誤って迷惑メールとしてブロックしてしまった際は、該当するメールを開いて「送信者のブロックを解除」クリックして、ブロックを解除できます。

Gmailアプリの場合

Gmailアプリの場合も基本的な操作は同じです。
アプリを立ち上げて、迷惑メールとしてブロックしたいメールを開き、アドレス横の三点リーダーをタップ。

『「〇〇〇〇」をブロック』をタップすれば、迷惑メールとしてブロックできます。

なお、Gmailアプリでもブロックを解除する際は、該当するメールを開いて「送信者のブロックを解除」をタップすればOKです。

迷惑メールとして報告するとなお良い

迷惑メールとしてブロックしたメールが個人的にブロックしたものではなく、悪質なメールだった場合はブロックするだけでなく、迷惑メールやフィッシングとして報告するとなお良いです。

Web版のGmailで迷惑メールやフィッシングの報告をする場合は、ブロックするときと同様、ドレス横の三点リーダーをクリック。

迷惑メールの場合は「迷惑メールを報告」、フィッシングの場合は「フィッシングを報告」をクリックします。

Gmailアプリから迷惑メールの報告をする場合は、一番上にあるアイコンの三点リーダーをタップ。

「迷惑メールとして報告」をタップして完了です。

すでに迷惑メールとしてブロックしている場合は「迷惑メールとして報告」というボタンが本文上に表示されるのでそこをタップしましょう。

必要なメールが迷惑メールに分類された時の対処方法

Gmailの迷惑メールフィルタはとても精度が高いですが、それゆえに迷惑メールではないものが迷惑メールとして分類されてしまうことがあります。
そのままにしておくとメールの見落としにつながってしまうため、受信トレイに表示できるよう設定する必要があります。

なお、この設定はGmailアプリではできないので、Web版Gmailで設定する必要があります。

まず、サイドバーの「迷惑メール」をクリックして該当するメールを選び、上部の三点リーダーをクリック。

「メールの自動振り分け設定」を選択して「フィルタを作成」をクリック。
「迷惑メールにしない」にチェックを入れて「フィルタを作成」をクリックすると、次回以降指定したメールアドレスは迷惑メールとして分類されなくなります。

まとめ

Gmailの迷惑メール設定はとても精度が高く、次のようなメールはほぼ迷惑メールに分類されます。
●悪質サイトや詐欺につながると思われるようなURLが記載されているメール
●既存アドレスに似せてたアドレスから届くメール
●件名・本文がない空メール
●サーバーをいくつか経由して送られてくるメール

これ以外だと、自分で独自にブロックしたメールが迷惑メールに分類されます。

Gmailでは、キャリアメールのようにアドレスを変更することができないため、迷惑メールが多くなってしまった場合は、今回ご紹介した方法を実践してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。