閉じる

InDesignで箇条書きリストと自動番号リストを作成する方法

InDesignでデザインを作成する際に箇条書きの方が内容をわかりやすく伝えやすくことがあるかと思います。ここでは、InDesignで箇条書きを設定する方法を解説します。

カテゴリ: InDesign

本記事では、InDesignで箇条書きリストと自動番号リストを作成する方法について解説します。

箇条書きリストを作成する方法

最初に、箇条書きリストを作成する方法について説明します。

1.段落形式コントロールのアイコンをクリック

画面左側にあるツールパネルから文字ツールを選択します。文字ツールを選択すると、画面上部にあるコントロールパネルには上記の画像のように文字形式コントロールのパネルが表示されるようになります。

この文字形式コントロールパネルの左側に「字」と「段」というアイコンがあります。「字」というアイコンがクリックされた状態になっていると文字形式コントロールパネルが表示されます。

その下にある「段」のアイコンがクリックされた状態になっていると段落形式コントロールのパネルが表示されますので、このアイコンをクリックします。

段落形式コントロールパネルには、上の画像のように「箇条書き記号」のアイコンと「自動番号」のアイコンが表示されています。

2.テキストを選択し箇条書き記号のアイコンをクリック

文字ツールを使って箇条書きリストにしたいテキストを選択した状態にして、箇条書き記号のアイコンをクリックします。

上の画像のように、箇条書きリストが作成できました。

3.箇条書きリストを解除する方法

箇条書きリストを解除する場合は、同様にテキストを選択した状態で、再度箇条書き記号のアイコンをクリックします。

自動番号リストを作成する方法

次に、自動番号リストを作成する方法について説明します。

1.自動番号のアイコンをクリック

文字ツールを使って自動番号リストにしたいテキストを選択した状態にして、自動番号のアイコンをクリックします。

上の画像のように、自動番号リストが作成できました。

2.自動番号リストを解除する方法

自動番号リストを解除する場合は、同様にテキストを選択した状態で、再度自動番号のアイコンをクリックします。

箇条書きリストの記号を変更する

ここからは、箇条書きリストの記号を変更する方法について説明します。

記号を変更する方法

まずは、すでに登録されている記号を選択して箇条書きリストの記号を変更する手順を見ていきましょう。

1.メニューから「段落」を選択

画面上部にあるメニューバーからウィンドウをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「段落」を選択します。

2.段落パネルのオプション項目メニューから「箇条書き…」を選択

「段落」を選択すると、上の画像のように段落パネルが表示されます。このパネル右上にあるハンバーガーメニューのアイコンをクリックすると、オプションのメニュー項目が表示されます。

表示されたメニューの中から「箇条書き…」を選択します。

3.記号スタイルを選択する

「箇条書き…」を選択すると、箇条書きの設定パネルが表示されます。このパネルにある記号スタイルという欄にある、記号の中から、任意のものを選択します。

「箇条書き…」を選択すると、箇条書きの設定パネルが表示されます。このパネルにある記号スタイルという欄にある、記号の中から、任意のものを選択します。

デフォルトではビュレットという「・」が選択してありますので、ここでは小さな星マーク「✭」を選択してみましょう。

上の画像のように、箇条書きの記号が置き換わりました。

記号を追加し変更する方法

記号は追加することも可能ですので、次に新規に記号を追加して箇条書きリストの記号を変更する手順を見ていきましょう。

1.記号スタイルの欄にある「追加…」ボタンをクリック

箇条書きパネルの記号スタイルの欄にある「追加…」ボタンをクリックします。

2.追加する記号を選択し「追加」ボタンをクリック

「追加…」ボタンをクリックすると、記号を追加するパネルが表示されます。このパネルで記号や文字が選択できますので、任意の記号や文字を選択します。

ここではセクションマークの「§」を選択してみましょう。

記号の「§」を選択した状態で、記号を追加するパネル上にある「追加」をクリックします。

3.追加した記号を選択し「OK」ボタンをクリック

記号を追加するパネル上で追加した記号は、箇条書きパネルの記号スタイルに追加されています。新規に追加された記号「§」を選択して、パネル下部の「OK」をクリックします。

上の画像のように箇条書きリストの記号が、新規追加された記号の「§」に置き換わりました。

自動番号リストの文字スタイルを変更する

ここからは、自動番号リストの文字スタイルを変更する方法について説明します。

1.リストタイプを自動番号に変更

箇条書きパネルの上部にあるリストタイプという項目をクリックすると、プルダウンメニューが表示されます。表示されたメニューの中から「自動番号」を選択します。

【補足説明】箇条書きの設定の際には割愛しましたが、パネル左下にあるプレビューにチェックを入れておくと、スタイルの変更を確認しながら作業できます。

「自動番号」を選択すると、上の画像のように自動番号の設定が表示されます。

2.自動番号スタイルの形式を変更

自動番号スタイルという欄にある「形式」という項目をクリックすると、プルダウンメニューで自動番号のスタイルが選択できます。ここでは、アラビア数字をローマ数字に置き換えてみましょう。

上の画像のように、自動番号リストの番号がローマ数字に置き換わりました。

インデントの変更・正規表現を用いたスタイルの変更

最後に、インデントや正規表現を用いたスタイルの変更方法などについて説明します。

インデントを変更する

箇条書きパネルの下部には、「記号または自動番号の位置」という欄があります。この欄で箇条書きリストや自動番号リストのインデントや揃えを設定・変更できます。

ここでは、左インデントを25mmに変更してみましょう。インデントの数値を入力したらパネル右下にある「OK」をクリックします。

上の画像のようにインデントが変更できました。

自動番号のスタイルを正規表現で変更する

箇条書きや自動番号のスタイルは、正規表現を用いて変更を加えることも可能です。数字のあとにピリオドを打つスタイルは、正規表現で「^#.^t」となっています。ここでは、ピリオドをハイフンに変更してみましょう。「^#.^t」の「.」の部分を「-」に置き換えます。

上の画像のように数字の後の記号が「-」に変更できました。

目次の作成方法や、正規表現については、以下の記事なども参考にしてみてください。

▷InDesignの目次機能を使って簡単に冊子の目次を作成する方法

▷InDesignで正規表現を使ってみよう!

まとめ

編集デザインでは、箇条書きリストや自動番号リストを作成しなければいけない状況は非常に多く、InDesignを利用する上でも必須の知識です。本記事を参考にして、箇条書きリストと自動番号リストの基本的な設定方法をマスターしておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。