閉じる

Gmailのアドレス帳はどこ?連絡先(アドレス帳)にメールアドレスや電話番号を追加する方法

Gmailにはアドレス帳という機能はありません。その代わり、Googleが提供している別のサービス「連絡先」でアドレスを管理することができます。今回は、連絡先にアドレスを登録する方法を解説します。

カテゴリ: Gmail

Gmailを使っている方の中には、
「Gmailにはアドレス帳はないの?」
「連絡先はどこで管理すればいいの?」

と悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

Gmailには名前やメールアドレスを管理するための「アドレス帳」という機能はありません。
アドレスなどの連絡先を管理するには、Gmailではなく、Googleが提供しているサービスの1つである「連絡先」を使用します。

今回は、アドレス帳として使用できるGoogleのツール「連絡先」の使い方を解説します。

Gmailのアドレス帳はどこにある?

Gmailを使っている中でふと、「アドレス帳ってどこにあるんだろう」と思う方も少なくないはず。
しかし、Gmailのサイドメニューにも設定画面にも「アドレス帳」という部分はありません。
一体、アドレス帳はGmailのどこにあるのでしょうか。

Gmailそのものにアドレス帳という機能はない

Gmailには色々な機能がありますが、Gmailのなかには、アドレスと名前を登録して一覧で管理できるアドレス帳のような機能は残念ながらありません。Gmailでできるのは、あくまでメールの作成と管理などになります。

ただ、だからと言ってアドレスを管理しておけないわけではありません。
Gmailとは別に「連絡先」というツールがあり、Googleではこのツールをアドレス帳として活用します。

アドレスを管理するGoogleのツール「連絡先」とは?

「連絡先」とは、Googleが提供しているアドレス帳のような機能を持つツールです。
下の画像のように、登録したアドレスや頻繁にやりとりをする相手のアドレスを管理しておくことができます。

手動でアドレスを登録するだけでなく、CSVファイル等を使ってアドレスや名前をインポートすることも可能です。

「連絡先(アドレス帳)」を開くには、Googleを開いて右上にある「Googleアプリ」というアイコンをクリックして、「連絡先」をクリックします。
※アドレス帳を管理するにはGoogleのログインが必要です。

スマホの場合も同様で、Googleにアクセスして「Googleアプリ」をタップして、「連絡先」を選択します。
※アドレス帳を管理するにはGoogleのログインが必要です。

【PC/スマートフォン】連絡先(アドレス帳)にアドレスを登録する方法

「連絡先(アドレス帳)」にアドレスを登録する方法をPCとスマートフォンにわけて解説します。

パソコンで連絡先(アドレス帳)に登録する場合

「連絡先(アドレス帳)」にアドレスを登録する方法には、1件づつ追加する方法と、複数のメールアドレスや電話番号を一度に追加する方法の2種類があります。

①アドレスを1件づつ追加する方法

特にメールアドレスや電話番号を登録していない場合は、「まだ連絡先がありません」という状態になっています。
新しいメールアドレスや電話番号を追加するには、左上の「連絡先を作成」をクリックします。

アドレスを1件づつ追加する場合は「連絡先を作成」をクリックします。

名前やメールアドレスを登録する画面が表示されるので、必要な情報を入力して、「保存」をクリックします。

名前とアドレスだけでも十分ですが、会社名や役職等も登録すると管理しやすいです。
メールアドレスや電話番号を複数登録したい場合は、「+」をクリックすると入力欄を増やすことができます。

「もっと見る」をクリックすると、フリガナや住所などさらに詳細な情報を追加することも可能です。

登録画面では、アイコンに使用する写真を追加することも可能です。
写真を追加するには、「カメラマーク」をクリックして「写真をアップロード」をクリックして、アイコンにしたい写真を選択します。

また、登録画面ではラベルを付けることができます。
アイコン横の付箋マークをクリックして「ラベルを作成」をクリックすると、ラベルの作成画面が表示されます。

好きなラベル名をつけて「保存」をクリックして完了です。

登録した情報にラベルが付与されるため管理しやすくなります。

②複数のアドレスを一度に追加する方法

複数のアドレスを追加したい場合は、「複数の連絡先を作成」をクリック。

名前やメールアドレスを複数入力して「作成」をクリックすると、情報の入力画面が表示されるので、名前やアドレスを入力します。

このとき、「ラベルなし」をクリックしてラベルを設定すると、追加する情報にラベルを付与することができます。

最後に「作成」をクリックすると、アドレスの追加が完了します。

なお、登録したいアドレスや名前をCSVファイルにまとめておいて、データをインポートすれば、簡単に連絡先を追加できます。
CSVファイルでアドレスや電話番号をインポートしたい場合は、「複数の連絡先を作成」をクリックして、「連絡先をインポート」をクリック。

「ファイルを選択」をクリックして該当するCSVファイルを選び、「インポート」をクリックすると追加できます。

スマートフォンで連絡先(アドレス帳)に登録する場合

スマホから連絡先を追加するには、まずブラウザで連絡先(アドレス帳)を開きます。
連絡先(アドレス帳)を開くと、右下に「+」があるのでタップ。

パソコンと同様に1件づつ追加する場合は「連絡先を作成」、複数のアドレスを追加する場合は「複数の連絡先を作成」をタップ。

「連絡先を作成」をタップした場合は、名前やアドレスなどを入力します。
基本的な操作方法はパソコンで追加する場合と同じです。
必要に応じて詳細情報や写真、ラベルを設定して、最後に右上の「保存」をクリックして完了です。

「複数の連絡先を作成」をタップした場合は、メールアドレスなどを複数入力して、「保存」をタップします。

Gmailから連絡先(アドレス帳)に登録する方法

メールアドレスはGmail上からも連絡先(アドレス帳)に登録することが可能です。

まず、登録したい相手から受け取ったメールを開きます。
メールを開いてアイコン部分にカーソルを合わせると、名前とメールアドレスが表示されるので、右上のアイコンをクリックします。

クリックするとアドレスが追加されます。
追加した情報を編集したい場合は、もう一度アイコンにカーソルを合わせて右上に表示される鉛筆マークをクリックします。

「連絡先」の画面に移行するので、情報を編集して「保存」をクリックして完了です。

連絡先(アドレス帳)に登録した情報の編集・削除方法

登録したメールアドレスや電話番号は後から編集することができます。
まず、連絡先(アドレス帳)を開いて編集したいあるいは削除したいものにカーソルを合わせます。

情報を編集したい場合

情報を編集したい場合は、鉛筆マークをクリックします。

クリックすると、編集画面が表示されます。
編集が完了したら「保存」をクリックしましょう。

情報を削除したい場合

情報を削除したい場合は三点リーダーをクリックします。

削除を選択すると連絡先(アドレス帳)から削除されます。

Gmailでよくやり取りする相手は「よく使う連絡先」に表示される

連絡先(アドレス帳)には「よく使う連絡先」というタブがあります。
ここをクリックすると、Gmailでよくやり取りしている人の情報が一覧で確認できます。

ただ、「よく使う連絡先」に載っていても、連絡先(アドレス帳)に追加されているわけではありません。
連絡先(アドレス帳)に追加するには、追加したいアドレスにカーソルを合わせて「+」をクリックします。

まとめ

Gmailにアドレス帳を管理する機能はありませんが、Googleには「連絡先」というアドレス帳のようなツールがあるので、電話番号やメールアドレスは「連絡先」で管理することができます。

ぜひ、今回ご紹介した連絡先(アドレス帳)の使い方を参考にしてGmailをより便利に使ってみてください。

Gmailでは、キャリアメールのようにアドレスを変更することができないため、迷惑メールが多くなってしまった場合は、今回ご紹介した方法を実践してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。