閉じる

InDesign

【初心者向け】InDesignの基本的な使い方

Pocket
LINEで送る

InDesignとは、DTP用のソフトウェアのことで、書籍や雑誌のページデザインを作成する際に活用されます。同じAdobe製品であるIllustratorやPhotoshopと相性が良く、デザインを制作する際には欠かせません。今回はInDesignの基本的な使い方について解説します。

InDesignで索引を作成する方法

Pocket
LINEで送る

デザインを作る際は、特定の項目を素早く参照できるようにその所在(ページや段落)を一覧表でまとめたも索引が必要になることもあります。InDesignでは索引を作成することもできるのでその方法を解説します。

InDesignで正規表現を使ってみよう!

Pocket
LINEで送る

InDesignを使用する上で「正規表現が使えるかどうか」はとても重要です。正規表現とは文字列のパターンを一つの文字列で表現する方法のことで、InDesignだけでなくWordやGoogleドキュメントなどにもあります。今回はInDesignにおける正規表現の使い方を解説します。

InDesignで行間サイズを調整する方法

Pocket
LINEで送る

行間の幅によってテキストの読みやすさは変わるため、InDesignでデザインを制作する際には行間の設定方法を覚えておくと便利です。今回は、InDesignで行間を設定する方法を解説します。

InDesignでマンガ風の吹き出しを作成する方法

Pocket
LINEで送る

InDesignでは吹き出しを作成することができ、比較的長文のテキストを吹き出しに入れたい場合は他のツールではなくInDesignで作成するのがおすすめです。今回はInDesignで吹き出しを作成する方法を解説します。

InDesignでテキストの流し込みを行う方法

Pocket
LINEで送る

WordやGoogleドキュメントなどのテキストエディタで作成されたテキストデータをInDesignなどのDTPソフトウェア上に取り込むことを「流し込み」とを指します。今回の記事ではInDesignで流し込みをおこなう方法を解説します。

InDesignで合成フォントを作成する方法

Pocket
LINEで送る

合成フォントとは2種類以上の書体を組み合わせて1つのフォントのように扱えるようにした機能のことです。今回はInDesignで合成フォントを使う方法を解説します。

InDesignで文字組みを縦書き(縦組み)に設定する方法

Pocket
LINEで送る

日本語のテキストをデザインしていると縦組み(縦書き)のレイアウトを作成することがあるかと思います。InDesinでは縦組みのレイアウトを作成できるので今回はその方法を解説します。

InDesignで箇条書きリストと自動番号リストを作成する方法

Pocket
LINEで送る

InDesignでデザインを作成する際に箇条書きの方が内容をわかりやすく伝えやすくことがあるかと思います。ここでは、InDesignで箇条書きを設定する方法を解説します。

InDesignでオブジェクトを整列と分布させる方法

Pocket
LINEで送る

InDesignではオブジェクトを整列させる機能があります。複数のオブジェクトを簡単にまとめて並べることができるので、デザイン制作にはとても便利です。ここでは、InDesignの整列機能について解説します。