記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

デザイン・Web制作

InDesignでページを追加する方法

Pocket
LINEで送る

InDesignでデザイン制作をする際、ページを新たに追加する方法を理解しておくとデザイン制作がスムーズに進みます。今回は、InDesignでページを追加する方法を解説します。

InDesignでノンブルに「スタイル」と「セクション(章番号)」を設定する方法

Pocket
LINEで送る

InDesignでは親ページ(マスターページ)の機能を使うことによって、ページに自動的にノンブルを入れることが可能です。今回は、InDesignでノンブルを設定する方法を解説します。

InDesignのプレビューモードの使い方

Pocket
LINEで送る

InDeginには、実際に製本される用紙のサイズに裁断された紙面・誌面として完成した状態を確認できるモードであるプレビューモードがあります。今回は、プレビューモードと他のスクリーンモードの使い方を解説します。

InDesignのハイパーリンク機能を使いこなそう!

Pocket
LINEで送る

ハイパーリンクはテキストに埋め込まれた他のファイルや位置への参照情報のことで、InDesignではハイパーリンクを設定する機能が搭載されています。この記事では、ハイパーリンクを設定する方法を詳しく解説します。

InDesignのグリッド機能を使いこなそう!

Pocket
LINEで送る

各コンテンツを格子状・方眼状のグリッド(Grid)に沿ってレイアウトしていくデザイン設計の手法をグリットデザインといいます。InDesignには、グリットデザインに便利なレイアウトグリッドとグリッドとガイドがあるので、それそれ解説します。

InDesignのショートカットを覚えて作業効率を高めよう!

Pocket
LINEで送る

InDesignにはショートカットキーがあり、ショートカットキーを使うことで作業を効率よく進めることができます。今回は、InDesignのショートカットキーについて解説します。

InDesignでグラデーションを作成する方法

Pocket
LINEで送る

InDesignにはグラデーション機能があり、オブジェクトやテキスト、画像にグラデーションを施すことができます。今回は、グラデーション機能の使い方について解説します。

InDesignでトンボ(トリムマーク)を入れてPDFを書き出す方法

Pocket
LINEで送る

印刷物を納品する際は裁断する際に裁ち位置の目印となるトンボが欠かせません。そのため、デザインを制作するInDesignでもトンボを設定することができます。今回はInDesignでトンボを設定する方法を解説します。

InDesignで文字にルビ(ふりがな)をふる方法

Pocket
LINEで送る

InDesignは主に印刷・出版業界で用いられているソフトウェアなので、文字にふりがなを振る「ルビ機能」があります。今回は、作成したデザインのテキストに含まれている漢字にルビをふる機能を解説します。

Illustratorでトンボ(トリムマーク)を作成する方法

Pocket
LINEで送る

印刷所やプリントサービスにデータを入稿するときには、トンボ(トリムマーク)が必要です。トンボがないと、印刷物を指定の仕上がりサイズで裁断するのが難しく、中には入稿データとして受け付けてもらえないこともあります。ここではトンボの種類やIllustratorでデータを作成した時のトンボの作り方をご紹介します。