閉じる

InDesignで背景色を設定する方法

InDesignでは、ページの背景を変更することができます。ただ、変更する方法がいくつかあるので、今回はInDesignの背景色を変える方法を解説します。

カテゴリ: InDesign

本記事では、InDesignで背景色を設定する方法について解説します。

ページの背景色を変える方法

背景色の作成・変更

InDesignで背景色を変える方法は、いくつかありますが、まずは基本のページの背景色の設定・変更方法を以下に説明します。

1.下層のレイヤーを作成し長方形のオブジェクトを作成

ページに背景色を設定する前に、まずレイヤーを作成を作成しておきましょう。

レイヤー設定を行わなくても、背景色は設定できますがクリックすると背景が選択されてしまうと作業しづらいので、下層のレイヤーを作成し、背景用のレイヤーとしてロックをかけて編集を行うことが一般的です。

背景用のレイヤーを作成したら、そのレイヤー上でドキュメントの裁ち落とし線と同じサイズの長方形オブジェクトを作成します。

背景色が印刷の仕上がり線と同じサイズだと印刷の裁断の際の誤差により、背景色が途切れてしまうなどの印刷ミスが発生します。

裁ち落としの設定は、印刷所の指定に合わせます。3mmや5mmに指定されている印刷所が多いですが、念のため印刷所の担当者に確認しておきましょう。

2.作成した長方形オブジェクトにカラーを設定

作成した長方形のオブジェクトに、スウォッチなどのカラー設定パネルを使ってカラーを指定します。ここでは、うすいピンクを背景となる長方形のオブジェクトに設定してみました。

これで、オーソドックスな背景色の設定方法です。背景のレイヤーにロックをかけておけば、テキストや画像をレイアウト・編集する際も、まちがって背景用のオブジェクトを選択するといったこともありません。

3.ページ背景のカラーを変える

ページのカラー設定を変える場合は、背景用のレイヤーのロックを外して、先ほどと同様にスウォッチなどのカラー設定パネルを使ってカラーを指定します。ここでは、くすみカラーのピンクに変更してみました。

1ページごとに背景を指定するのは大変ですので、親ページを作成し、親ページ側で背景色を設定しておくとページを追加したり、複数のページの背景色を変更しやすくなります。

マスターページの設定方法については以下の記事も参考にしてみてください。

▷InDesignの親ページ(マスターページ)を編集する方法

背景素材を使って背景色を設定する方法

ページに背景色を設定する方法の応用編として、背景用の素材を設定する方法を以下に紹介します。

1.背景色のフレームを選択してメニューから「配置…」を選択

背景用のフレームオブジェクト(前項で作成した裁ち落とし線と同じサイズの長方形オブジェクト)を選択した状態で、画面上部にあるメニューバーからファイルをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「配置…」を選択します。

2.背景用の画像を選択する

メニュー項目の中から「配置…」を選択すると、上の画像のような配置の設定パネルが開きます。このパネルで、背景用の画像として使いたい素材を選択します。

背景用の素材は、自身で作成する他に「背景 商用可 フリー素材」などと検索すると、グラデーションやテクスチャなど高品質な背景用の画像を見つけることができますので、適宜活用してみてください。

上の画像のように、背景用の画像素材で背景色を設定することができました。

フレームの背景色を変える方法

次に、フレームの背景色を変える方法を以下に説明します。

1.フレームを選択する

選択ツールを使ってフレームを選択します。

2.フレームの背景色が変更する

フレームを選択した状態で、カラーを変更すると、上の画像のようにフレームの背景色が変更できます。

段落の背景色を変える方法

最後に、段落の背景色を変える方法を以下に紹介します。

1.メニューバーから「段落」を選択

画面上部にあるメニューバーからウィンドウをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「書式と表」にある「段落」を選択します。

2.段落パネルで背景色にチェックを入れる

「段落」を選択すると、段落のパネルが開きます。背景色を変更したい段落を文字ツールで選択した状態で、段落パネルにある背景色という項目のチェックボックスにチェックを入れます。

3.背景色を選択して変更する

背景色にチェックを入れると、スウォッチから背景色が選択できるのでカラーを選択します。

上の画像のように段落の背景色が変更されました。しかし、デフォルトの設定だと背景色がスウォッチのカラーより薄くなっていることがわかると思います。

4.段落の囲み罫と背景色を設定するパネルを開く

スウォッチのカラーをそのまま反映したい場合は、背景色のスウォッチカラーを選択できるプルダウンメニューの左隣にある9マスのモザイクのようなアイコンをOptionキーを押しながらクリックします。モザイクのようなアイコンをクリックすると、上の画像のように段落の囲み罫と背景色を設定するパネルが開きます。

5.段落の囲み罫と背景色を設定するパネルで各種設定を行う

段落の囲み罫と背景色を設定するパネルで、各項目を設定します。ここでは、カラーという項目の下にある濃淡という項目で濃淡を100%にし、オフセットという設定欄で上下左右を2mmに設定してみます。

上の画像のように、濃淡が100%になったスウォッチカラーそのままの背景色になり、段落の外側に2mm大きく背景色が広がりました。

まとめ

背景色の設定によって紙面・誌面のイメージは大きく変わります。InDesignの背景色の設定方法は、Illustratorと共通する部分もありますが、異なる面もあるので本記事を参考にしっかりマスターしておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。