株式会社クレスコがレントゲン画像から個々の歯を識別する手法の特許を取得

セルリア編集部 2024.01.23

株式会社クレスコが歯のレントゲン画像に関する特許を取得。個々の歯を識別することができるようになりました。

歯科医院における課題

歯科検診などの最中に「1番、2番・・・」といった番号を聞いたことはありませんか?
実はこれは歯の識別番号のことで、カルテ上ではそれぞれの歯を番号で管理しています。

しかし、目視でチェックしている場合は目で見てすぐにどの歯がどれなのか確認することができますが、歯のパノラマレントゲン画像の場合はどの歯がどれなのかを識別するのが難しいのが現状です。
そのため、診察に手間取ってしまう課題があります。

AIを活用して歯を識別

そんな課題を解決するために、株式会社クレスコが編み出し、特許を取得したのがAIを用いて歯の識別を自動化する方法です。
この方法では、AIを使ってわかりにくいパノラマレントゲン画像の歯をそれぞれ識別し、さらに歯を1本ずつ画像として切り出します。

この手法を活用することで、歯科医師のカルテ記録作業の負荷を軽減したり患者への治療説明に役立てたりすることができます。

SHERE!

よく読まれているニュース

  • 24時間以内
  • 今週
  • 今月
  • 全て

株式会社クレスコがレントゲン画像から個々の歯を識別する手法の特許を取得

                           
セルリア編集部 2024.01.23

株式会社クレスコが歯のレントゲン画像に関する特許を取得。個々の歯を識別することができるようになりました。

続きを読む

歯科医院における課題

歯科検診などの最中に「1番、2番・・・」といった番号を聞いたことはありませんか?
実はこれは歯の識別番号のことで、カルテ上ではそれぞれの歯を番号で管理しています。

しかし、目視でチェックしている場合は目で見てすぐにどの歯がどれなのか確認することができますが、歯のパノラマレントゲン画像の場合はどの歯がどれなのかを識別するのが難しいのが現状です。
そのため、診察に手間取ってしまう課題があります。

AIを活用して歯を識別

そんな課題を解決するために、株式会社クレスコが編み出し、特許を取得したのがAIを用いて歯の識別を自動化する方法です。
この方法では、AIを使ってわかりにくいパノラマレントゲン画像の歯をそれぞれ識別し、さらに歯を1本ずつ画像として切り出します。

この手法を活用することで、歯科医師のカルテ記録作業の負荷を軽減したり患者への治療説明に役立てたりすることができます。

SHERE!