閉じる

InDesignで索引を作成する方法

デザインを作る際は、特定の項目を素早く参照できるようにその所在(ページや段落)を一覧表でまとめたも索引が必要になることもあります。InDesignでは索引を作成することもできるのでその方法を解説します。

カテゴリ: InDesign

本記事では、InDesignで索引を作成する方法について解説します。

索引とは

索引とは、主に辞書や辞典などにおいて、特定の項目を素早く参照できるように、その所在(ページや段落)を一覧表でまとめたもののことを指します。英語のインデックス(index)という言葉のほうが聞き馴染みがあるかもしれません。

紙媒体ではWebのように特定の単語を検索・抽出できませんので、辞書・辞典などの書物では単語を容易に探し出せるように50音順、アルファベット順などに整列した索引の機能がとても重要になってくるのです。

InDesignには、この索引を簡単に作成できる機能が搭載されています。

索引の作成方法

以下に索引を作成する方法を紹介します。

1.メニューから「索引」を選択

索引に用いたい単語テキストを選択した状態で、画面上部にあるメニューバーからウィンドウをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「書式と表」にある「索引」を選択します。

2.新規索引項目を作成

「索引」を選択すると、上の画像のように索引パネルが開きます。このパネル上部に「参照」「見出し」というラジオボタンがありますので「参照」を選択します。

この「参照」を選択した状態で下部にある「新規索引項目を作成」のアイコン(四角い枠に囲まれた+マークのアイコン)をクリックします。

3.索引項目を入力・設定

「新規索引項目を作成」をクリックすると新規ページ参照のパネルが開きます。このパネルにある索引項目という欄に、選択した単語テキストが表示されています。カタカナ・ひらがな・アルファベットなど、読みが必要でない単語の場合は、索引の単語を確認した上で「OK」ボタンをクリックします。

索引に用いる単語が漢字や表記とは異なる読みが必要な単語である場合は、「読み」という項目に読み仮名を入力します。読み仮名を入力しないと、50音順に正しく整列された索引が作成できませんので注意しましょう。

4.新規作成された索引を確認

新規作成項目の入力が終わると、索引パネルの参照欄に、「記号」「数字」「アルファベット」「かな」という項目が追加されています。ここでは、かなの単語を登録したので、「かな」の項目をクリックしてみましょう。

「かな」の項目をクリックすると、上の画像のように五十音別の項目が表示されます。先ほど索引として登録した「アリストテレス」が「あ」の項目にあるのを確認できました。

英単語など欧文で索引項目を登録した場合は、アルファベット順に登録されます。

索引の作成は、この作業を繰り返して単語を登録していきます。

索引に登録した単語を削除したい場合は、索引パネルで単語を選択した上で、パネル下部にあるゴミ箱のアイコンをクリックします。

5.索引用のページを追加・作成する

索引にしたい全ての単語を登録ができたら、索引用のページを用意し索引を作成していきます。索引用のページを追加・作成し、索引パネルを開いて、パネル下部にあるファイルのマークの「索引の作成」というアイコンをクリックします。

6.索引のテキストフレームを設定

「索引の作成」をクリックすると、

「OK」をクリックすると、上の動画のように索引のテキストフレームを作成するカーソルが表示されるので、通常のテキストフレームと同様にページへレイアウトしていきます。後からサイズ変更したり、フレームを連結させることも可能です。

上の画像のように索引が作成できました。

まとめ

今回は、InDesignで索引を作成する方法を紹介しましたが、ページ番号だけでなく段落まで参照できるように指定するなど、より詳細な設定も可能です。

まずは、本記事を参考にして基本となる索引作成方法をしっかりとマスターしておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。