記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Illustrator

Illustratorでトンボ(トリムマーク)を作成する方法

Pocket
LINEで送る

印刷所やプリントサービスにデータを入稿するときには、トンボ(トリムマーク)が必要です。トンボがないと、印刷物を指定の仕上がりサイズで裁断するのが難しく、中には入稿データとして受け付けてもらえないこともあります。ここではトンボの種類やIllustratorでデータを作成した時のトンボの作り方をご紹介します。

Illustratorで配置した画像のサイズ変更と解像度を最適化する方法

Pocket
LINEで送る

Illustratorでは、配置した画像のサイズを変更したり解像度を最適化したりすることが可能です。今回は解像度の単位や印刷用とWeb用の解像度の違いなどを踏まえながら、Illustratorで画像のサイズや解像度を変更する方法を解説します。

Illustratorで簡単にリボンを作成する方法

Pocket
LINEで送る

Illustratorではツールをいくつか活用することでリボンの形のオブジェクトを作成することができます。今回は、Illustratorでリボンを作る方法を解説します。

Illustratorのラスタライズが持つ役割を理解して機能を使いこなそう!

Pocket
LINEで送る

ラスタライズとはベクター画像をラスター画像へ変換することを指します。ラスタライズを行うことで、印刷トラブルを防止したりファイルサイズを小さくして処理しやすくしたりすることが可能です。ここではIllustratorでラスタライズをする手順を解説します。

Illustratorのスポイトツールを使って画面上の好きな色へ変更する方法

Pocket
LINEで送る

Illustratorには、オブジェクトやテキストの塗りや線のカラー情報や、画像のカラー情報を抽出して、他のオブジェクトに適用できる機能であるスポイト機能があります。スポイト機能を活用することでデザイン制作を効率よく行うことができるので、ここではスポイト機能の使い方を解説します。

Illustratorを使って画像にモザイク処理を施す方法

Pocket
LINEで送る

Illustratorの機能の1つである「モザイクオブジェクト」を活用することで、イラストや写真にモザイクをかけることができます。また、モザイクオブジェクトを活用すればモザイク柄のオブジェクトを作成することも可能です。今回はモザイクオブジェクトの使い方を解説します。

Illustratorのタブルーラー機能を使って目次やメニューを簡単に作成する方法

Pocket
LINEで送る

Illustratorには、制御文字のタブを利用して文字の位置を揃えることができる機能である「タブルーラー機能」があります。タブルーラー機能を使うことで文字列を揃えたり、目次を作ったりすることが可能です。 今回はタブルーラー機能の使い方を解説します。

1枚の画像を分割して保存できるIllustratorのスライス機能の使い方

Pocket
LINEで送る

IllustratorにはWeb用の画像として1枚の画像を複数に分割するスライス機能があります。また、分割した画像は書き出すこともできるので、今回の記事ではスライス機能について詳しく解説します。

Illustratorで背景を透過に設定する方法

Pocket
LINEで送る

llustratorの画面で背景を透過に設定する方法と、背景が透過で表示されない場合や透過で書き出せない場合の対処法について解説します。

Illustratorでオブジェクトやテキストをグループ化する方法を覚えよう!

Pocket
LINEで送る

Illustratorには複数のオブジェクトやテキストをグループにして、一つのまとまったオブジェクトとして扱う「グループ化」という機能があります。グループ化を使いこなすことで、作業効率が格段に上がるので、今回はグループ化のやり方を解説します。