閉じる

Gmailでアドレスの変更はできる?確認方法と変更したい時の対処法

Gmailではキャリアメールのようにアドレスを変更することは基本的にできません。ただし中には変更が可能なケースもあります。今回はアドレスを変更したい時の対処法を解説します。

カテゴリ: Gmail

「迷惑メールがたくさん届くようになってしまった」
「アドレスが長くて使い勝手が悪い」
などの理由から、一度設定したGmailのアドレスがキャリアメールのように簡単に変更できるかどうか気になっているという方もいるかと思います。

基本的に「@gmail.com」で終わるGmailアドレスは変更することができません。
ただ、GoogleWorkspaceを通してGmailを利用している場合はアドレスを変更できる可能性があります。

今回はGmailのアドレスが変更できるのかや、変更したい時の対処法を解説します。

Gmailのアドレスは変更できるのか?

Googleが提供しているフリーメールサービスGmailでは、「@gmail.com」というドメインのメールアドレスが作成できます。

作成したメールアドレスはメールサービスに活用されるだけでなく、GoogleやYouTubeにログインする際のアカウント名としても使われます。

このような事情もあり、「@gmail.com」より前の文字列は一度設定すると、基本的に変更することはできません。

Google WorkspaceのGmailなら変更できる可能性も

基本的に、Gmailのアドレスは変更することができません。ただ、Google Workspaceを通してGmailを使っている場合、管理者権限を持っている方に問い合わせればアドレスを変えられる可能性があります。

もし、Google Workspaceを利用しているのであれば、管理者にアドレスを変更したい旨を伝えてみると良いでしょう。

アドレスを変更できるかGmailでチェックする方法

お持ちのアドレスを変更できるかどうかは、Googleアカウントの管理画面から確認することが可能です。 まず、Gmailを開いて右上のアカウントアイコンをクリックして、「Googleアカウントを管理」をクリック。

アカウントの管理画面が表示されるので、左側のサイドバー「個人情報」→「連絡先情報」→「メール」をクリック。

メールアドレスの管理画面が表示されます。

こちらの画像のように「このアドレスは変更できません。」という表示がある場合はアドレスを変更することはできません。
アドレスを変更できる場合は、メールアドレスが書かれている部分にペンの形をしたアイコンが付いています。

Gmailアドレスを変更する方法

アカウントの管理画面でメールアドレスを確認した際、ペンの形をした「編集」アイコンがある場合は、アイコンをクリックして新しいメールアドレスを設定します。
このとき、別のGoogleアカウントで使われていない文字列を設定しましょう。
文字列を設定したら画面の案内に沿って操作すれば完了です。

Google Workspaceを通してGmailを利用している場合は、Google管理コンソールにログインにログインして、「ユーザー」をクリックします。
ユーザーアカウントの一覧画面が表示されるので、アドレスを変更したいユーザーにカーソルを合わせて、「ユーザー名の変更」をクリック。
名前やメールアドレスを変更することができます。

Gmailのアドレスを変更したい時の対処法

どうしても新しいアドレスで運用したいという場合には、新しいメールアドレスを作成する必要があります。

新しいGmailアドレスの作り方

Googleでは
●エイリアス機能でメールアドレスを追加する
●新しくアカウントを作成して新しいメールアドレスを取得する
といった方法でメールアドレスを新たに取得することが可能です。

エイリアス機能を活用する

Gmailには、1つのアカウントで複数のアドレスを作れる「エイリアス機能」があります。
本体のアドレスに「+〇〇」をつけることで、本体アドレスに紐づいた新しいアドレスを取得することが可能です。

活用例としては、「+twitter」「+amazon」「+instagram」のように目的ごとにアドレスを使い分けることができます。
なお、エイリアス機能を使って作ったメールアドレスに届いたメールはすべて本体アドレスの受信トレイに届きます。

エイリアス機能を使ってメールアドレスを作る際は、右上の歯車マーク→「すべての設定を表示」をクリック。

「アカウントとインポート」タブを開いて、名前の欄にある「他のメールアドレスを追加」をクリック。

別のメール アドレス情報を入力する画面が表示されます。

メールアドレスの部分に「本体アドレス+◯◯◯@gmail.com」を入力して「次のステップ」をクリックすれば完了です。
+は全角ではなく半角で入力しましょう。

新しくアカウントを作成してメールアドレスを取得する

新しくアカウントを作るときも、最初にGoogleアカウントを作成したときと手順は同じです。下記のページから必要事項を記入しアカウントを作成します。

▷Googleアカウント作成

このときこれまで使っていたメールアドレスは登録することができません。
新しいメールアドレスとパスワードを設定する必要があるので、登録したら控えておくようにしましょう。

古いアドレスに届いたメールを新しいアドレスに自動転送する

エイリアス機能を使って別のメールアドレスを作成した場合は、受信トレイは変わらないため、これまで受信したメールを確認することができます。

しかし、新しくアカウントを作成して新規メールアドレスを取得した場合は、これまで届いていたメールは引き続き旧アカウントの受信トレイに届くため、新しいメールアドレスで受け取るには自動転送設定が必要です。

自動転送設定をするにはまず、旧アカウントのGmailにログインして、右上の歯車マーク→「すべての設定を表示」をクリック。

メール転送と POP/IMAPタブをクリックして、「転送先アドレスを追加」をクリック。

転送先のメールアドレスを入力して、「次へ」→ 「OK」 をクリック。転送先のアドレスに確認コードが送られるため、それを入力すれば自動転送設定は完了です。

旧アカウントの受信トレイに届いたメールはすべて転送先に指定したメールアドレスに届きます。

特定のメールのみを転送したい場合は、転送先のメールアドレスを設定したのち、フィルタを作成します。まず、検索バー横のマークをクリック。

転送したいメールのアドレスを「From」に入力して、フィルタを作成をクリック。

すでに転送先のアドレスを登録している場合は、アドレスを選択できるので、アドレスを指定して「フィルタを作成」をクリックすれば完了です。
迷惑メールなどが多くて新たにGmailアドレスを作成した場合は、必要なメールのみ転送すると良いでしょう。

まとめ

基本的にGmailではメールアドレスを変更することはできません。
ただし、中には変更できるケースもあるので、気になる場合はGoogleアカウントの管理画面から確認すると良いです。

どうしてもGmailのアドレスを変更したい時は、エイリアス機能を活用するか、新しいアカウントを作成する必要があるので、今回解説した方法をぜひ実践してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。